AKB48グループ&坂道グループ情報ブログ

10月よりAKB48グループの応援再開。[各グループ推しメン] AKB48→横山由依 SKE48→推し無し NMB48→小嶋花梨 HKT48→推し無し NGT48→荻野由佳 STU48→瀧野由美子 乃木坂46→与田祐希 日向坂46→佐々木美玲 櫻坂46→守屋麗奈

☆11年目のNMB48が迎える正念場 中心メンバー卒業で鍵となる“ニュースター誕生”☆

こんばんわんこそばんそーこー!


 昨年、10周年記念ライブを成功させたアイドルグループ「NMB48」が、11年目に正念場を迎えようとしている。2日と3日に開催された大阪・オリックス劇場でのイベント2DAYSで、グループの今後を左右する大きな動きがあった。

 2日のイベントでは、グループの中心メンバーの白間美瑠が卒業を発表。白間は、2010年に「NMB48オープニングメンバーオーディション」に合格し、山本彩渡辺美優紀らとともに、NMB48の歴史を築いてきた。グループ結成当時は中学生で、末っ子のような存在だった彼女は、10年以上アイドルとして活動し、最後の1期生メンバーとなっていた。

「1期生の中でも本当にたくさんの方に支えていただき、助けていただき、成長させていただいたからこそ、1期生のみんなを最後まで見送ってから卒業しようと思っていました」

 卒業発表の際、そう明かした白間。同期との別れ、たくさんの出会いを経験し、アイドルとしても人としても大きく成長した。1期生としての役目を終えようとしている白間のNMB愛は、デビュー当時と変わらない。卒業は愛ゆえの行動でもある。

「11年間、ガムシャラに全力で走り続けてきて、悔いなく、後悔なく、やり切った! という気持ちです。私はNMB48が本当に大好きです。でも、NMB48にずっとは甘えてられない。卒業して白間美瑠個人として大好きな歌、ダンス、パフォーマンスをしたいし、女優さんやいろんな挑戦もしたいと思います。その挑戦し続ける姿を見ていただいて元気、勇気、笑顔をお届けします」

 白間の言葉1つひとつに、芯の強さが感じられた。新たなステージへと進む前に、まだやらなければならないこともある。

「11年間分のいただいた愛と、11年間学んだことを後輩にたくさん伝えて、私の難波愛や難波魂を渡して、最後まで全力で走り切りたいと思っています」

 白間の卒業コンサートは初夏に大阪城ホールで開催。果たして、最後の1期生から継承される愛と魂は、どんな形となって表れるのか。

 2DAYSの2日目に行われたのは、「山本彩卒業コンサート~最後の一色~」。山本は、16年にNMB48の5期生としてお披露目され、加入後わずか4か月で正規メンバーに昇格。16thシングル「僕以外の誰か」で初選抜、AKB48のシングル表題曲でも連続で選抜メンバーに抜擢され、“48グループの未来”を象徴するメンバーの1人として注目を集めた。

 卒業コンサートは、山本がオリジナルメンバーとして参加したU-16選抜2018の「最強ツインテール」、U-17選抜(17年)の「法定速度と優越感」、オーディションの際に歌った「潮騒のメモリー」、同期である梅山恋和とWセンターを務めた「だってだってだって」など、彼女にとって特別な楽曲が詰め込まれたセットリストに。全力のパフォーマンスで、アイドル山本彩加の集大成をぶつけた。

「夢や目標を持って活動をしてきて、モデル、演技、シングルセンター、すべて叶えることができました。幼少期から変わらない『人見知りだけど負けず嫌い』で、小さなことにも全力で取り組み突っ走る。そんな私の性格だったからこそ、というのもあると思いますし、何よりもこんなにもたくさんの応援してくださる方がいてくださったおかげです」

 約4年半のアイドル人生を振り返り、改めて、感謝のメッセージで卒業コンサートを締めくくった。

「ファンのみなさん、スタッフ、メンバーのみんな、たくさんの方に支えられ、素敵な景色を見ることができました。この景色を一生忘れません。みんなに出会えてよかった。本当に今までありがとうございました」

 山本は卒業後、芸能界を引退し、看護の道へ進むことを明かしている。コロナ禍で生活が一変した中で、「病気と闘う方々の生活に、少しでも笑顔が増えるようなサポートをしたい、1人でも多くの方を救いたい」という思いが芽生えたからだ。アイドルとしてたくさんの愛と笑顔を届けた山本は、新たな夢を実現させるため、未来への1歩を踏み出した。

 白間の卒業発表と山本の旅立ち。グループが転換期を迎える中で、今後の鍵となるのが、ニュースターの誕生だ。

 NMB48は年始に、グループの活性化を目的とした新プロジェクト「NAMBATTLE ~戦わなNMBちゃうやろっ!~」を始動。それまでのチーム(チームNチームMチームBII)を解体して、6つのグループが新たに誕生し、劇場公演、配信イベント、ファン投票によるガチバトルを繰り広げてきた。

 オリックス劇場2DAYSの初日では、その決勝大会が開催され、加藤夕夏、小嶋花梨、佐月愛果、塩月希依音、渋谷凪咲、隅野和奏、原かれん、本郷柚巴からなる8人組グループ「きゅんmart」が総合優勝を飾った。

 新たな挑戦を経て、着実に成長するメンバーたち。卒業を決断した白間も、「NAMBATTLEを通して、メンバー1人ひとりの成長や覚悟、やる気、気合い、根性。近くでそれを感じることができて、『これからのNMB48、まだまだやってけるな。まだまだ楽しませてくれるんだろうな』というのをすごく実感しました」と、これからのNMBに期待を寄せる。

 山本の卒業コンサートでは、「檸檬の年頃」「ランナーズハイ」といった楽曲で、浅尾桃香、和田海佑ら7期生メンバーが躍動。「モニカ、夜明けだ」でセンターを務めた5期生・中川美音のパフォーマンスも強く印象に残った。

 初夏には、大阪城ホールで「NMB48コンサート」「NMB48次世代コンサート」を開催。次世代コンサートは、昨年10月に大阪城ホールでも開催されており、それぞれの個性が光る熱いステージとなった。波乱が続くNMB48の2021年。大阪城ホールはニュースター誕生の舞台としても注目したい。



★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


「人気ランキング」は何位

応援のポチッ!をよろしくお願いします

人気ブログランキング











んじゃ、じゃばね\(≧▽≦)丿