AKB48グループ&坂道グループ情報ブログ

10月よりAKB48グループの応援再開。[各グループ推しメン] AKB48→横山由依 SKE48→推し無し NMB48→小嶋花梨 HKT48→推し無し NGT48→荻野由佳 STU48→瀧野由美子 乃木坂46→与田祐希 日向坂46→佐々木美玲 櫻坂46→守屋麗奈

乃木坂・櫻坂が「2プラス2」首脳会談 梅澤美波の報告に安住アナ驚く

こ~んば~んは~

梅澤美波


 乃木坂46副キャプテンの梅澤美波が4日、月曜レギュラーの「THE TIME,」(TBS系)で、同木曜レギュラーの櫻坂46副キャプテン・松田里奈と「先日、念願のご飯に行ってきました」と明かした。

「エ~ッ、あらら」と驚いた月~木曜MCの安住紳一郎・TBSアナウンサーが「2人で?」と問うと、「乃木坂キャプテンの秋元真夏さんと櫻坂キャプテンの菅井友香さんとの4人で、とてもいい会になりました」と続けた。

 これに安住アナは「両グループの正副両キャプテンと、首脳会談じゃないですか」。梅澤は「そうなんですよ。本当にそんな雰囲気でした」と笑いをまじえて答えた。

 安住アナは「で、どんな話になったの?」と迫る。梅澤が「いろいろ、お仕事の真面目な話をしたり、まつりちゃん(松田)とは『THE TIME,』の話もたくさんしました」と返すと、再び「エ~ッ」と反応。さらに「『THE TIME,』以外でどんな話したか気になりますよ」と突っ込むも、「ちょっとそこは内緒にさせてください」とのことだった。

 外交の世界では、日米でいえば外相&防衛相と国務長官&国防長官による「2プラス2」形式の対話が各国間で拡大中。乃木坂と櫻坂の会食は、さながらアイドルグループの「2プラス2」だった。



★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


「人気ランキング」は何位

応援のポチッ!をよろしくお願いします

人気ブログランキング


以上!

写真集決定の櫻坂守屋麗奈ら「坂道研修生組」に注目 1年3カ月遅れで合流した14人の可能性

こ~んば~んは~

守屋麗奈ファースト写真集の先行カット


 櫻坂46守屋麗奈(22)のファーストソロ写真集(タイトル未定)が、8月23日に竹書房から発売されることが決まった。既に先行カットがいくつか公開され、ファンの間で話題となっている。

 18年8月「坂道合同オーディション」に合格後、坂道研修生を経て20年2月に二期生として加入。坂道研修生経験者では初めてのソロ写真集発売となる。

 「坂道シリーズ」グループでは、今年2月乃木坂46に5期生が新加入。日向坂46でも4月から新メンバーオーディションが行われ、櫻坂46も6月6日から新メンバーオーディションの募集がスタートした(期間は7月4日まで)。自然とニューフェースに注目が集まるタイミングではあるが、あえて守屋をはじめとする「坂道研修生組」の活躍にフォーカスしてみたい。

 守屋は時にはあざといぶりっ子キャラで、男女問わず人気を獲得。昨年8月から同年末までTBS系「ラヴィット!」にレギュラー出演し、高い対応力と愛らしいルックスで支持層を増やした。MC川島明(43)はじめ共演者からも「れなぁ」の愛称で親しまれブレーク。坂道研修生組でも、特に一般知名度の高いメンバーと言っていいだろう。

 乃木坂46では、まず岩手県出身の佐藤璃果(20)が加入当初からコンスタントに人気を獲得していった印象がある。最近は、それぞれ全くタイプの違う独特のセンスを持つ弓木奈於(23)や林瑠奈(18)も個人仕事で活躍の場を増やしてきた。弓木は主にバラエティー番組での爆発力に定評があり、林は坂道研修生組の中でも特に歌唱力の高いメンバーだ。今年2月の「乃木坂46時間TV」内運動会企画でMVPに輝いた松尾美佑(18)に、プロ野球の知識が豊富で早大進学も公表した黒見明香(18)と、個性派ぞろいだ。

 櫻坂46の坂道研修生組は、3グループ中最も多い6人。大園玲(22)は守屋と同様にグループ上位の人気メンバーへと躍進した。一風変わった感性でしばしばメンバーやファンを驚かせる増本綺良(20)も人気急上昇中。グループ屈指のダンススキルを持つ遠藤光莉(23)、冠番組「そこ曲がったら、櫻坂?」で数々の名シーンを生んできた大沼晶保(22)、徐々に柔らかい毒舌キャラが頭角を現してきた幸阪茉里乃(19)も控えている。

 日向坂46は3人と少数精鋭だが、平均年齢18歳と最も若く、伸びしろあるメンバーたちだ。お披露目時から背が3センチ伸び、日向坂46最長身170センチの高橋未来虹(18)。美形のルックスが磨かれてきた森本茉莉(18)。野球が得意で、5月31日にプロ野球の始球式を務めて横浜スタジアムをどよめかせた山口陽世(18)。今後が楽しみな人材がそろう。

 坂道研修生組は、18年8月のオーディション後、ストレートにグループ配属に至らないという挫折を経て、地道にレッスンを重ねた。19年9月に坂道研修生として初めてプロフィルと写真などが公開。同10、11月に東名阪のZeppツアーを完走。翌20年2月、18年11月にすぐ各グループに配属された同期から遅れること1年3カ月後にようやく乃木坂46欅坂46(現櫻坂46)、けやき坂46(現日向坂46)に正式加入した。

 当時はストレート組と区別してそれぞれ新4期生、新二期生、新三期生と呼ばれていたが、自然と「新」も外れていった。乃木坂46遠藤さくら(20)や櫻坂46森田ひかる(20)ら一足早く配属された同期は既に各グループのシングル表題曲センターを複数回任されるなど、グループに欠かせない存在だが、坂道研修生組もそれぞれの強みを確立し遅れを取り戻しつつある。

 悔しい経験や下積みはアイドルを強くするのだろう、関係者によると、東名阪のZeppツアー中に坂道研修生だけで新たなグループを作りデビューさせる案も一部で浮上したというほど、魅力的なメンバーたちだ。正式加入から2年4カ月、まだまだ未知の可能性を秘めた14人。坂道研修生組で、次に誰が何をきっかけにブレークするのか注視したい。



★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


「人気ランキング」は何位

応援のポチッ!をよろしくお願いします

人気ブログランキング


以上!

日向坂46、2度目ドキュメンタリーに描かれるものは?グループに対する“希望と絶望”の意味を考える

こ~んに~ちは〜


 日向坂46のドキュメンタリー映画 第2弾『希望と絶望 その涙を誰も知らない』(竹中優介監督)が7月8日に公開される。同作は“約束の地”東京ドーム公演の決定から、コロナ禍による2度の延期を乗り越え、今年3月に『日向坂46「3周年記念MEMORIAL LIVE ~3回目のひな誕祭~」in Tokyo Dome』を開催するまでの2年間に密着したドキュメンタリー。予告映像の冒頭でキャプテンの佐々木久美が「この2年間はあまり見てほしくない」と言うほど、コロナ禍での葛藤や不安、メンバーが休養した背景など、トップアイドルグループになってからの苦悩と喜びが描かれる、アイドルとしての虚像を壊すかもしれない作品だ。

 2020年に公開された第1弾の映画『3年目のデビュー』は、日向坂46のデビュー1年目に密着したドキュメンタリーだった。将来が見えず自分たちのアイデンティティを模索し続けてきた「けやき坂46」(ひらがなけやき)時代から改名を経て、『第61回 輝く!日本レコード大賞』や『第70回NHK紅白歌合戦』への出演、目標だった東京ドーム公演が1年後に決定するなど、グループの紆余曲折はありながらも、シンデレラストーリーとして希望に溢れたエンディングを迎える。

 そこから今回の『希望と絶望』で描かれるのは、東京ドーム公演決定の発表から、開催されるまでの2年間。この間に、コロナ禍による全国ツアーの中止や東京ドーム公演の延期、松田好花、宮田愛萌、佐々木美玲小坂菜緒の休養、影山優佳の復帰、新三期生の加入などが大きな出来事となった。東京ドーム公演では、「約束の卵」をバックにドームまでの道のりが感動的な映像として流れていたのだが、卒業や休養の涙、メンバーが疲弊する姿など、心が痛くなる衝撃的なシーンも印象的だった。今作は、そこで映し出された出来事の答え合わせのような作品になると予想できる。

 彼女たちにとって東京ドームは、「約束の卵」という楽曲が作られるほど、おひさま(ファンの呼称)と共に夢を叶える”“約束の彼の地”であり、アイドルを続けるモチベーションの一つだったと言える。日向坂46が人気アイドルとして認知度を拡大する中で、メンバー個々人も多忙を極めるようになり、それによって見ている方向やそれぞれの熱量に差が生まれるなど、グループのバランスが少しずつ崩れていったようにも思う。それに加えて、『ひなくり2020』として開催される予定だったドーム公演が延期。希望の光が見えた矢先に、再び先の見えないトンネルを進むのは、彼女たちに限らず、どんな人間でも心が折れるであろう出来事だった。

 日向坂46は、その特殊な立ち位置もあってファンとの結束力が一層強い。欅坂46というグループの勢いが強すぎたが故に、不遇とも取れる扱いを受けることがありながらも、常にファンと二人三脚で歩みを進め、デビューに辿り着いたというストーリーがある。その反面、コロナ禍でライブの延期や中止によって、ファンが離れていってしまうのではないかと不安に駆られるのは無理もなく、そこでメンバーが進退を考えることも自然だったように思う。

 予告映像には、加藤史帆がチアの姿で苦しい表情を浮かべているシーンがある。これは5thシングル『君しか勝たん』のヒット祈願企画で、本格的なチアリーディングに挑戦するシーンだ。新曲プロモーションの合間を縫って本番の一発勝負という、おひさまも心配するほどのハードスケジュール。本番前日に加藤は、朝のレギュラー番組、夕方は始球式、深夜はラジオ出演と多忙を極め、本番ではバク転に失敗して泣き崩れることもあった。それから間もなく『W-KEYAKI FES.2021』が行われ、真夏日でのハードなセットリストで体調を崩すメンバーが出てしまい、スタッフからは「ガムシャラ感がない」と指摘されるなど、負の連鎖が続いていく。これは当時の日向坂46に起こった出来事の一端でしかないが、こういった苦しい局面をグループとしてどう乗り越えていったのか、そして休養メンバーと残されたメンバーの心境が最大の見せ場になってくると考えられる。

 今作において注目したいメンバーは、小坂菜緒と卒業が決まっている渡邉美穂だろう。

 竹中監督は、「日向坂を知るにはセンター小坂菜緒の苦悩を知れ」と『アカデミーナイトG』(TBS系)へのリモート出演時にコメント。小坂菜緒は、引っ込み思案の自分を変えるためにアイドルを目指し、ひらがなけやきが好きという理由でグループに加入したが、そこで二2期生ながらセンターという大役を担うこととなる。第一作では、一期生を差し置いてセンターに抜擢されたことへの葛藤からなのか、当初は常に硬い表情を見せていた小坂が、『第61回 輝く!日本レコード大賞』のパフォーマンスで自然な笑顔、最高の表情を見せていく模様が描かれていた。周囲から支えられながら成長していった小坂がなぜ休養に至ったのか、センター不在の期間をどうメンバーが乗り越えていったのかが明らかになる。

 渡邉美穂は予告映像で「私が今この手を離したらこの子はもう二度と戻って来ないかもしれないと思ったので」と語っている。おそらく、その相手は、休養中に何度も連絡をとっていたという小坂の可能性が高い。渡邉と小坂の友情物語のバックストーリーをはじめ、渡邉がグループにとってどんな存在だったのかを知る最後の機会にもなる。

 『絶望と希望』は、グループカラーとはギャップのあるタイトルのようにも感じられる。しかし、ドーム公演の延期やメンバーの休養というネガティブな出来事が続いた一方で、メンバー同士の絆をより強固なものにしたのも、この期間だったように思う。同じハッピーエンドだったとしても、苦しい時間を共に乗り越えたドーム公演だからこそ、最後の大団円が唯一無二の感動的なものになった。

 もちろん、彼女たちの苦しむ姿を見たくないというファンの気持ちも理解できる。ただ、光と影を受け止めることで、よりグループへの愛情が深まることもあるだろう。また個人的に気になるのが、監督が東村芽依と3ターンまで会話できるようになったと発言していたこと。第一作ではほとんど話しているシーンがなかった東村が、今作では何を語るのか。そして、エンディング曲は何が流れるのか。公開日を心待ちにしたい。


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


「人気ランキング」は何位

応援のポチッ!をよろしくお願いします

人数ブログランキング


以上!

櫻坂46『As you know?』ジャケ写公開 OSRIN「初めて笑ってくれと伝えました」

こ~んに~ちは〜

櫻坂46 1stアルバム『As you know?』完全生産限定盤
櫻坂46 1stアルバム『As you know?』Blu-ray
櫻坂46 1stアルバム『As you know?』通常盤
1stアルバム『As you know?』の発売が決定した櫻坂46


 アイドルグループ・櫻坂46の1stアルバム『As you know?』(8月3日発売)のジャケット写真が4日、公開された。

 6月末に公開されたアーティスト写真では、メンバー21人が横一列になってこれまでにない笑顔を弾けさせていることで、ファンの間ではその意味の考察で盛り上がった。

 この日公開されたジャケット写真も含めて、1stシングルからタッグを組んでいるクリエイティブチーム・PERIMETRONが担当。アートディレクションを担当したOSRIN(PERIMETRON)は「初めて笑ってくれと伝えました 青写真に彼女たちの未来を描きたいと思ったから この先ずっと笑えるよう謳歌し続けてほしい 1st Albumおめでとう。」とのコメントを寄せた。

 今作の全形態にすべて内容が異なるフォトブックレットが付く。


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


「人気ランキング」は何位

応援のポチッ!をよろしくお願いします

人数ブログランキング


以上!

柏木由紀“へそ出し”コーデにファン歓喜「最高の夏女」「ウェスト細すぎ!」

こ~んば~んは~

Y2Kファッションを披露した柏木由紀(写真はインスタグラムより)
柏木由紀
柏木由紀
柏木由紀
柏木由紀


 アイドルグループ・AKB48柏木由紀(30)が、3日までに自身のインスタグラムを更新し、Y2Kファッションの“へそ出し”コーデを公開した。

 きのう2日放送の日本テレビ系音楽特番『THE MUSIC DAY』に出演した柏木は「今日の衣装のテーマは、、【Y2Kファッション】でした」と紹介。衣装からはほっそりとした二の腕やウェストをのぞかせ「Z世代の間で流行ってるんですって 30歳だけど!何食わぬ顔でZ世代顔しました!!!」とちゃめっ気たっぷりにつづった。

 ファンからは「かわいすぎるー」「AKB最年長は素敵です」「ウェスト細すぎ!」「夏って感じで凄く良い!ゆきりんって本当にスタイル良くて可愛いすぎる」「衣装可愛いし、最高の夏女で、似合ってるよ」などの声が寄せられている。



★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


「人気ランキング」は何位

応援のポチッ!をよろしくお願いします

人気ブログランキング


以上!

乃木坂46 “クレイジー”川﨑桜&“完璧”井上和が5期生を牽引? 表紙に続々起用される新世代メンバーの魅力

こ~んば~んは~

月刊エンタメ2022年8月号


 乃木坂46 5期生が6月に入ってからファッション誌や漫画雑誌、アイドル誌といった多くのメディア誌を席巻し始めている。これは5期生メンバーオーディションとメディアとのコラボレーション特別企画によるもので、昨年9月に行われた最終審査に各メディア担当者が参加し、そこで選ばれたメンバーが特別賞として各誌に登場する権利が与えられるというもの。参加メディアは26誌。現時点ではまだ全てが発表されているわけではないものの、多くの表紙や誌面を飾っているのが川﨑桜と井上和の2人である。

 中でも早い段階で『週刊ヤングジャンプ』と『B.L.T.』の表紙を飾った川﨑のインパクトは凄まじい。学業の兼ね合いから遅れてグループに合流してきた川﨑。『乃木坂工事中』(テレビ東京系)での企画「5期生 PR大作戦」では、オーディションに応募するきっかけになった憧れの遠藤さくらとペアになるものの、お世辞にも満足のいくアピールができたとは言いづらく、後述する井上をはじめとしたほかメンバーと比べるとまだそこまでキャラクターが知られていないのが川﨑の現状だろう。

 4月に公開されたドキュメンタリー映像では小学校2年生から習っていたフィギュアスケートを中心に、川﨑の経歴や人柄に迫っていた。そこで語られているのが人見知りだということ。5期生の冠バラエティ番組『新・乃木坂スター誕生!』(日本テレビ系)では、池田瑛紗の激似モノマネやゲストで出演した高橋ジョージの「ロード」イントロのハーモニカを見て「手で吹いてるのかと」と発言するなど、テンション低めの不思議ちゃんであることが徐々に明らかになってきている。

 そのクレイジーな言動は『お見立て会』でのグルグルバットの自己PRから垣間見えてはいた。しかし、6月26日放送の『乃木坂46の「の」』(文化放送)の中で川﨑は、まだ5期生にも見せていない、幼なじみの前だけのマシンガントークの自分がいると話し、MCの筒井あやめを驚かせていたのだ。まだまだ知られざる一面がある、まさに底の知れない未完の大器。『B.L.T.』では、最終オーディションでBUMP OF CHICKEN「車輪の唄」を両手マイクで歌う姿が表紙に起用する一つの理由になったと記されており、邦楽ロックが好きな川﨑に付けられたキャッチは「透明少女」(言わずもがな、元ネタはNUMBER GIRLから)。「乃木坂46の未来を変える少女たち──」という、思い切った表紙タイトルをも納得させる力が川﨑の笑顔にはある。

 プロフィール動画の公開ではトップバッターを飾り、5期生曲「絶望の一秒前」のセンターを務めるなど、11人の先頭を歩くことの多い井上。『乃木坂工事中』『新・乃木坂スター誕生!』の両番組を通して、彼女がオールマイティな才女であることは誰もが認める事実だろう。今回のメディア賞でも『Ray』から『週刊プレイボーイ』、表紙を飾っている『月間エンタメ』に『週刊少年サンデー』まで幅広い雑誌で、様々な表情を見せているのが井上だ。

 特に『Ray』での17歳とは思えないビジュアルはすでに専属モデルの貫禄すら漂う。そんな“完璧”との呼び声も高い井上に聞きたくなるのが、やはり短所はあるのかという問いだ。その質問に井上は「未来の自分に過信しすぎるところ」と答えている。その心には「今日の自分はやらなくても、明日の自分がやってくれるはず」という思いがあるようだが、筆者が目を奪われたのは『週刊少年サンデー』での100問100答の「無人島に1つだけ持って行くとしたら?」というクエスチョンに対しての「1人じゃなにもできないので…お母さん1択です」という回答。底知れない魅力は川﨑と通ずる部分であり、今後は『乃木坂工事中』や今夏開催の『真夏の全国ツアー2022』などを通して、さらに17歳としての井上の姿が垣間見られるはずだ。

 まだ多くのメディア賞の発表が控えており、そこにはきっと乃木坂46の未来を変える5期生がそれぞれの輝きを放って待っている。



★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


「人気ランキング」は何位

応援のポチッ!をよろしくお願いします

人気ブログランキング


以上!

☆【動画まとめ】日向坂46 アイスボックス「ひやキュン」WEB CM動画☆

こ~んば~んは〜


加藤史帆「京子の寝顔ハムスターちゃん」篇

 放課後の図書室、読書中眠気に負けてしまった齊藤にこっそり「ひやキュン」を仕掛ける加藤。寝顔にドキドキする加藤、そして「ひやキュン」後の齊藤のリアルなリアクションに注目だ。


www.youtube.com


齊藤京子「トントンっ」篇

 休み時間の教室、音楽に夢中な佐々木の元へ、こっそり忍び寄り「ひやキュン」を仕掛ける齊藤。肩をトントンと叩かれて、振り向いた佐々木のほっぺの先には「アイスボックス」が…。


www.youtube.com


佐々木美玲「おみくが隙だらけなので」篇

 水飲み場で手を洗っている金村に、「ひやキュン」を仕掛る佐々木が。隙だらけな金村にすばやく近づき、「アイスボックス」をぽっぺたに。見事「ひやキュン」成功かと思いきや……?


www.youtube.com


■金村美玖「求めてたのと違う~」篇

 よく晴れた校庭のベンチで、のんびりしている丹生に「ひやキュン」を仕掛ける金村。目元をタオルで隠している丹生に近寄り、首元にアイスボックスを当て「ひやキュン」してみたものの……?


www.youtube.com


丹生明里「史帆さんに言いたいことがあって」篇

 階段の踊り場で、加藤を待ち伏せして「ひやキュン」を仕掛ける丹生と佐々木。何も知らない加藤と、仕掛け人の丹生、それを見守る佐々木のリアルな掛け合いを楽しもう。


www.youtube.com


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


「人気ランキング」は何位

応援のポチッ!をよろしくお願いします

人数ブログランキング


以上!

HKT48・松岡菜摘、卒業を発表 数少ない1期生でチームHキャプテン 8月に卒業公演開催

こ~んば~んは~

松岡菜摘


 アイドルグループ「HKT48」は2日、公式ブログを更新し、メンバーの松岡菜摘(25)が卒業することを発表した。

 公式ブログで「いつもHKT48へ温かいご声援をいただき、誠にありがとうございます。本日の劇場公演にて、松岡菜摘より卒業の発表がございました。つきましては、改めてファンの皆様にご報告させていただきます」と報告。

 続けて「松岡菜摘とは卒業に関して、話し合いを重ねてまいりましたが、本人の意向を尊重した結果、大変残念ではございますが、2022年8月31日(水)に卒業公演を開催させていただくこととなりました。活動終了日に関しましては改めてご報告させていただきます」とした。

 松岡は、チームHキャプテンを務めており、チームHで唯一の1期生。松岡卒業後、HKT48に在籍する1期生は、チームKIVキャプテンの本村碧唯と、下野由貴の2人のみとなる。



★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


「人気ランキング」は何位

応援のポチッ!をよろしくお願いします

人気ブログランキング


以上!

☆【随時更新】AKB48/坂道グループ 2022夏の音楽特番出演情報☆

こ~んば~んは~


AKB48/坂道グループ 2022夏の音楽特番出演情報


①「CDTVライブ!ライブ!3時間SP」(TBS、6月20日

日向坂46 「僕なんか」(フルサイズTV初披露)


②「テレ東音楽祭2022夏~思わず歌いたくなる!最強ヒットソング100連発~」(テレビ東京、6月22日)

AKB48 「元カレです」
乃木坂46 「逃げ水」「ジコチューで行こう!」
日向坂46 「飛行機雲ができる理由」(地上波初披露)渡邉美穂音楽番組ラスト出演
櫻坂46 「五月雨よ」


③「THE MUSIC DAY」(日本テレビ、7月2日) 🆕

AKB48 「根も葉もRumor」
乃木坂46 「裸足でSummer
※国民が選ぶ歌詞No.1ソング披露
乃木坂46 「シンクロニシティ
日向坂46 「何度でも何度でも」
櫻坂46 「思ったよりも寂しくない」



★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


「人気ランキング」は何位

応援のポチッ!をよろしくお願いします

人気ブログランキング


以上!

渡邉美穂、“ハッピーオーラ”体現した5年間の集大成 メンバー22人勢揃い 愛溢れる卒業セレモニー

こ~んば~んは~


 6月28日に開催された日向坂46『渡邉美穂 卒業セレモニー』は、日向坂46にとって初めて卒業メンバーを送り出すイベントだっただけでなく、グループを離れる渡邉美穂の魅力を最大限にアピールする絶好の機会となった。

 日向坂46のメンバー22人が有観客ライブで勢揃いするのは、実はこれが初めてのこと。2020年2月に新三期生の髙橋未来虹、森本茉莉、山口陽世が加入してすぐにコロナ禍に突入し、久々の有観客公演となった昨年の全国アリーナツアー『全国おひさま化計画 2021』や同年12月の『ひなくり2021』では小坂菜緒が欠席、今年3月末に行われた『3周年記念MEMORIAL LIVE ~3回目のひな誕祭~』も濱岸ひよりが休演。その他の無観客ライブでもメンバーの休養などが重なり、なかなかフルメンバーでのライブが実現せずにいたが、日向坂46イズムの象徴ともいえる“ハッピーオーラ”を地で体現してきた渡邉のラストステージに、メンバーが勢揃いするというのはなんとも感慨深いものがある。公演中、彼女自身も「ラストステージで奇跡のように全員が揃うのが、『私、持ってるなぁ』と思います(笑)」と口にしたが、もしかしたらこの奇跡は彼女だからこそ成し得たものなのかもしれない。

 『渡邉美穂 卒業セレモニー』は渡邉の約5年におよぶアイドル人生を総括するような内容で、フル尺でのライブとは異なり映像パートでの過去の振り返りやバラエティ色の強いメンバー参加企画なども用意。開演前の影アナを渡邉、富田鈴花、松田好花からなる仲良し3人組ユニット“ごりごりドーナッツ”が担当したほか、イベント本編も渡邉をフィーチャーしたユニット曲や全体曲が多数セレクトされるなど、メンバー全員にスポットの当たる普段のライブとは一線を画するものがあった。

 イベントはけやき坂46時代の「ハッピーオーラ」から華々しくスタート。渡邉がフロントに立ち、グループにとっても大きな意味を持つこの曲で自身のラストステージの幕開けを飾るにあたり、大きな意味を感じずにはいられない。その後はMCや映像パートを挟みながら、加藤史帆&上村ひなのとの“リスペクトスリー”による「やさしさが邪魔をする」、金村美玖と丹生明里からなる“カラーチャート”の「あくびLetter」といった渡邉参加ユニット曲が次々に披露されていく。また、金村と富田、松田による活動初期を振り返る映像から詩の朗読を経て、久しぶりに9人勢揃いした二期生が「半分の記憶」「沈黙が愛なら」を披露。「沈黙が愛なら」は意外な選曲に思えたが、その歌詞を追うとこの日にマッチしていることに気づく。それもあってか、パフォーマンス中の9人からは笑顔と涙が入り混じった複雑な心情が感じ取れた。

 その後、一期生の齊藤京子、佐々木久美、高本彩花が演技を通じて渡邉との思い出を振り返るVTRを上映。その流れでメンバー出演ドラマ『DASADA』(日本テレビ系)の主題歌「青春の馬」へと突入し、エモーショナルさが一気に加速する。曲中の小坂が濱岸の手を取って前に出る振り付けも、この日は小坂が渡邉の手を取り一緒に踊る粋な計らいが用意され、イベント前半のクライマックスを迎えた。

 バラエティに強い日向坂46らしく、イベント中盤には渡邉に関したクイズで一期生と三期生が競う企画を実施。勝ったチームは期別曲を渡邉と一緒に披露できるという褒美が用意され、2組は随所に笑いを散りばめながら真剣勝負に挑む。途中まで一期生が有利かと思えたが、最後に三期生が大逆転。結果、三期生4人と渡邉が三期生曲「Right?」を一緒にパフォーマンスするというレアなコラボを楽しむことができた。「ずっと三期生と一緒に踊りたかった」と喜びを隠せない様子の渡邉だったが、ステージ袖には彼女に視線を送り続ける一期生の姿が。影山優佳が「今日だけは先輩の圧力かけるから(笑)」と先輩風を吹かせると、渡邉にとって思い出深いドラマ『Re:Mind』(テレビ東京系)の主題歌「それでも歩いてる」を一期生と一緒に披露。彼女がけやき坂46に加入して間もない頃、心細くもひとりで一期生の中に飛び込んでいった5年前を考えると、この光景は一際胸に迫るものがあった。

 冠番組『日向坂で会いましょう』(テレビ東京系)で長く共演するオードリーからのサプライズメッセージを経て、イベントもいよいよ後半に突入。最新シングル曲「僕なんか」をフルメンバーでパフォーマンスしたのに続き、「NO WAR in the future 2020」「恋した魚は空を飛ぶ」とアゲ曲が連発される。後者は渡邉が参加する最後の二期生曲だが、その圧巻のダンス含め彼女のアイドル人生における集大成のように映った。さらに、けやき坂46時代から今日までライブには欠かせない「誰よりも高く跳べ!2020」でライブは佳境へ。普段ならキャプテンの佐々木久美が煽りを入れる中盤のブレイクパートも、この日は佐々木が渡邉をステージ前まで連れて行き、渡邉に「おひさま(ファンの総称)、跳べーっ!」と煽りを任せる一幕もあった。思わぬ絶叫で一瞬気が緩んだのか、直後に涙で顔を歪める渡邉。しかし、最後は彼女らしい笑顔で曲を締めくくった。その後、“アイドル・渡邉美穂”の軌跡を振り返るVTRを経て、白い新衣装に着替えたメンバーは渡邉をセンターに据えて「飛行機雲ができる理由」を披露。メンバーから渡邉へ、そして渡邉からメンバーへの強い愛や絆が伝わる表情やパフォーマンスからは一瞬たりとも目が離せず、気づけばイベント本編はあっという間に終了していた。

 アンコールでは空色のドレスに身を包んだ渡邉が、ひとりステージに登場。ここで何を話すかを事前に考えられず、ステージに立ったときの感情を伝えようと決めたという渡邉だったが、この5年間の活動で感じたこと、メンバーやスタッフ、家族、そしておひさまへの感謝などを15分近くにわたり吐露した。すべてを文字に残すことはしないが、個人的に特に印象に残ったのが握手会でのファンとのやりとりに関して。

「私に向かって涙ながらに、『美穂ちゃんのおかげで、人生が変わったんだ』と言ってくれて。『すごく苦しいことがあったけど、それを乗り越えることができた』って、涙を流しながら伝えてくれるんです。それを受け取ったとき、『自分は誰かのためになれていたんだ』『自分がかつて憧れていたアイドルの方々から生きる希望を与えられたように、私も誰かの希望になれているんだ』と(気づかされた)。もし私の存在にひとりでも救われた人がいたら、それだけで私はアイドルになってよかったなと思います」

 この言葉を聞いて改めて、彼女はファンによってアイドルになることができたんだなと実感した。きっとこの連鎖が、この先も新たなアイドルを生み出していくのだろう。これまでさまざまなアイドルの卒業ライブで、観る者の記憶に残る名スピーチはいくつも目にしてきたが、この日のスピーチもアイドル史に残る素晴らしいものだったと断言したい。

 その後、同期メンバーが加わりトークを繰り広げると、渡邉へのサプライズとして二期生8人と三期生の上村が「君のため何ができるだろう」をプレゼント。この日のために富田がピアノ伴奏を練習したというこの曲は、その場にいる者すべての涙腺を刺激する感動的な1曲となった。

 そして、ステージ上にメンバーが勢揃いすると、小坂や髙橋が渡邉との思い出を口にする。特に小坂はグループ加入当時、渡邉とともに先輩に混ざって活動することが多かったことから、同じ感情を共有することができて心強かったと話し、「(昨年から今年にかけての休養中も)ずっと美穂が私を離さないでいてくれて。それは私がここに戻ってくるきっかけにもなったし、もしそれがなかったら私は今、ここに立ててないかもしれないな」と涙ながらに本音を吐露した。また、髙橋も一緒に「Right?」を披露できた喜びを口にしつつ、この日の髪型がドラマ『声春っ!』(日本テレビ系)で渡邉演じる尼崎あまねを意識したものだと明かした。

 いよいよ次が、渡邉が日向坂46として最後にパフォーマンスする楽曲だ。佐々木久美は「私たちはずっと美穂の味方だし、おひさまも味方してくれるから、胸を張ってこれから先の人生を頑張ってください」とエールを送るも、「私が『次の曲』って言ったら、終わっちゃうんですよ……」と涙ぐむ一幕もあったが、最後の最後に「JOYFUL LOVE」で会場が虹色に染まり大団円を迎えた。

 最後の挨拶を終えると、客席から「5年間ありがとう」と記された紙が掲げられるサプライズが。この思いもしない光景を前に、渡邉は「私の大好きな日向坂46を、私が5年間いたこのグループを、これからも皆さんで守り続けてください。ありがとうございました!」と笑顔で思いを伝えてステージをあとにした。

 筆者がけやき坂46二期生で最初にインタビューしたのは小坂と渡邉であり、2020年からは『日経エンタテインメント!』で約2年半にわたり渡邉の連載『日向坂46・二期生 渡邉美穂の今日も笑顔で全力疾走』の構成を担当してきた。この卒業セレモニー前日に発売された書籍『私が私であるために』でも新規書き下ろしパートの構成を手掛けており、彼女のグループ愛や同期への並々ならぬ思いは事あるごとに耳にしてきた。その中で、彼女はかなり初期から「先輩と同期の橋渡し的存在」「一期生さんと三期生の潤滑油」と自分の役割を表現してきた。実際、彼女はその役割を見事に全うできていたし、だからこそこの卒業セレモニーでも先輩、同期、後輩から愛あるメッセージや感謝の言葉が伝えられる場面が多かった。そんな稀有な存在がグループを去ることで、日向坂46はここから新たな転換期を迎えることになるのではないだろうか。それは、誰かが渡邉の役割を務めるのではなく、個々の意識の変

くことになるのではないか。特に新メンバー加入を控えたタイミングだけに、そう感じずにはいられない。

 と同時に、誰からも愛されてきた渡邉だからこそ、この先新たな世界へ飛び込んでいっても成功できるはず。そう楽観視している自分がいる。と同時に、この卒業セレモニーを通じて再確認できた彼女のさまざまな個性・魅力は今後さらに増幅して、新たな世界で開花していくことだろうーーラストステージを通してそう強く実感したおひさまは少なくないはずだ。渡邉美穂の今後のさらなる活躍に期待しつつ、このテキストを締めくくりたい。



★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


「人気ランキング」は何位

応援のポチッ!をよろしくお願いします

人気ブログランキング


以上!

日向坂46 宮田愛萌、卒業迎える渡邉美穂と顔寄せ合う2ショット 「ドレスを着た美穂がいちばん綺麗だったよ!!!」

こ~んば~んは~


 日向坂46 渡邉美穂の卒業セレモニーが、6月28日に東京国際フォーラム ホールAで開催された。メンバーの宮田愛萌が、自身のInstagramに渡邉との2ショットを公開した。

 日向坂46の卒業セレモニーが行われるのは今回が初めて。このライブがメンバー22人が揃ってパフォーマンスする最後のステージとなった。アンコールで空柄のドレスを着た渡邉に宮田は「ドレスを着た美穂がいちばん綺麗だったよ!!! 卒業おめでとう」と餞の言葉を贈り、笑顔の2ショットをアップしている。

 ライブ序盤で披露された「半分の記憶」「沈黙が愛なら」の2曲で、二期生メンバーはおそろいの組紐ブレスレットを付けていた。宮田はそのことに触れ、組紐ブレスレットをアピールしたセルフィーも公開。「作っている様子は7thシングル『僕なんか』の特典映像にてご覧くださいな。」と丁寧に補足をしている。

 日向坂46は、7月8日にドキュメンタリー映画第2弾『希望と絶望 その涙を誰も知らない』の公開を控えている。

www.instagram.com



★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


「人気ランキング」は何位

応援のポチッ!をよろしくお願いします

人気ブログランキング

以上!

AKB48はなぜ学生や街の人たちとコラボする? 元祖“会いにいけるアイドル”としての役割

こ~んば~んは~

59th Single「元カレです」(TypeA)通常盤


 AKB48が6月22日放送『テレ東音楽祭 2022 夏~思わず歌いたくなる最強ヒットソング100連発~』(テレビ東京系)に出演し、5月にリリースした「元カレです」を披露した。

 同番組のパフォーマンスで話題となったのが、三重高校ダンス部・SERIOUS FLAVORとのコラボレーション。5月2日に、SERIOUS FLAVORが公式YouTubeチャンネルにて「元カレです」のサビパートの踊ってみた動画を投稿。11万回以上の再生数を記録している。


 AKB48の総監督・向井地美音は自身のTwitterで「根も葉もRumorでご一緒したシリフレの皆さんと、今度は #元カレです で共演できるなんて…いい話すぎた…」と番組での再会に感激した様子。「元カレです」のセンター・本田仁美も「三重高校の皆さんと披露させていただきました!! 楽しかった」と共演を喜んだ。

 SERIOUS FLAVORは高校ダンスの強豪チームとして知られており、顧問をつとめる神田橋純は、AKB48史上最高難度の“どえらいダンス”「根も葉もRumor」の振付を担当。同曲のミュージックビデオには部員たちも出演し、AKB48のメンバーと圧巻のパフォーマンスを繰り広げている。本田がIZ*ONEの活動を終え、グループの注目が集まっているタイミングでのリリースとなる「根も葉もRumor」の振付を高校のダンス部の顧問が手がけることはかなり挑戦的な取り組みであった。しかしこのタイミングで有名ダンサーではなく“一般人”に近い神田橋が手がけたことはある意味AKB48らしいと言えるのかもしれない。

恋するフォーチュンクッキー」「心のプラカード」でも一般の人と共演


www.youtube.com

 AKB48はこれまで、今回のように一般人と何度か共演をしてきた。特によく知られているのが「恋するフォーチュンクッキー」(2013年)のミュージックビデオである。同作は福岡市内でロケが行われ、4000人ものエキストラと一緒にパレードをする様子が映し出された。そのほか、学生、買い物客、タクシー運転手などさまざまな一般人も登場し、「恋チュン」のダンスを踊っている。同曲の振付が「子どもから大人まで誰でも踊れる」というコンセプトをもとに制作されたことから、そういった演出が実現した。


www.youtube.com

 「心のプラカード」(2014年)のミュージックビデオも、静岡の次郎長通り商店街を中心に、港、学校などがロケ地となり、そこで働く人や学生たちが撮影に参加。こちらでも一緒にダンスを踊ったほか、口では伝えづらいことをプラカードに書くというテーマで、一般人がさまざまなメッセージを文字にして掲げた。

AKB48の曲は誰でも気軽に挑戦できる」というイメージ付け

 なぜAKB48は、活動初期から一般人との共演を重視するのか。ひとつは「AKB48の曲は誰でも気軽に歌ったり、踊ったりできる」という印象を持ってもらうためではないだろうか。

 2000年代後半より「歌ってみた動画」「踊ってみた動画」が広がり始めた。なかでも「踊ってみた動画」の流行により、多くの人にとってダンスが親しみやすいものになった。また2012年には、学習指導要領改訂で中学校ではダンスが必修化。現在はTikTokYouTubeの効果もあって、経験者ではなくても、より気軽にチャレンジできるようにもなっている。AKB48の活動は、そういった時代性とちょうど並行している。


www.youtube.com


www.youtube.com

 一般人との共演で与えられる印象は、「AKB48の歌やダンスは誰でも楽しめる」、「みんなで一緒に踊れる」ということ。たとえダンスに不慣れでも、「恋するフォーチュンクッキー」や「心のプラカード」で誰もが賑やかに踊っている動画を観れば、「自分もできるかも」とアプローチするきっかけになるかもしれない。実際に2曲は様々な企業や自治体が「踊ってみた」として多くの動画を投稿している。「踊ってみた動画」以外でも学校行事、地域のイベント、結婚式の余興などでAKB48の曲やダンスがよくセレクトされる理由も、そういう部分にあるように感じる。AKB48と一般人の共演映像を鑑賞すると、自分たちがその曲で踊っている姿や、それを観ている人たちのノリがイメージしやすいのではないか。

 一般人との共演映像は、「自分もこういう風にやってみよう」とチャレンジさせる架け橋のひとつになっていると推測する。

「たくさんの人と出会いたい」というグループの願い

 もうひとつは、やはり「会いに行けるアイドル」というAKB48のテーマとの関連性である。

 ファンは劇場公演、握手会などでメンバーに会うことができる。しかしファン以外の人たちは、なかなかそうはいかない。ただ、メンバーと一般人が垣根をなくして交流する光景を映像で観せることで、「自分も会いに行ってみようかな」と興味を芽生えさせることができるかもしれない。つまり一般人との共演映像には、「もっとたくさんの人たちと出会いたい」というグループの願いが込められているのではないか。住んでいる場所、立場、年齢など関係なく、いろんな人と接点を持っていきたい――そういう想いのあらわれだと考える。

 今後はどんな形で一般人との共演が実現するのか、楽しみにしたい。



★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


「人気ランキング」は何位

応援のポチッ!をよろしくお願いします

人気ブログランキング


以上!

AKB48本田仁美、所属事務所を移籍 小嶋陽菜&高橋みなみら所属の『Mama&Son』に

こ~んば~んは~

AKB48本田仁美が所属事務所の移籍を発表
AKB48本田仁美が所属事務所の移籍を発表


 元IZ*ONEでAKB48本田仁美が芸能事務所『Mama&Son』に所属したと、同事務所が7月1日に公式サイトで発表した。

 公式サイトにて「本田仁美AKB48)が弊社に所属することとなりました。ご支援賜りますよう、宜しくお願い申し上げます」と呼び掛けている。同事務所には小嶋陽菜高橋みなみ峯岸みなみといったAKBの元メンバーらが所属している。

 本田は2001年10月6日生まれ、栃木県出身。アイドルグループ・AKB48のメンバーで、愛称は“ひぃちゃん”。18年10月に韓国のオーディション番組『PRODUCE48』に合格し、『IZ*ONE』のメンバーとなる。21年、同グループの活動終了に伴い、AKB48に復帰している。



★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


「人気ランキング」は何位

応援のポチッ!をよろしくお願いします

人気ブログランキング


以上!

日向坂46、メンバー同士でドッキリ仕掛け合う新CM ファンから反響続々「かとしだけ強い(笑)」

こ~んば~んは~

森永製菓『アイスボックス』のWebCMに出演する日向坂46(左から)加藤史帆丹生明里、金村美玖、佐々木美玲齊藤京子
森永製菓『アイスボックス』のWebCMに出演する加藤史帆
森永製菓『アイスボックス』のWebCMに出演する齊藤京子
森永製菓『アイスボックス』のWebCMに出演する佐々木美玲
森永製菓『アイスボックス』のWebCMに出演する金村美玖
森永製菓『アイスボックス』のWebCMに出演する(左から)丹生明里佐々木美玲


 アイドルグループ・日向坂46の加藤史帆齊藤京子佐々木美玲、金村美玖、丹生明里が出演する、「アイスボックス」のWEBCMが、きょう7月1日から公開された。自撮り風の動画で5人が「ひやキュン」に挑戦する様子が描かれており、メンバー同士のリアルな距離感やリアクションが見られる。

 CMでは、それぞれのメンバーにフォーカスした5本が公開。『加藤史帆「京子の寝顔ハムスターちゃん」篇』では、加藤が、放課後の図書室で読書中眠気に負けてしまった齊藤にこっそり「ひやキュン」を仕掛ける。寝顔にドキドキする加藤と「ひやキュン」後の齊藤のリアルなリアクションが描かれている。

 『齊藤京子「トントンっ」篇』では、齊藤が休み時間の教室で音楽に夢中な佐々木の元へこっそり忍び寄り「ひやキュン」を仕掛ける。肩をトントンと叩かれて、振り向いた佐々木さんのほっぺの先には…というストーリー。ほかにも、『佐々木美玲「おみくが隙だらけなので」篇』、『金村美玖「求めてたのと違う~」篇』、『丹生明里「史帆さんに言いたいことがあって」篇』などが用意されている。

 ファンからは「かとしのひやキュンだけ強いのよ(笑)」「としきょんしか勝たん!」「驚き方もぜんぶぜんぶかわいい」「なんでこんなかわいいの?」などの感想が相次いで寄せられている。

 「ひやキュン」とは、同商品を友達や好きな人の背中やほっぺにこっそり当ててビックリさせるドッキリのこと。部活に恋に勉強に、学校生活のさまざまなシチュエーションでがんばる学生と、かつて学生だったすべての人を応援する5人が、「アイスボックス」のさしいれとともに届ける「ひなたのさしいれ」が「ひやキュン」としてパワーアップした。


www.youtube.com



★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


「人気ランキング」は何位

応援のポチッ!をよろしくお願いします

人気ブログランキング


以上!

『THE MUSIC DAY』タイムテーブル公開 8時間生放送で60組出演86曲

こ~んば~んは~

7月2日放送『THE MUSIC DAY 2022』タイムテーブル発表


 櫻井翔が10年連続で総合司会を務め、7月2日に8時間に生放送される日本テレビ系音楽特番『THE MUSIC DAY 2022』(後3:00~10:54 千葉・幕張メッセ)で披露する60組合計86曲のタイムテーブルが1日、番組公式サイトで公開された。

 10回目を迎える今回は、「もう一度、音楽で世代を超えてつながりたい」をコンセプトに昭和・平成・令和の名曲を披露する。

 タイムテーブルは以下のとおり。各時間帯の掲載順はアーティスト名の50音順(メドレー・企画を除く)で、出演順とは異なる。

■『THE MUSIC DAY 2022』タイムテーブル

▼午後3時台
Creepy Nuts「のびしろ」
GENERATIONS from EXILE TRIBE「BIG CITY RODEO」
下尾礼子「踊」
TRF「BOY MEETS GIRL」
Nexus-Cry「SHOWレース」
milet「us」「Ordinary days」

♪アイドルメドレー
 麻丘めぐみ×日向坂46「わたしの彼は左きき
 松本伊代×乃木坂46センチメンタル・ジャーニー
 荻野目洋子×櫻坂46「六本木純情派」

♪絶対に忘れられない名曲メドレー
 田村直美ゆずれない願い
 サスケ「青いベンチ
 nobodyknows +「ココロオドル
 島谷ひとみ亜麻色の髪の乙女

▼午後4時台
AKB48「根も葉もRumor」
岡本知高「Time To Say Goodbye」
KAT-TUN「CRYSTAL MOMENT」
THE RAMPAGE from EXILE TRIBE「THE POWER」
DEAN FUJIOKAApple

▼午後5時台
Awesome City Club×富樫姉妹「勿忘」
櫻坂46(歌唱楽曲は放送で発表)
DISH//沈丁花
富樫姉妹「チャルダッシュ
NEWS「未来へ」「ONE -for the win-」
Hey! Say! JUMP「瞳のスクリーン」「真夜中のシャドーボーイ」「春玄鳥」
緑黄色社会「キャラクター」「Mela!」

世代をつなぐ名曲アルバム 松下洸平(歌唱楽曲は放送で発表)

イッテQスペシャルコラボ AI×イモトアヤコ…AI「アルデバラン

▼午後6時台
ジャニーズWEST「サムシング・ニュー」
なにわ男子「The Answer」
BE:FIRST「Bye-Good-Bye」
ポルノグラフィティ「アゲハ蝶」「テーマソング」

世代をつなぐ名曲アルバム 亀梨和也(歌唱楽曲は放送で発表)

♪絶対に忘れられない名曲メドレー
 観月ありさ「TOO SHY SHY BOY!」「伝説の少女」
 FIELD OF VIEW「突然」「DAN DAN心魅かれてく」
 MOON CHILD「ESCAPE」
 永井真理子ミラクル・ガール」「ZUTTO

▼午後7時台
King & Prince「踊るように人生を。」
SixTONES「共鳴」
NiziU「Chopstick」
日向坂46(歌唱楽曲は放送で発表)

♪タオルアップ・ウェーブハンズ アンド ジャンプメドレー
 乃木坂46裸足でSummer
 Hey! Say! JUMP「Come On A My House」
 大黒摩季ら・ら・ら

♪魂の叫びライブメドレー
 DA PUMP「U.S.A」
 SHOW-YA限界LOVERS
 中孝介「サンサーラ

▼午後8時台
[Alexandros]「閃光」
工藤静香黄砂に吹かれて」「くちびるから媚薬」「嵐の素顔」
関ジャニ∞「がむしゃら行進曲」「ズッコケ男道」
菅田将暉「惑う糸」
Sexy Zone「RUN」
BiSH「プロミスザスター」
ヒロミ&はなわ「神様との約束」
RADIO FISH「PERFECT HUMAN」

♪ダンスコラボメドレー
 NiziU×本田望結「Take a picture」
 BE:FIRST×大島美幸「Shining One」
 Perfume×王林村上佳菜子市來玲奈チョコレイト・ディスコ

▼午後9時台
イッテQスペシャルコラボ 秋川雅史×みやぞん…秋川雅史千の風になって」

乃木坂46(歌唱楽曲は放送で発表)
LE SSERAFIM「FEARLESS」

♪時代をつなぐジャニーズシャッフルメドレー
 「抱きしめてTONIGHT」:山田涼介/岸優太/岩本照
 「ギンギラギンにさりげなく」:村上信五/有岡大貴/向井康二藤原丈一郎
 「仮面舞踏会」:高橋海人/ジェシー大橋和也
 「ガラスの十代」:ラウール/道枝駿佑
 「DAYBREAK」:増田貴久/安田章大高木雄也森本慎太郎
 「夜空ノムコウ」:小山慶一郎大倉忠義/薮宏太/田中樹/渡辺翔
 「AMBITIOUS JAPAN!」:加藤シゲアキ横山裕/中島裕翔/神宮寺勇太/深澤辰哉
 「愛なんだ」:丸山隆平/伊野尾慧/阿部亮平佐久間大介大西流星
 「硝子の少年」:亀梨和也京本大我
 「A・RA・SHI」:上田竜也/知念侑李/高地優吾西畑大吾/長尾謙杜
 「Venus」:平野紫耀松村北斗宮舘涼太/高橋恭平
 「青春アミーゴ」:永瀬廉/目黒蓮
 ※高橋海人、高木雄也高地優吾の高=はしごだか

「速報!歌の大辞テン!!」復活企画
 青山テルマ「そばにいるね」
 工藤静香「慟哭」
 中島美嘉雪の華

▼午後10時台
Snow Man「Grandeur」
Perfume「Time Warp
YOSHIKI×SixTONES「Imitation Rain」
YOSHIKI×サラ・ブライトマン「Miracle」

※放送時間は変更の可能性あり

▽総合司会
櫻井翔

▽MC
羽鳥慎一バカリズム水卜麻美アナ

ネクストゲート進行
市來玲奈アナ



★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


「人気ランキング」は何位

応援のポチッ!をよろしくお願いします

人気ブログランキング


以上!