AKB48グループ&坂道グループ情報ブログ

10月よりAKB48グループの応援再開。[各グループ推しメン] AKB48→横山由依 SKE48→推し無し NMB48→小嶋花梨 HKT48→推し無し NGT48→荻野由佳 STU48→瀧野由美子 乃木坂46→与田祐希 日向坂46→佐々木美玲 櫻坂46→守屋麗奈

☆乃木坂46中田花奈最初で最後のセンター抜擢も 『テレ東音楽祭』坂道シリーズの見所解説☆

こんにちわんこそばんそーこー!


 9月30日、夜6時25分から4時間半にわたって生放送される大型音楽番組『テレ東音楽祭2020秋 ~思わず歌いたくなる!最強ヒットソング100連発~』(テレビ東京系)に、乃木坂46欅坂46、日向坂46が出演する。そこで本稿では、同番組においての坂道シリーズの見どころについて考察してみたい。

 まず乃木坂46のトピックは、なんといっても年内でのグループからの卒業を発表した1期生の中田花奈が、2ndシングル表題曲「おいでシャンプー」で最初で最後のセンターポジションを務めるということだろう。「おいでシャンプー」といえば中田がフロントメンバーに選ばれた楽曲で、グループにとってもライブの定番曲。曲の間奏で「ダメダメダメ! ナカダカナシカ! ナカダカナシカ! 俺のナーカーダーカナシカ! ナカダカナシカ! ナカダカナシカ!」と盛大なコールが起きるのが特徴だ。

 過去に放送されたグループの冠番組『乃木坂工事中』(テレビ東京系)の中でも、グループ加入前から乃木坂46のファンだったという4期生の矢久保美緒が「ナカダカナシカ」コールを披露する場面があったが、この際に中田は「ファンの方たちが自然発生でコールし始めてくれて、本当にありがたいんですよ」とコメントしていた。実際、ライブで披露される度に大きな盛り上がりを見せ、メンバーと観客が一体となる象徴的な場面といえる。

 『テレ東音楽祭』といえば過去に“乃木坂46の公式お兄ちゃん”ことバナナマン日村勇紀扮するキャラクター“ヒム子”と乃木坂46のコラボステージを企画して、ファンを沸かせたことがあったが、今回の中田センターの配置が番組発のアイデアかグループからの提案なのか事の真相はわからないが、どちらにせよ粋な計らいだといえる。10月の配信ライブをもって卒業する白石麻衣も参加することがアナウンスされている。新型コロナウイルスの影響で、生のライブが開催できない状況の中、このようなステージをテレビで見られるのはファンにとってはたまらない時間だろう。ぜひ、間奏の“ナカダカナシカ”コールに注目して欲しい。そこから溢れ出るグループの絆も感じとることができるだろう。

 先日、櫻坂46への改名を発表した欅坂46は、新グループ名発表後初のステージを踏むこととなる。現段階(9月27日13時現在)でどの曲が披露されるのか発表されていないが、櫻坂46への改名を受け、メンバーが何を思い何を感じたのかコメントする場面があると予想される。10月12、13日に配信にてラストライブ『THE LAST LIVE』を行い、5年間の歴史に幕をおろす欅坂46。まずは『テレ東音楽祭』でどのようなパフォーマンスを見せてくれるのか、楽しみにしたい。

 日向坂46は発売されたばかりの1stアルバム『ひなたざか』から新曲「My fans」をテレビ初披露する。同曲はこれまでグループが発表してきたどの楽曲にも当てはまらないようなロックチューンで、〈声をもっともっと上げなさい〉〈私はプライド高いの 許せないかも〉など、いい意味で日向坂46らしくない攻撃的なリリックが盛り込まれている。振り付けも含め、どのようなパフォーマンスが繰り広げられるのか期待が高まる。そしてアルバムのリード曲「アザトカワイイ」もパフォーマンスされるという。同曲では視聴者から寄せられた“アザトカワイイ”動画がパフォーマンス中の一部で流れるとのことだ。

 大型音楽番組にとって必要不可欠な存在となった3組。今回の生放送でも、それぞれのグループのカラーがはっきりと垣間見えてくることだろう。特に今年はコロナの影響で、ライブを行う機会は減っている。そういった意味でも“音楽番組”はアーティストの最新の姿を映す重要な役割を担っている。乃木坂46欅坂46・日向坂46のそれぞれがどのような「現在の姿」を提示してくれるのか。放送を楽しみにしたいと思う。



★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


「人気ランキング」は何位

応援のポチッ!をよろしくお願いします

人気ブログランキング



















んじゃ、じゃばね\(≧▽≦)丿