AKB48グループ&坂道グループ情報ブログ

2020年10月9日でAKB48ファン歴10年8ヶ月の37歳・男。 各グループの推しは横山由依・岡田奈々・山内瑞葵・松井珠理奈・小嶋花梨・宮脇咲良・中井りか・瀧野由美子・秋元真夏・白石麻衣・新内眞衣・小池美波・土生瑞穂・加藤史帆・小坂菜緒・佐々木美玲・丹生明里

櫻坂は改名後初のシングルで“3形態”に変身する

こんばんわんこそばんそーこー!

f:id:syuu19832019-asnhjs48:20201129225141j:plain
櫻坂46のシングル「Nobody’s fault」のジャケット写真。左から森田ひかる、藤吉夏鈴、山﨑天


 欅坂46から改名した櫻坂46(さくらざかフォーティーシックス)が、改名後初シングル「Nobody’s fault」(12月9日発売)で“センター”を任された3人の二期生メンバーに注目が集まっている。森田ひかる(19)藤吉夏鈴(19)山﨑天(15)だ。

櫻坂46は今作、欅坂46時代にはなかった新しい試みに挑戦している。表題曲「Nobody’s fault」は森田、カップリングの「なぜ 恋をして来なかったんだろう?」は藤吉、カップリングの「Buddies」は山﨑がそれぞれセンターを務める。グループの公式サイトでは「楽曲によってそれぞれセンターを務める新システムとなります」と発表された。

「Nobody’s fault」は、日本語で「誰のせいでもない」の意味で、個々を際立たせるダンスと前向きなメッセージが特長。「なぜ 恋をして来なかったんだろう?」は、欅坂46時代にはほとんどなかった「恋をしよう」と呼び掛けるような歌詞で、スピーディーなメロディーも印象的。「Buddies」はグループ最年少の山﨑らしい若さと青春感にあふれた力強い楽曲だ。

18年11月に加入した二期生は、欅坂46時代には楽曲制作にほとんど関わることがないまま改名を迎えた。満を持しての楽曲参加で、フレッシュな魅力を前面に押し出している。

山﨑は「曲もそれぞれ色が全然違うので、3人のらしさが出ていると思います」と話す。「『なぜ 恋をして来なかったんだろう?』は、センターの夏鈴の魅力がすごく分かる曲だと思います。夏鈴は一見、りりしいイメージがあるんですけど、ミュージックビデオ(MV)で見せている笑顔とか、すごくかわいい。女性的な曲だし、すごく新しい色が出ていると思います」と解説する。

シングル収録曲で初めてセンターを務める山﨑は、「プレッシャーもあって緊張しましたが、センターが1人だけじゃないので、そういった意味でも、みんなで支え合っています」と話した。「個々があるからこそ、グループがある。いろんなメンバーがいてチームになる、そういう色が出ているのかなって思います」と笑った。

「なぜ 恋をして来なかったんだろう?」も「Buddies」も、それぞれの楽曲がMVも含めて表題シングル並のクオリティーだ。「楽曲のメッセージ性の強さ」という欅坂46時代からの個性も残しつつ、新しい色を持つキャラクターを中心に据え、新しい挑戦を続けている。改名後初シングルで見せる“3形態”が、生まれ変わった櫻坂46の象徴の1つになりそうだ。



★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


「人気ランキング」は何位

応援のポチッ!をよろしくお願いします

人気ブログランキング












んじゃ、じゃばね\(≧▽≦)丿