AKB48グループ&坂道グループ情報ブログ

2021年2月9日でAKB48ファン歴11年の37歳・男。 各グループの推しは横山由依・松井珠理奈・小嶋花梨・荻野由佳・瀧野由美子・新内眞衣・土生瑞穂・佐々木美玲

柏木由紀、アイドルを「一生続けられる職業に」 渡辺淳之介氏と新たな試みで後輩の道しるべに

こんばんわんこそばんそーこー!

f:id:syuu19832019-asnhjs48:20210120222621j:plain
記者会見に登場した(左から)柏木由紀渡辺淳之介
f:id:syuu19832019-asnhjs48:20210120222618j:plain
レーベル移籍とニューシングルのリリースを発表した柏木由紀
f:id:syuu19832019-asnhjs48:20210120222616j:plain
レーベル移籍とニューシングルのリリースを発表した柏木由紀
f:id:syuu19832019-asnhjs48:20210120222612j:plain
記者会見に登場した(左から)クロちゃん、柏木由紀
f:id:syuu19832019-asnhjs48:20210120222609j:plain
記者会見に登場した(左から)クロちゃん、柏木由紀
f:id:syuu19832019-asnhjs48:20210120222606j:plain
記者会見に登場した(左から)クロちゃん、柏木由紀渡辺淳之介
f:id:syuu19832019-asnhjs48:20210120222603j:plain
記者会見に登場した(左から)クロちゃん、柏木由紀渡辺淳之介
f:id:syuu19832019-asnhjs48:20210120222601j:plain
レーベル移籍とニューシングルのリリースを発表した柏木由紀
f:id:syuu19832019-asnhjs48:20210120222558j:plain
柏木由紀アーティスト写真
f:id:syuu19832019-asnhjs48:20210120222554j:plain
柏木由紀がレーベル移籍&渡辺淳之介氏プロデュースでソロ曲リリース


 AKB48柏木由紀(29)が19日、都内で記者会見を行い、キングレコードへのレーベル移籍と、3月3日にCDとしては7年5ヶ月ぶりとなるニューシングル「CAN YOU WALK WITH ME??」のリリースを発表した(2018年12月には配信限定シングル「そっけない君」をリリース)。プロデューサーには、BiSH、BiS、豆柴の大群らが所属する音楽事務所WACK渡辺淳之介氏を迎えるが、今回の決断には“ある思い”が隠されていた。

 かねてより「30歳までアイドル宣言」をしていた柏木だが、今年7月にはその節目を迎えることになり「今このタイミングになって、届けたいものが定まってきたので、出させていただくことになりました。アイドルは続けたいなと固まってきていて。今回、渡辺さんと一緒にやることになったソロ活動で、よりアイドルに対しての気持ちは強くなったので、頑張りたいと思いました」と決意を新たに。

 会見には、豆柴の大群のデビュー時のプロデューサーであり、現在はアドバイザーを務めている安田大サーカス・クロちゃんもサプライズで登場し、柏木について「ゆきりんは、すごいよね。いい意味で、現在進行形の化石アイドルっていうか。いろんなアイドルの子が『一生アイドルです』って言っていたけど、結局卒業していくを見ているけど、ゆきりんはいろんなグループに渡り鳥をしながらやってきて。ここまで続けてやっている人はいないから、先駆者がない道を歩いている」と賛辞を送った。

 新たにプロデューサーとして迎えた渡辺氏とは、昨年5月にTOKYO FMで放送している秋元康氏プロデュースの深夜のガチトーク番組『TOKYO SPEAKEASY』(月~木 深1:00~)で対談。その際に、秋元氏から渡辺氏に「柏木由紀をプロデュースしてほしい」と公開オファーが飛び出していたが、それが実現することとなり、柏木も「まさか本当に実現するとは思ってなかったんですけど、すごくうれしいです。やさしく教えてくださって、今までの自分にない一面を引き出していただきました」と満面の笑みを浮かべ、渡辺氏も「トップを走っている王道のアイドルをずっと見させてもらっている感じです」と絶賛した。

 会見後に、柏木と渡辺氏がORICON NEWSの単独インタビューに応じた。柏木は「ソロシングル出せないのかなと正直思っていたので、節目のタイミングで出せるのはうれしいですし、渡辺さんがプロデュースというのがすごく大きくて、AKBに興味ない方にも届けられるチャンスだと思いますし、楽曲に自分の思いが乗っかるっていうのが初めてなので、早く聞いてほしい感じです。これまで長く続けてきたことや、自分が経験してきたことがあるからこそ、今のタイミングで歌える曲という感じだったので、渡辺さんに出会えたことに運命的なものを感じます」と声を弾ませた。

 クロちゃんから前例のない試みをしていると指摘された点については「先を考えずに楽しいことを続けていたら14年経ったということで、周りが卒業を考えていく中で、やっぱりAKBにいてできないことがあるから卒業していくっていう感じなんですよね。でも、私はAKBが楽しいし、AKBにいながら、こういったひとりの歌もやらせてもらえるという環境がすごく恵まれていてありがたい」としみじみ。その上で、自身の思いを言葉に乗せた。

 「女性アイドルはやっぱり年齢、賞味期限みたいなのが、どうしてもあるなと思っていて。30代でアイドルをやられている方もいると思うのですが、そんなみなさんと一緒に先陣を切って、私がやっていけば、後から続く子たちが『本当は長くやりたいけど、なんとなく流されて、できない』っていうことがないように、とりあえず私が受け止めようと。アイドルを夢見る子たちに一生続けられる職業みたいなのになったらいいなと思いながら、30歳までAKBにいた人はまだいないので、実験台としてやりたいです」。

 目指すべき将来の姿についても明確だ。「私自身、全部の活力がアイドルだったという経験がある。そういう風に、日々の大変さや嫌なことがある中に、ライブに行けるとか、CDであれを聞けるから頑張ろうみたいな存在になれたら。まだまだですけど…」。そんな柏木の新たな挑戦に、プロデューサーという立場で関わる渡辺氏は「柏木さんはファンの方、音楽活動、アイドルというものに対して、すごく真面目に向かい合っている方です。もっともっと僕たちなりの新しい柏木由紀を見ていただける機会を作っていけたら」と意気込みを語っていた。



★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


「人気ランキング」は何位

応援のポチッ!をよろしくお願いします

人気ブログランキング












んじゃ、じゃばね\(≧▽≦)丿