AKB48グループ&坂道グループ情報ブログ

10月よりAKB48グループの応援再開。[各グループ推しメン] AKB48→横山由依 SKE48→推し無し NMB48→小嶋花梨 HKT48→推し無し NGT48→荻野由佳 STU48→瀧野由美子 乃木坂46→与田祐希 日向坂46→佐々木美玲 櫻坂46→守屋麗奈

☆ソロ出演するたび話題に 日向坂46 丹生明里が築いたアイドルスタイル☆

こんにちわんこそばんそーこー!


 日向坂46の丹生明里が10月15日正午に配信されるバラエティ番組『なぎスケ!』(Amazon Prime Video)の「ゲーム実況を学ぼう!」の回にゲスト出演する。ここ最近、『有吉ぃぃeeeee!~そうだ!今からお前んチでゲームしない?(以下:有吉ぃぃeeeee!)』(テレビ東京系)や『有吉ジャポンII ジロジロ有吉』(TBS系)に出演するなど、ソロでの活躍も目立っているが今回はそんな丹生の魅力はどんなところにあるのか考察してみたい。

 丹生の愛称はそのまんまの“丹生ちゃん”。多くのおひさま(※日向坂46ファンの呼称)がそう呼んでいることだろう。最近はあまり前面に出さなくなった印象があるが、冠番組『日向坂で会いましょう(以下:ひなあい)』(テレビ東京系)でMCを務めるオードリー春日俊彰の推しメンとしても知られる。

 日向坂46の前身グループ・けやき坂46の2期生として2017年8月にグループに加入した丹生。学生時代は2人の兄に憧れて剣道に勤しんでいたが、自分が本当に何がやりたいのかはわかっていなかった高校1年生の時に、欅坂46のデビューシングル曲「サイレントマジョリティー」の〈君は君らしく生きていく自由があるんだ〉という一節に衝撃を受け、「私もアイドルになって誰かを勇気付けたい」と一念発起。そこからアイドルの世界に足を踏み入れることとなった(『日向坂ストーリー』より)。

 兄の影響から『週刊少年ジャンプ』を購読していて、マンガ・アニメ好きという一面がある。そしてここ最近はゲームに関する仕事で活躍する場面が目立っているように思う。ゲーム番組『有吉ぃぃeeeee!』に出演した際にはバトルロイヤルゲーム「フォートナイト」で腕を見せつけ、有吉弘行から「本当にうまい人だね」と讃えられていた。今回の『なぎスケ!』出演もそうした丹生の活躍が次の仕事へと繋がったということだろう。

 グループの活動としては2ndシングル『ドレミソラシド』で初のフロント入りを果たし、最前列で満面の笑顔で高難度のダンスをパフォーマンスする姿は“ハッピーオーラ”を十分に体現していたことが印象的。『ひなあい』でも人一倍大きなリアクションを取り、個性的な声色を武器に番組を盛り上げている。特に宮崎ロケが行われた際に、「宮崎県の定番グルメで揚げた鶏肉にタルタルソースをかけた料理は何?」という問題で、堂々と「タルタルチキン!」と叫んだ場面は、これまでの『ひなあい』“お笑い名シーン”の一つだと言えるのではないだろうか。

 以前、『ひなあい』の「第2.5回企画プレゼン大会」企画の中で、渡邉美穂が丹生を「天然(生まれながらにかわいくなってしまう人)のぶりっ子」だと指摘していたが、まさに丹生の魅力はその“天然さ”にあるように思う。日向坂46の中でも誰にも似ていない唯一無二の存在感を放ち、いつでもニコニコと仕事に取り組んでいる姿は、見ているだけで人を幸せにする。〈君は君らしく生きて行く自由があるんだ〉という歌詞に人生観を変えられ、アイドルの世界に飛び込んだ丹生だが、まさに彼女らしいスタイルでアイドル人生を突き進んでいるように映る。

 そんな丹生は現在19歳。いったい、何歳まで“丹生ちゃん”という愛称で親しまれるのだろうかーー。

 そんなことを考えてみたが、10年先も20年先も丹生ちゃんは丹生ちゃんのまま、例えアイドルを引退したとしても笑顔で人々に元気を与え続ける人だと思えた。日向坂46の活動を通じ、丹生の成長はしっかりと伝わっているが、心の内側にある太い幹は変わっていないように感じる。それはきっと、彼女の中にしっかりとした強さがあるからだろう。剣道で鍛えた精神力、天真爛漫な笑顔、どこまでもピュアなその性格を武器に、これからもさまざまな外仕事でしっかりとインパクトを残していくはずだ。「丹生ちゃんから日向坂を好きになった」。そんな声がこれからますます多くなっていくことだろう。



★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


「人気ランキング」は何位

応援のポチッ!をよろしくお願いします

人気ブログランキング
















んじゃ、じゃばね\(≧▽≦)丿