AKB48グループ&坂道グループ情報ブログ

10月よりAKB48グループの応援再開。[各グループ推しメン] AKB48→横山由依 SKE48→推し無し NMB48→小嶋花梨 HKT48→推し無し NGT48→荻野由佳 STU48→瀧野由美子 乃木坂46→与田祐希 日向坂46→佐々木美玲 櫻坂46→守屋麗奈

乃木坂46は、どこへ行くのか? 原点回帰と方向転換...対照的な「僕は僕を好きになる」「Route246」が示す未来

こんばんわんこそばんそーこー!


 「ベストアーティスト2020」(11月25日放送、日本テレビ系)で乃木坂46の26thシングル「僕は僕を好きになる」のパフォーマンスが初披露された。

2020年は乃木坂46にとって転換点になりうる1年だった。これからグループがどんな面をファンに見せていこうとするのか、最新シングル表題曲のこの曲と、その前に配信でリリースされていた「Route246」からひも解いてみたい。

f:id:syuu19832019-asnhjs48:20201129223819j:plain
「Route246」のテイザー映像よりセンターの齋藤飛鳥さん(乃木坂46YouTube公式チャンネルより引用)


■「乃木坂の原点」とTKサウンド

「僕は僕を好きになる」(2021年1月27日発売予定)は作詞が恒例の秋元康さん、作曲は杉山勝彦さんである。杉山さんは「制服のマネキン」(2012年)「君の名は希望」(2015年)「サヨナラの意味」(2016年)「4番目の光」(2018年)などを作曲してきており、グループにとって印象深い曲の作り手だ。

「僕」を多用した歌詞と、柔らかでエモーショナルなメロディーラインから多くのファンは乃木坂の「原点」を感じるという感想を持った。結成以来グループの顔だった白石麻衣さんの卒業後初のシングルだが、3期生の山下美月さんを初の単独センターに起用、センター以外の1列目・2列目にも3・4期生メンバーが多く抜擢され、世代交代と原点回帰の意図がうかがえる。山下さん本人もセンター起用発表後のブログで

「私は乃木坂がずっと変わらずに
皆が笑顔になれる場所であってほしいと思うけれど
現状維持ということがこの世界ではそう簡単に上手くはいかない事も理解しています
(中略)
どうか温かい気持ちで
私たちと一緒に
これからの乃木坂を創ってくれませんでしょうか?
今の私たちには
皆様のお力添えが本当に必要です」(11月16日の記事より)

と語っていて、グループの変革期にいることを実感している様子だ。衣装も見てみると、膝上丈のスカートが目立つ。「シンクロニシティ」「Sing Out!」などで定着していた丈から短くなり、エレガントというよりフレッシュな印象を与える。

一方「僕は僕を好きになる」より前に、配信曲として「Route246」が7月24日にリリースされている。こちらは1期生の齋藤飛鳥さんがセンターで、引退していた小室哲哉さんが約2年3カ月ぶりに作曲活動に復帰して提供した曲だ。

小室さん作曲という話題性が先行した「Route246」だが、乃木坂のカラーに比較するとエッジの効いた先鋭的なナンバーである。打ち込みを多用した小室サウンドはミディアムな曲が多かった乃木坂の王道からは外れるし、楽曲以上に大胆な転換を図ったのは衣装だ。グループカラーの紫を基調としながらも、ショートパンツにシューズはスニーカーとラフな装い。上下セパレートで「へソ出し」の要素もあって、「清楚」「文化系」といったこれまでのグループイメージに楔を打ち込んだ。サウンドとビジュアルイメージは対照的な2曲である。

■センター2人に託された意図は?

 乃木坂らしい「僕は僕を好きになる」と、異色の1曲になった「Route246」だが、センター2人の個性とともにフィーチャーしてみると乃木坂が目指すところがうかがえる。

齋藤さんは「CUTiE」「sweet」などファッション誌でのモデル活動歴が長く、「乃木坂工事中」(テレビ東京系)7月5日放送回で公表されたメンバーアンケート「私服がオシャレ」なメンバーランキングで1位を獲得したように、グループ内外でファッションセンスを評価されている。また自身も小室さんのファンで、ドラムやダンスが特技だ。彼女の持ち味はいわばクールで都会的な面にあり、「Route246」のサウンドによく似合う。

山下さんは最近ビジュアルを活かして「あざとさ」に磨きをかけ、コケティッシュさと親しみやすさが長所といえる。前述のブログでは

「ちょっと重いかもしれないけれど
愛し愛されの関係
アイドルとして皆さんと一緒に居られるのが
とっても幸せです」

とも語っていたが、グループ変革期にファンに支えされて歩むアイドル像を改めて提示しようとしている。

卒業時期は当初の予定からは伸びたものの、25thシングル「しあわせの保護色」で1期生全員を選抜に起用する粋な計らいをもって白石さんを暖かく送り出した後、齋藤さんの都会的なセンスにマッチした「Route246」でファンの目を瞠らせる。そして「僕は君を好きになる」で山下さんを中核にグループのリスタートを印象付けた、と見ることもできよう。

総勢44人が在籍し、楽曲に起用されるメンバーもセンターもその都度変わる乃木坂46。看板メンバーの卒業後も「僕は僕を好きになる」で見せたように若手メンバーに乃木坂らしさの体現を託して世代交代の中でもファンをつなぎ止める。そして時には「Route246」のように可愛いだけではないポテンシャルを見せつけていけば、よりアイドルファンをワクワクさせてくれそうだが、どんな展開を見せてくれるか。26thシングルのカップリング曲の内容も今後追って公表されるはずで、乃木坂46が目指す道もさらに明かされてきそうだ。


乃木坂46 『Route 246』Teaser


乃木坂46 『しあわせの保護色』



★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


「人気ランキング」は何位

応援のポチッ!をよろしくお願いします

人気ブログランキング





んじゃ、じゃばね\(≧▽≦)丿