AKB48グループ&坂道グループ情報ブログ

10月よりAKB48グループの応援再開。[各グループ推しメン] AKB48→横山由依 SKE48→推し無し NMB48→小嶋花梨 HKT48→推し無し NGT48→荻野由佳 STU48→瀧野由美子 乃木坂46→与田祐希 日向坂46→佐々木美玲 櫻坂46→守屋麗奈

AKB48として過ごした“2486日間” 卒業の日を迎えた川本紗矢「全部が私の青春で宝物」

こんばんわんこそばんそーこー!

アイドルとして過ごした2486日間、それは「全部が私の青春で宝物」――。「AKB48」チーム4に所属する川本紗矢は30日、秋葉原AKB48劇場で卒業公演を行い、新たな道への第一歩を踏み出した。

f:id:syuu19832019-asnhjs48:20200831233203j:plain
ファンから贈られたスタンドフラワーにはガラスの靴が


2020年8月30日、川本紗矢卒業公演~2486日間の宝物~

  アイドルとして過ごした2486日間、それは「全部が私の青春で宝物」――。「AKB48」チーム4に所属する川本紗矢は30日、秋葉原AKB48劇場で卒業公演を行い、新たな道への第一歩を踏み出した。

 13年11月にグランドプリンスホテル新高輪・国際館パミールで開催された「第1回AKB48グループ ドラフト会議」。川本が指名されたシーンは、今でもファンの間で語り草になっている。14期生メンバーオーディションに応募も3次審査で落選となった川本は、ラストチャンスとして、このドラフト会議に参加。2巡目で「AKB48」チームB、「SKE48」全3チーム、「HKT48チームH、計5チームが川本を指名し、会場から大きなどよめきが起こった。

 島崎遥香松井珠理奈高柳明音松井玲奈指原莉乃、そうそうたるメンバーが川本を獲得するべく抽選を行い、島崎が交渉権を引き当て、川本はチームBのメンバーとして念願だったアイドルの道を歩み始める。

 デビュー前から大きな注目を集めた川本は、“持っているアイドル”だった。14年9月に行われた「AKB48グループじゃんけん大会2014」でいきなり3位に輝き、同年11月には、38thシングル「希望的リフレイン」で初のシングル表題曲選抜入り。15年の「春の人事異動」でチーム4へ異動し、16年の選抜総選挙では自身最高の第27位にランクインしている。

 7年間の活動で特に印象深いことについて聞くと、1番はなかなか決められないと悩んでいたが、「初選抜で『希望的リフレイン』を歌わせていただけたことや、プロレス(豆腐プロレス The REAL)、インドネシアJKT48」への短期留学など、自分の中での大きな出来事は、特に印象に残っています」と教えてくれた。マイペースな川本だが、先輩たちが築き上げたAKB48を守るため、たくさんの挑戦でグループを支えてきた。

 自分自身の変化については、「加入したばかりの頃は、人見知りも凄くして、MCやインタビューで自分のこともあまり話せませんでしたが、昔に比べると今は、お仕事でも私生活でも、思ったこと感じたことを、自分の言葉で話せるようになったかな……と思います」。控えめに答えるに川本、ピュアな性格はデビュー当時と変わらない。そんなところも、彼女が愛される理由のひとつだ。

客席を埋め尽くしたメッセージボード、無観客の劇場を包んだ“さややコール”

 人生を変えたドラフト会議から2486日後となる、20年8月30日、川本は旅立ちの日を迎えた。無観客での開催となったが、客席はメッセージボードが埋め尽くし、「笑顔が大好き」「やさしいところが大好き」「頑固なところが大好き」、1枚1枚にファンの愛が込められていた。

 卒業公演は、川本にとってアイドルの原点であるチームBの楽曲「初日」をソロで披露してスタート。2曲目の「君は僕の風」で合流した横山由依は、早くも目に涙を浮かべていた。込山榛香とは「君と僕の関係」、谷口めぐとは「思い出のほとんど」、大好きな同い年メンバーとは、憧れの前田敦子が参加したユニット曲を披露。加入前、AKB48全国ツアーの北海道公演でアイドルの素晴らしさを知り、努力を重ねてグループ加入を果たした川本。AKB48愛は、メンバーとして過ごした7年間でさらに大きくなっていた。

 ドラフト1期生の同期・下口ひなな田北香世子とは、「君のc/w」、「会いたかった」で息のあったパフォーマンスを見せ、ドラ1の強い絆を感じさせた。「Bye Bye Bye」、「君のことが好きだから」が披露された後、総監督時代、川本に支えられたという横山は、「さややのこと、みんなが大好き」と誰からも愛される後輩を讃え、「さややがどんな道を選んでも応援している」と背中を押した。

 川本の初シングル選抜曲「希望的リフレイン」の後、メンバーは一度退場。すると、無観客であるはずの劇場に、「さややコール」が起こる。全国のファンから届いた「さやや」の音声データがコールとなり、劇場を包み込んだのだった。

 そんな温かいコールに応えた川本は、水色のドレスに身を包んでステージに登場。アンコールの1曲目は、落ち込んだ時、悩んでいた時に元気づけてくれた大切な曲、「すべては途中経過」をソロ歌唱。6人揃っての「キンモクセイ」を歌い終えると、川本へのサプライズが用意されていた。卒業公演の翌日が誕生日ということで1日早いバースデーケーキ、記念のアルバムが贈られ、チーム4の仲間たちからメッセージVTRが。キャプテンの村山彩希が感謝の思いを告げると、チーム4全員で「卒業おめでとう」と川本の門出を祝った。

 さらに、柏木由紀のVTRが上映された後、本人が花束を持って劇場にサプライズ登場。思わず涙を流した川本に柏木は、「AKB48で何を残したかじゃなくて、どうやって自分と向き合って、頑張って来たかというのが大切だと思っていて、それを一番体現したのがさややだと思う」とやさしく声をかけた。

卒業後は、「今までの経験を生かしながら、自分のペースでこれからも」

 最後のMCでは、川本が手紙でファンに感謝の思いを伝えた。「こんなにも私のことを応援して、支えてくれる方がいるんだなと実感して、自信がなかった私もアイドルでいていいんだなって思えることができました。ファンのみなさんには、感謝してもしきれないほど、本当に感謝の気持ちでいっぱいです」。そして、メンバーにもメッセージを送ると、「楽しかったことも、うれしかったことも、悔しかったことも辛かったこともあったけど、全部が私の青春で宝物です。大切で大好きな場所、AKB48劇場で卒業公演をさせていただけて、とても幸せです。約7年間、ありがとうございました」と笑顔で締めくくった。

 AKB48として最後に披露したのは、「ファースト・ラビット」。グループから離れ、“次の道”に進むことを決心した彼女にぴったりな曲だ。ドラフト参加時、女優になる夢を明かしていた川本に、卒業後の活動について聞くと、「今も変わらず、女優さんに憧れはあります。挑戦してみたいなとも思っているし、AKB48で活動してきた約7年間で、ほかにもいろいろなことに興味が湧いたので、今までの経験を生かしながら、自分のペースでこれからも頑張っていこうと思います」。変わらないマイペースさを感じ、改めて彼女がAKB48として歩んだ2486日間を思い返した。

 やさしい歌声も、存在感のあるダンスも、コンサートで流した汗も、JKT48劇場で見せたパフォーマンスも、得意のオリジナルラップも、豆腐プロレスで見せたロメロ・スペシャルも、すべてが宝物。そしてこれからも、周りの人まで幸せにしてくれる笑顔は、ずっと変わらないでいてほしい。2486日分の「ありがとう」とともに、川本紗矢が向かう未来に幸あれ――、そうみんなが願っているはずだ。

○8月30日、AKB48劇場川本紗矢卒業公演~2486日間の宝物~」セットリスト

M01 初日 川本
M02 君は僕の風 川本、横山
M03 君と僕の関係 川本、込山
M04 思い出のほとんど 川本、谷口
M05 君のc/w 川本、下口、田北
M06 会いたかった 川本、下口、田北
M07 Bye Bye Bye 川本、込山、谷口
M08 君のことが好きだから 川本、込山、谷口、横山
M09 希望的リフレイン ALL

EN1 すべては途中経過 川本
EN2 キンモクセイ ALL
EN3 ファースト・ラビット ALL



★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


「人気ランキング」は何位

応援のポチッ!をよろしくお願いします

人気ブログランキング












んじゃ、じゃばね\(≧▽≦)丿