AKB48グループ&坂道グループ情報ブログ

10月よりAKB48グループの応援再開。[各グループ推しメン] AKB48→横山由依 SKE48→推し無し NMB48→小嶋花梨 HKT48→推し無し NGT48→荻野由佳 STU48→瀧野由美子 乃木坂46→与田祐希 日向坂46→佐々木美玲 櫻坂46→守屋麗奈

☆『第61回 輝く!日本レコード大賞』でAKB48&坂道3グループが大賞争い☆

こんばんわんこそばんそーこー!


 12月16日TBS放送センターにて、『第61回 輝く!日本レコード大賞』の記者会見が行われ、各賞を受賞した11組のアーティストが本番に向けて意気込みを語った。

 2019年12月30日に、新国立劇場にて開催される『第61回 輝く!日本レコード大賞』(よる5時30分スタート・TBS系)。まず授賞式が行われ、今回AKB48乃木坂46欅坂46、日向坂46の4作品で受賞した秋元康欅坂46と共に挨拶をした。秋元は「61回目ということで、私も61歳となりまして、生まれた時からずっと『レコード大賞』を見ておりました。そしてたぶん20代前半だっと思うんですけど、『日本レコード大賞』の台本も書きました。非常に深い関わりのあるこの『日本レコード』大賞の一翼を担えて本当に嬉しく思います」と感慨深げに語った。

 そして授賞式を終え、優秀作品賞を受賞した欅坂46AKB48乃木坂46、日向坂46、DA PUMP、Foorin、新人賞を受賞した海蔵亮太、新浜レオン、BEYOOOOONDS、彩青、最優秀歌唱賞の市川由紀乃の11組のアーティストが記者会見に登壇。「サステナブル」で受賞したAKB48向井地美音は「グループとしては11回目のレコード大賞出場ということで、本当に本当に嬉しく思います」、乃木坂46齋藤飛鳥は「『Sing Out!』という楽曲で賞をいただいたのですが、この曲はメンバーもスタッフさんも、広く色んな方にこの曲の良さが伝わるようにと凄く頑張った曲なので、このような場に呼んでいただけて本当に嬉しく思います」とそれぞれコメントした。

 「パプリカ」で受賞したFoorin・もえのは「まさか私たちがこんなに素晴らしい賞に選ばれるとは思っていなかったので本当に嬉しいです! 支えて下さったみなさまに感謝の気持ちでいっぱいです!」、「ドレミソラシド」で受賞した日向坂46の佐々木久美は「私たち日向坂46は、2019年にデビューさせていただいたばかりなんですが、まさかデビューした年に優秀作品賞に選んでいただけるとは夢にも思っていなかったので、本当に光栄です。いつも応援して下さる方々に恩返しができるようなパフォーマンスができるように当日頑張りたいと思います」と意気込みを語る。「黒い羊」で受賞の欅坂46は「『黒い羊』という楽曲は世代を問わず、たくさんの方に響く楽曲だと思っていて、私たちにとっても大切な一曲なので、30日は精一杯思いを込めてパフォーマンスさせていただきます」、「P.A.R.T.Y. ~ユニバース・フェスティバル~」で受賞のDA PUMP・ISSAは「自分たちができることはパフォーマンスしかないので、それで色んな方が元気になってくれたりするのが、日々僕らの目標であり楽しみであります。当日も楽しくパフォーマンスしたいと思います」、BEYOOOOONDS・高瀬くるみは「私たちは8月にハロー!プロジェクト令和元年初のメジャーデビューをさせていただきました。この素敵な機会をいただけたことに感謝して、支えてくださる、応援してくださる全ての方に感謝の気持ちを込めて、30日は私たちらしくパフォーマンスさせていただきたいと思います」と当日に向けてコメントした。

 今回秋元康プロデュースの4組が受賞したことについて、AKB48・向井地は「秋元先生プロデュースでアイドルができているという幸せを改めて感じています。たくさんアイドルがいる中でもAKBが一番元気に明るくパフォーマンスしたいなと思いますし、最年長のゆきりん柏木由紀)さんも30歳まで頑張ってくれると言ってるので、私たちも負けないように頑張りたいと思います」と笑みを浮かべ語る。乃木坂46・齋藤は2017年「インフルエンサー」、2018年「シンクロニシティ」に続き三連覇がかかっていることに触れ、「正直2年連続で賞をいただいたことも私たちは奇跡だと思っております」と言い、「乃木坂46への愛をたくさん伝えられるようなステージになったらいいなと思います」と意気込みを語る。欅坂46菅井友香は「秋元先生と直接お話をさせていただく機会がなかなかないんですけど、本日足を運んで下さって、直接『がんばろうね』とか『次はもっと違う形の明るい曲を挑戦しよう』とか色々声をかけて下さって、凄く嬉しかったです」と力強く語った。日向坂46・佐々木久美は「先輩があってこその私たちなので、名に恥じぬようなパフォーマンスをしたいなと思いますし、デビューした年にしかできないパフォーマンスを自分たちの力を精一杯だしてやりたいなと思っています」と語った。

 また、大賞を受賞したら史上最年少の受賞となるFoorinは、もえのが「『パプリカ』を聴いて下さったり、歌って踊って下さるみなさんがいなかったら、こんな素晴らしい賞もいただけなかったと思うので、本当に嬉しいです。1人でも多くの方に『パプリカ』で元気とか笑顔を届けられるように、精一杯頑張っていきたいなと思います」と話し、ひゅうがの「とにかく楽しんで精一杯パフォーマンスできればと思っています」という言葉に登壇者からも拍手が起こった。

 昨年の「U. S. A.」に続き優秀作賞を受賞したDA PUMP・ISSAは「当日はゆきりんとFoorinに負けないように元気一杯にパフォーマンスします」と宣言すると会場には笑いがおき、柏木由紀も照れ笑い。坂道3グループとAKBについて、大賞を目指して競うことにライバル心やここだけは負けない、というものがあるかという質問に、AKB48・柏木は「歴が長い」と一言。続けて「全グループが一緒にステージに立つことがほとんどないので、そういう機会がこの素敵な場というのがすごくありがたい。切磋琢磨して高めあっていければなと思います」と語り、乃木坂46松村沙友理は「えー、負けないところ? ゆきりんさん最年長だと申しあげてましたが、実は同年代ぐらいなんですよ。1コ違うだけなんですけど、元気さでは負けるかなと思うので……なんですかねー」と答える。そして、齋藤飛鳥高山一実と耳打ちで相談し、「今回の楽曲の『Sing Out!』は、みんなで一緒に歌おうという感じの意味なんですよ。メンバー同士の愛だとか、グループ愛や心の共鳴度はちょっと負けないかなと自信を持って挑みたいと思います」とまとめる。

 一方、欅坂46・菅井は「欅坂46は坂道グループの中では次女。次女は気が強いと言われがちなんですけど、私たちメンバーはそんなことないかなと思っています。でも楽曲やメッセージ性の強さはあるかなと思っている部分もあるので、私たちはそれを精一杯伝えたきれるように頑張りたいと思っています」と語る。日向坂46・佐々木久美は「センターの小坂菜緒は17歳なので、フレッシュさだけでは負けないように頑張りたいと思います」とコメントした。

 『第61回 輝く!日本レコード大賞』は12月30日放送。令和初の栄冠は誰の手に。


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


「人気ランキング」は何位

応援のポチッ!をよろしくお願いします

人気ブログランキング




















んじゃ、じゃばね\(≧▽≦)丿