AKB48グループ&坂道グループ情報ブログ

10月よりAKB48グループの応援再開。[各グループ推しメン] AKB48→横山由依 SKE48→推し無し NMB48→小嶋花梨 HKT48→推し無し NGT48→荻野由佳 STU48→瀧野由美子 乃木坂46→与田祐希 日向坂46→佐々木美玲 櫻坂46→守屋麗奈

日向坂46 佐々木美玲は、なぜファンから支持される? “ハッピーオーラ”をナチュラルに体現する存在感

こんにちわんこそばんそーこー!


 ここ最近グループ活動だけでなく、ドラマの仕事やリポーター業などを通じ改めてファン層を拡大している印象のある日向坂46の佐々木美玲。7月31日に迫った無観客配信ライブ『HINATAZAKA46 Live Online, YES!with YOU! ~“22人”の音楽隊と風変わりな仲間たち~』でも表現力の高い佐々木美玲への期待が高まるが、本稿では最近の活躍ぶりから彼女の魅力を改めて考察してみたい。

f:id:syuu19832019-asnhjs48:20200730171002j:plain日向坂46『ソンナコトナイヨ』(通常盤)

 佐々木美玲は日向坂46の前身グループ・けやき坂46の1期生として2016年5月にグループに加入。その当時から美玲には高いパフォーマンス力が備わっていて、長濱ねるから「完璧人間。ダンスも歌も出来るし、ひらがなけやきで1番憧れている」と紹介されたほどだ。2018年3月7日リリースの欅坂46の6thシングル『ガラスを割れ!』の初回限定盤TYPE Bに収録されたカップリング曲「イマニミテイロ」で初めてのセンターポジションを務め、同年6月20日にリリースされた1stアルバム『走り出す瞬間』のリード曲「期待していない自分」でもセンターとして豊かな表現力でファンを魅了した。同アルバムに収録されたソロ曲「わずかな光」でも、佐々木美玲の透き通る声を存分に堪能することができる。

 そんな佐々木美玲は持ち前の表現力を活かし、7月10日からスタートした連続ドラマ『女子グルメバーガー部』(テレビ東京)に森林映美役として出演した。これまでグループとしては、2017年に放送されたドラマ『Re:Mind』(テレビ東京)、2020年1~3月期に放送されたドラマ『DASADA』(日本テレビ)とドラマ撮影の経験値を積んできたが、グループを離れて1人で出演するのは今作が初めてだ。とはいえ“パン好き”を公言する、佐々木美玲にとってハンバーガーを題材にした作品へのオファーはうれしい出来事だったのではないだろうか。

 また、激辛グルメにも強い佐々木美玲は、『欅って書けない?』(テレビ東京)での自己紹介回で激辛麻婆豆腐を表情1つ変えずに食し、MCを務める土田晃之とハライチの澤部佑を驚かせたことがあった。するとその才能が『有吉ゼミ』(日本テレビ系)で再び大きな注目を浴びることに。同番組の「超激辛チャレンジグルメ」という人気企画に出演し、「激辛ベトナム麺 超爆辛!灼熱のデビルブンヘン」完食にチャレンジしたのだ。さすがの美玲も終始苦悶の表情浮かべ苦戦していたが、「いろんな人に日向坂46を知ってもらうために頑張ります! こんなのキツくない!」と自らを奮起させ、見事完食。スタジオからは「すごい!」と感心する声が上がっていた。

 こんなのキツくないーー。

 この言葉はけやき坂46時代の苦労を知っているファンにとっては響く言葉だったのではないだろうか。欅坂46の「アンダーグループ」的な立ち位置で活動する中で、なかなか自分たちに存在意義を見出せなかったこと。スタッフから何も知らされないまま、けやき坂46の増員オーディションが行われることを知ってしまい、ショックのあまり衣装部屋に閉じこもり佐々木美玲が「みんなで辞めよう」と発言したこと。“けやき坂46とはなんなのか”を模索し続ける中で、2017年のツアー中には「ハッピーオーラ」というモットーも生まれ、グループのカラーがはっきりしてきた。日向坂46に改名してからも、方向性は一切ブレずにハッピーオーラをおひさま(日向坂46ファンの呼称)に届け続けている。その中でも美玲は常に明るく笑顔で、グループのモットーをナチュラルに体現しているメンバーだと言える。

 改めて、日向坂46の無観客配信ライブ『HINATAZAKA46 Live Online, YES!with YOU! ~“22人”の音楽隊と風変わりな仲間たち~』が、7月31日に迫ってきている。このステージでも佐々木美玲はおひさまに笑顔を届けると共に、高いパフォーマンス力を発揮して改めて驚きと感動を与えてくれることだろう。



★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


「人気ランキング」は何位

応援のポチッ!をよろしくお願いします

人気ブログランキング



















んじゃ、じゃばね\(≧▽≦)丿