AKB48グループ&坂道グループ情報ブログ

10月よりAKB48グループの応援再開。[各グループ推しメン] AKB48→横山由依 SKE48→推し無し NMB48→小嶋花梨 HKT48→推し無し NGT48→荻野由佳 STU48→瀧野由美子 乃木坂46→与田祐希 日向坂46→佐々木美玲 櫻坂46→守屋麗奈

日向坂46 佐々木久美、なぜバラエティ番組にひっぱりだこ? 視聴者魅了する2つのポイント

こんばんわんこそばんそーこー!

f:id:syuu19832019-asnhjs48:20210226230146j:plain
日向坂46『ひなたざか』(通常盤)


 今やバラエティ番組に引っ張りだこの日向坂46。冠番組『日向坂で会いましょう』(テレビ東京)でオードリーの2人に鍛え上げられたバラエティ力はグループ全体に携わっており、言わばメンバー全員がバラエティ班と言わんばかりの対応力。アンガールズ田中卓志を講師に、さらにバラエティの知識を学ぼうとする姿勢はまさに天井知らずだ。

 番組の中で発表された2020年のテレビ出演回数(10月31日時点)は223回。番組独自の視点となる「外番組 個人出演ランキング」(地上波のみ)では、1位が佐々木美玲で77回、2位が佐々木久美で68回、3位が加藤史帆で65回。参考にと紹介された、バラエティ番組だけのゲスト出演回数の集計を取った『B.L.T.2020年12月号』のランキングでは、1位が齊藤京子で25回、2位が24回の同数で佐々木久美と佐々木美玲、3位が加藤史帆の23回となっている。

 放送から約4カ月が経過し、各メンバーの勢いはさらに加速するばかりだが、その中でも佐々木久美は出演回数だけに捉われない活躍を果たしている。それを印象づけているのが、ちょうどランキングの集計と入れ替わりのタイミング、10月28日から放送を開始したバラエティ番組『みえる』(テレビ朝日・ABEMA)での初MC抜擢だ。

 佐々木と一緒にMCを務めるのは、『ワイドナショー』(フジテレビ系)を筆頭に数多くの番組MCを担当している東野幸治。番組が始まった当初はまだ緊張の色が見え隠れしていた佐々木だったが、東野からのいじりにも臨機応変に対応し、しっかりと番組を仕切りながら、時折笑いを取りに行く姿勢が最近では自然に感じられるようになってきている。番組収録に密着した『B.L.T.2021年4月号』でのインタビューでは、「自分がMCじゃない立場で番組に出演する時も『こういうことが大事なんだな』って少しずつ分かるようになってきました。以前はただ思いつきで喋っていたけど、『流れ的にこう言った方がいいかな』とか」とMCを経験しての変化を明かしている。

 『みえる』以外にも単独で出演している番組は数多くあり、今年に入ってからだけでも、『潜在能力テスト』、『TEPPEN2021冬』、『世界の何だコレ!?ミステリー』(以上、フジテレビ系)、『林修今でしょ!講座』、『しくじり先生 俺みたいになるな!!』(以上、テレビ朝日系)、『プレバト!!』(MBS・TBS系)、『王様のブランチ』、『クイズ!THE違和感』、『全国ボロいい宿』(TBS系)といった具合。中でも『プレバト!!』では、「俳句の才能査定ランキング」で初登場にして1位に輝く新たな才能も開花。オードリーの若林正恭がレギュラーを務める『しくじり先生』にも満を持して初出演。若林からの振りにひとエピソードをかましてから、若林へと逆に振るといった初めてにしてホームと言える回となった。

 冠ラジオ『日向坂46の『ひ』』(文化放送)2月28日放送回でも、佐々木のバラエティでの活躍が話題に。影山優佳は家族と一緒に佐々木が出演している番組をほとんど見ていると言い、影山の母は自然体で楽しみながら番組に出演していると分析。それに佐々木も「反省することもあるけど、楽しいなぁって思う。人生楽しんだ方がいいと思う」と振り返る。また、お笑い好きでも知られる佐々木は、芸人のやり取りが間近で見られることも出演へのバイタリティーに繋がっているようだ。オードリーをはじめ、『しくじり先生』ではマヂカルラブリー、『全国ボロいい宿』ではバナナマン、『クイズTHE違和感』では千鳥、霜降り明星と人気芸人との共演も多い。

 何事にも全力投球で取り組み楽しむ姿勢。そこにMCとしての視点も兼ね備えた佐々木は、日向坂46のバラエティ旋風に新たな気流を生み出していくはずだ。



★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


「人気ランキング」は何位

応援のポチッ!をよろしくお願いします

人気ブログランキング










んじゃ、じゃばね\(≧▽≦)丿