AKB48グループ&坂道グループ情報ブログ

10月よりAKB48グループの応援再開。[各グループ推しメン] AKB48→横山由依 SKE48→推し無し NMB48→小嶋花梨 HKT48→推し無し NGT48→荻野由佳 STU48→瀧野由美子 乃木坂46→与田祐希 日向坂46→佐々木美玲 櫻坂46→守屋麗奈

乃木坂46「世界中の隣人よ」、卒業生交えて描かれた“つながり” 同企画から感じたグループならではの強みも

こんばんわんこそばんそーこー!


 不要不急の外出を自粛することが要請されて以降、アイドルはさまざまな方法で映像の発信を試みてきた。乃木坂46も例外ではなく、2017年11月に行われた東京ドーム公演が配信され(5月5~7日)、『乃木坂46時間TV アベマ独占放送「はなれてたって、ぼくらはいっしょ!」』の放送(6月19~21日)を発表したが、他のグループのようなリモートでの歌唱は実現していなかった。


乃木坂46 『世界中の隣人よ』

 5月25日早朝4時、突如として乃木坂46のMVが公開される。なんとオリジナル曲だ。「世界中の隣人よ」と題されたこの曲は「外出自粛を心掛けている皆さまへのエール、そして新型コロナウイルスと闘っている医療従事者の皆さまに感謝の気持ちを込め、感染拡大防止の呼び掛けを目的として」制作されたという(乃木坂46公式サイトより)。

 それぞれがリモートで撮影したMVには、乃木坂46の現役メンバーだけでなく、西野七瀬をはじめとした11名の卒業生が参加。市來玲奈日本テレビ)と斎藤ちはるテレビ朝日)という2人のアナウンサーも登場している。

 乃木坂46は「アイドルにおける卒業」をアップデートさせてきたグループだ。現役時代から適正に合わせて舞台や映画、バラエティ番組といった個人の仕事をブッキングし、場合によってはグループ全体よりも個人を優先したスケジュールを組むこともある。「アイドル」活動にとどまらない、個人の将来を見据えたロードマップを引いているのだ。2018年から現役メンバーが所属する乃木坂合同会社が卒業生の受け皿としても機能するようになると、現役時代の個人仕事を継続しつつ、メンバーの個性を把握しているスタッフが新規の仕事を持ってくるという好循環が生まれている。

 2019年6月に卒業した斉藤優里も「完全に別の事務所に移籍するより安心感があります。事務所の方にイチから私を知ってもらうんじゃなくて、『斉藤優里』を知っている前提があるので」と語っている(『EX大衆』2020年1月号)。

 現役メンバーにとっては、個人で活躍している卒業生が近くにいることが現在の活動の励みになるはず。乃木坂46はアイドルグループであるだけでなく、卒業生も含めた運動体になりつつあるのだ。

 そうした体制が整っているから『世界中の隣人よ』はOG出演が可能になった。ファンはこのMVを通して乃木坂46の過去と現在、未来の「つながり」を感じ、生きていく力が沸いたことだろう。

f:id:syuu19832019-asnhjs48:20200528234733j:plain
『7th YEAR BIRTHDAY LIVE』(完全生産限定盤)

 「今回のMVで世代交代がより難しくなったのではないか」と懸念する声があるかもしれない。しかし、齋藤飛鳥が「いまの乃木坂46に過去に固執している人間は誰ひとりいないと思うんです。もちろん卒業したメンバーに対しては誇りを持ってるし、ファンの方が『七瀬のほうがいいな』『ななみんだよな』と思うのは自然なことなので、まったく嫌な気持ちにならないし、すべてをひっくるめて受け入れるしかないと思ってます」(『OVETURE』No.022)と語っているように、現役メンバーは我々が思っている以上に頼もしい存在になっているのだ。

 「世界中の隣人よ」のMVを観ていくと、「白石麻衣から西野七瀬への黄金リレー」からはじまり、「卒業してからもシンメで映る秋元真夏桜井玲香」「大園桃子のふと見上げて微笑むシーンの眩さ」「歯みがきをしている賀喜遥香から白米を喰らう松村沙友理」「宇多田ヒカル『光』のMVを思い起こさせる山下美月のキッチンのシーン」「“聖地”神宮球場から新4期生を含むソロカットが続き、そのラストが生駒里奈」etc……乃木坂46を見てきた者の魂を震わせる場面がいくつもあるが、ここでは北野日奈子が映っているシーンをピックアップしたい。

 巨大なクマのぬいぐるみに寄り添う北野の後ろに映っているのは、乃木坂46公式ゲームアプリ『乃木恋』のCM(2018年7月公開)撮影中に星野みなみ相楽伊織の3人で撮ったと思われる写真。3人が出演した『乃木恋』のCMは、北野が想いを録音したカセットテープを男性に渡す、というノスタルジックな作品で、「世界中の隣人よ」を撮った横堀光範が監督を務めている。

 2017年11月から活動を休止していた北野だが、2018年3月24日の『46時間テレビ』に短い時間ながら出演することを決めた。その際、北野から「みなみちゃんと伊織と一緒にしてもらえませんか?」とスタッフに提案したという。自然な自分でいられる2人だからだ。そんな2人と撮影したCMなのだから、北野にとって思い出深い作品であるに違いない。

 そして、7月6日に北野は本格的にライブ復帰する。場所は「世界中の隣人よ」でも映された“聖地”神宮球場だ(『乃木坂46 真夏の全国ツアー2018』明治神宮野球場秩父宮ラグビー場)。葛藤を抱えながら歌い続けてきた「アンダー」という楽曲にひとつの答えを見つけて、北野は一歩前に進むことができた。

 北野は「あの曲をもらった時、私は初めてのセンターで、ひめ(中元日芽香)の卒業も控えていたし、どうしたらいいんだろうと考えてしまって。でも、ひとりであの曲を昇華する必要はないんだなと気づいたんです」と語っている(『月刊エンタメ』2018年10月号)。

 「世界中の隣人よ」の2番にある

〈そうさ 人間は捨てたもんじゃない
会ったことない誰かのため支え合って
すべてを乗り越えられる強さを持ち
未来に続く希望を信じてる〉

 という歌詞は、あの時の北野と重ね合わせることができるかもしれない。

 「世界中の隣人よ」は「新型コロナウイルスの感染拡大防止」というテーマはあるが、乃木坂46メンバー同士、現役メンバーと卒業生、乃木坂46メンバーとファン、そして、「私」と「大切な誰か」の心のつながりを感じさせる曲になっているのだ。

 神宮球場で「世界中の隣人よ」を聴くことができる日が訪れるまで、希望を信じて待ち続けたい。



★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


「人気ランキング」は何位

応援のポチッ!をよろしくお願いします

人気ブログランキング













んじゃ、じゃばね\(≧▽≦)丿