AKB48グループ&坂道グループ情報ブログ

10月よりAKB48グループの応援再開。[各グループ推しメン] AKB48→横山由依 SKE48→推し無し NMB48→小嶋花梨 HKT48→推し無し NGT48→荻野由佳 STU48→瀧野由美子 乃木坂46→与田祐希 日向坂46→佐々木美玲 櫻坂46→守屋麗奈

日向坂46河田陽菜と丹生明里、グループカラーを象徴する存在に? “おみそしるコンビ”の歴史を辿る

こんばんわんこそばんそーこー!


 日向坂46の5thシングル曲「君しか勝たん」で2度目のフロント抜擢となった2期生の河田陽菜と丹生明里の“おみそしるコンビ”。2ndシングル曲「ドレミソラシド」(2019年)以降、表題曲は常にシンメのポジションで活躍していた二人。先月発売された『アップトゥボーイ』vol.303で表紙を飾るなど、雑誌でも取り上げられることが増えてきた。そこで今回は、河田と丹生にフォーカスしたい。

 河田陽菜は、『日向坂で会いましょう』(テレビ東京/以下ひなあい)で「 I LOVE河田選手権」と題してメンバー全員で河田争奪バトルが行われるほどの愛されキャラ。最近では、独特なワードセンスやシングル『君しか勝たん』に収録された個人PV「かわだっち」からも分かるシュールな感性など、“KAWADAワールド”も人気の一つになっている。

 一方、“丹生ちゃん”の愛称で親しまれる丹生も、にこにこ笑顔とリアクションの大きさが印象的なメンバーで、ピュアな魅力がメンバーやファンから愛されている。『日向坂46の「ひ」』(文化放送)では、潮紗理菜が「丹生ちゃん見てると自然に笑顔になれるし、自然のガムランボールだなって思う」と丹生について話すと、その場にいた齊藤京子も共感した上で「アイドルがアイドルにすごく力をもらってる」と本人に直接伝えたことも明かしていた。日向坂46メンバーによるこのようなエピソードは後を絶たない。

 そんな全方位から愛される2人。そもそも“おみそしるコンビ“という名前の由来も、スタッフから「2人が喋っているとほっこりして、おみそしるみたいだね」と言われたことから。まさに言い得て妙のコンビ名だ。

 日向坂46デビュー1周年記念のYouTube生配信の時に丹生は「ずっとシンメな気がするんだ!」と言っていたが、遡ってみるとけやき坂46時代の「ハッピーオーラ」で二人は2列目のシンメとなったようだ。その後、日向坂46に改名してからは、1stシングル曲「キュン」(2019年)で2列目の隣同士に。同曲のMVでは見せ場である「かわいい」というセリフで、センターの小坂菜緒の両脇の2人がポーズをとっていて、本シングルのCMでもこのカットが冒頭で使われていた。「日向坂46」という新しいグループカラーの象徴として、小坂と共に2人が強い印象を与えたといえるだろう。

 さらに2ndシングル曲「ドレミソラシド」でフロントのシンメに抜擢。当時『EX大衆』のインタビューで、小坂が「2人は人一倍キラキラしていて羨ましい」と語るほど、明るく爽やかな二人のシンメは日向坂46のその後の方向性を決定づけたようにも思う。さらに同年のクリスマスライブ『ひなくり2019』では、初日に河田、2日目に丹生が物語の主役となった。以降、列に変動はあるものの常にシンメとしてグループの骨格を担うコンビへと定着している。

 河田は「元気がない時は丹生を見て元気をもらう」とし、丹生は笑顔を絶やさない河田を「ザ・アイドル」だと言う(『EX大衆』2019年10月号)。互いに元気を与えあっていた両者。だからこそ、初フロントでもカバーしあうことができるし、シンメとして抜擢されることも多いのだろう。

 そして徐々に大人になりつつもある二人の変化も面白い。20歳を迎える河田は「1つ1つを丁寧に、楽しみながら活動していきたい」と語り、丹生は2度目のフロントに対して「頼り甲斐のある二期生になりたい」(『アップトゥボーイ』vol.303)と目標を掲げている。子供と大人の狭間にいる二人は今後どう成長していくのだろうか。またその過程の中で、二人の関係性はさらに深まっていくことだろう。



★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


「人気ランキング」は何位

応援のポチッ!をよろしくお願いします

人気ブログランキング












んじゃ、じゃばね\(≧▽≦)丿