AKB48グループ&坂道グループ情報ブログ

10月よりAKB48グループの応援再開。[各グループ推しメン] AKB48→横山由依 SKE48→推し無し NMB48→小嶋花梨 HKT48→推し無し NGT48→荻野由佳 STU48→瀧野由美子 乃木坂46→与田祐希 日向坂46→佐々木美玲 櫻坂46→守屋麗奈

日向坂46はポッと出のアイドルではない 「けやき坂46」時代に乗り越えた“3つの事件”

こんばんわんこそばんそーこー!


f:id:syuu19832019-asnhjs48:20200621162329j:plain


長濱ねるの“特例”が原点

 昨年(2019年)、最も活躍した女性アイドルグループといえば、日向坂46の名前が真っ先に挙がるのではないだろうか。

 乃木坂46そして欅坂46に続く“坂道シリーズ”の一つとして結成されたグループは、3月27日に1stシングル『キュン』でデビューを果たすと、発売初日に約36万枚、発売初週に約47万6000枚の売上を記録した。

 それは、これまでの記録だった欅坂46の『サイレントマジョリティー』の26万2000枚を大きく上回る、女性アーティストのデビューシングル初週売り上げ枚数の歴代1位の新記録となったのだ。

 さらに7月17日には2ndシングル『ドレミソラシド』を、10月2日には3rdシングル『こんなに好きになっちゃっていいの?』をリリースした。

 そして前者は初週売り上げ44万9000枚を、後者では初週売り上げ47万7000枚を記録し、なんと1stシングルから3作連続の初週売り上げ40万枚超えを達成。これは女性アーティストでは初となる大記録となった。

 この後もデビュー1年目にして『第61回日本レコード大賞』の優秀作品賞に『ドレミソラシド』がノミネート、またアーティストの憧れである大晦日の一大風物詩『第70回NHK紅白歌合戦』(NHK総合ほか)にも『キュン』でいきなりの初出場を果たした。

 まさにデビューから息をつかせぬ走りっぷりで大躍進した日向坂46なのである。

 とはいえ、この快進撃に、日向坂46のことをよく知らない人はこう思うかもしれない。「ポッと出の新人女性アイドルグループの割りには、何だかすごく売れている」と。

 いやいや実は彼女たちは「ポッと出」などではない。昨年2月11日にグループ名を現在の“日向坂46”に改名したのだが、それ以前は“けやき坂46”(通称・ひらがなけやき)というグループ名で活動する、欅坂46の妹分的存在に過ぎなかった。

 しかもこの“ひらがなけやき”時代に、かなりの下積みを積んでもいる。そんな女性アイドルグループなのである。

 そこで今回は今や人気女性アイドルグループへと成長した日向坂46が、まだ、けやき坂46時代だった頃のことを知る上で避けては通れない“3つの珍事件簿”をご紹介したい。

 その前にまずは、“ひらがなけやき”と呼ばれたけやき阪46の成り立ちから簡単に説明していこう。

 けやき坂46が結成されるきっかけとなったのは、15年8月21日に誕生した欅坂46の1期生に、特例で長濱ねる(21)――現在は卒業しているが、卒業後の活動は未定のまま――が加入したことに始まる。グループ結成から約3カ月後の15年11月30日のことだった。

 実は長濱は欅坂46の1期生オーディションに応募し、第3次審査まで通過していたのだが、母親の反対にあって肝心な最終審査を辞退するハメになってしまった。

“初の握手会全力すぎ事件”

 その後、娘の希望を叶えるべく、父親が運営スタッフに相談、第3次審査までずっと高いパフォーマンス力を発揮していたことが評価されて“特例という形”で新メンバーとなったのである。

 ただ、やはり最終審査を受けていないのに“合格”というのは違和感が残る。そこで“けやき坂46”というアンダーグループを新設し、長濱はそのメンバーとして活動することとなったのだった。

 そして同時に新しく長濱の仲間を集めるべく、けやき坂46のメンバーを追加募集することが発表されたのである。

 そこから約5カ月後の16年5月8日、欅坂46が1stシングル『サイレントマジョリティー』で鮮烈なデビューを飾り世間を賑わせている頃に、けやき坂46の新メンバー募集オーディションもようやく終了する。

 合格者11名が決定し、これに長濱を合わせた12人でけやき坂46が本格的に活動を開始することになったのだ。

 こうしてスタートしたけやき坂46だったが、その後の道のりは平坦なものではなかった。中でも最初の試練となったのが、初の全国握手会である。

 これは、欅坂46の2ndシングルである『世界には愛しかない』のカップリング曲として、けやき坂46の初の楽曲となる『ひらがなけやき』が収録されたことで実現したという経緯があるため、当然のように欅坂46の全国握手会に彼女たちが参加するという形で行われた。

 その初の全国握手会の舞台は、8月13日の愛知県のポートメッセなごやだった。このとき、欅坂46はすでに『サイレントマジョリティー』の爆発的大ヒットで人気アイドルとしての地位を確立しており、人気メンバーたちを筆頭に、どのレーンも行列ができるほどの盛況ぶりを見せていた。だが……。

 悲しいかな、けやき坂46のレーンはとにかくガラガラだった。悲しいほどに人が集まらなかったのである。同じ3人くらいのファンが延々とループしていたほどだ。

 すると、この状況をなんとかしようとメンバーが動き出す。キャプテンの佐々木久美(24)がのちに“初の握手会全力すぎ事件”と名付けるのだが、区切られたパーテーションの隙間から欅坂46のレーンに並んでいるお客さんに対して必死のアピールをし始めたのだ。

 ウインクする者、「おいで!」という感じで手を振って可愛いアピールをするもの、中には大声を挙げて呼び込みしようとするメンバーまで現れた。その懸命さに心を打たれて「さっき手を振ってくれたから来たよ!」というお客が現れた。

 この後、けやき坂46が参加した全国握手会は9月に千葉(幕張メッセ)で、10月に京都(京都パルスプラザ)で行われたのだが、状況はほぼ変わらず。とにかく人が集まらず、メンバーは「その頃から来てくれている人、逆に凄いなって」というくらい当初の握手会は人が少なかった、と振り返っている。

「もうみんなで辞めよう」

 けやき坂46を語る上で、次に触れなければならない事件は、17年4月6日に代々木第一体育館で行われた『欅坂46デビュー1周年記念ライブ』で起きた“1期生衣装部屋立てこもり事件”だろう。

 むろんライブ自体は欅坂46がメインを張ったのだが、そこにけやき坂46も数曲ながら参加することに。そしてそのリハーサル後に“あってはならないこと”が起きてしまったのだ。

 当日、リハーサルが終わって、ステージ裏でミーティングしていたときのこと。なんと場内のモニターに“ひらがなけやき増員決定!!”という文字が映し出されたのだ。

 実はこれ、本番中にサプライズでメンバーに知らせる段取りだった。スタッフはモニターに文字を出す練習をしていたというワケだ。だが、まさかメンバーがステージ裏にいるとは……。スタッフの凡ミスだが、とんだハプニングであった。

 これによってメンバーたちは大混乱に陥ってしまう。欅坂46はテレビやライブ、CDリリースなどで大躍進を続けているのに、けやき坂46はなかなか人気が出ない。歯痒い思いをしていた。

 当然そのような状況で追加メンバーを募集するということは、落第点を突きつけられたも同然だった。

 メンバーは「自分たち1期生もまだ活動し始めたばかりなのに、そこで追加メンバー募集となると、私たちの存在っていったい何なんだろう?」というショックで、泣きながら衣装部屋に駆け込んだ。

 そしてカギをかけて立てこもるという行為に出たのである。もちろん本番はボイコットする覚悟であった。

 その衣装部屋でメンバーの1人である佐々木美玲(20)が発したこのひとことは、当時のメンバーが受けたショックがいかに大きなものであったのかを端的に示す言葉としてファンに広く知れ渡っているので紹介しておきたい。

 いわく「もうみんなで辞めよう」。

 とはいえ、このとき“仲間外れ”にされたメンバーもいる。周囲を徘徊していた加藤史帆(22)と、トイレに行っていた柿崎芽実(18)――現在は卒業し、芸能界も引退――が衣装部屋に入れなかったのだ。

 それでも最終的には、本番で全力のパフォーマンスを披露したのはさすがというか。緊急報告“ひらがなけやき増員決定!!”の場面でも、「ええ~~っ」と驚いてみせ、“その場で初めて知らされたてい”という渾身の演技を見せた。

 3番目は“ムリヤリ大道芸修得事件”である。

 前述の『欅坂46デビュー1周年記念ライブ』から遡ること約2週間前の17年3月21、22日に、けやき坂46Zepp Tokyoにて初のワンマンライブを開催した。

“新しいパフォーマンスを取得してライブに活かせ!”というテーマのもと、タップダンスへの挑戦が発表されるという展開に。しかも直後にZeppツアーの全国開催発表と、そのツアー初日となる5月31日の大阪・Zepp Namba公演のオープニングアクトでのタップダンスの披露が告げられたのだ。

 問題はここからだった。唐突に「ひらがなはエンターテインメント集団を目指すんだ」という運営スタッフの方針ならぬ迷走が始まってしまう。

 例の『欅坂46デビュー1周年記念ライブ』への出演が決まったこともあり、そこで披露すべくけやき坂46は、大道芸を“ムリヤリに修得”することとなってしまったのだ。

 ちなみに披露された主な大道芸は、潮紗理菜(22)の一輪車、高瀬愛奈(21)のディアボロ高本彩花(21)のバトン、そして佐々木美玲ダブルダッチなどである。

 以上がけやき坂46時代の珍事件3選である。

 現在は新型コロナウイルスの影響でその活動を制限せざるを得ない状況ではある。だが、コロナ渦が明け、本格的に活動が再開されたあかつきには、彼女たちの最大の魅力である“ハッピーオーラ”で観るものすべてを幸せにしてくれるに違いない。



★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


「人気ランキング」は何位

応援のポチッ!をよろしくお願いします

人気ブログランキング











んじゃ、じゃばね\(≧▽≦)丿