AKB48グループ&坂道グループ情報ブログ

10月よりAKB48グループの応援再開。[各グループ推しメン] AKB48→横山由依 SKE48→推し無し NMB48→小嶋花梨 HKT48→推し無し NGT48→荻野由佳 STU48→瀧野由美子 乃木坂46→与田祐希 日向坂46→佐々木美玲 櫻坂46→守屋麗奈

日向坂46として初めての“聖地ライブ”『W-KEYAKI FES. 2021』 加藤史帆、佐々木美玲……注目メンバーは?

こんばんわんこそばんそーこー!

f:id:syuu19832019-asnhjs48:20210708220949j:plain
日向坂46『ひなたざか』(通常盤)


 7月9日から3日間にわたり櫻坂46と日向坂46による合同ライブ『W-KEYAKI FES. 2021』が山梨・富士急ハイランドコニファーフォレストにて開催される。9日は櫻坂46が、10日は日向坂46がそれぞれ単独ライブを行い、11日は合同公演を開催。欅坂46けやき坂46という、まさに“1本の欅”から誕生した2組が、欅坂46の“聖地”とも言える会場で共演を果たす。そこで本稿では『W-KEYAKI FES. 2021』において、“日向坂46のパフォーマンス面で注目のメンバー”について考察していきたい。

 そもそも日向坂46は前身グループのけやき坂46として、2017年、2018年の『欅共和国』でコニファーフォレストのステージに立っている。2017年は1期生のみ、2018年には2期生も出演した。しかし、当時は欅坂46のアンダーグループ的な立ち位置だったため、パフォーマンスできる楽曲はほんの僅かだった。だからこそ、2021年に日向坂46として同会場で夏の野外単独ライブを開催できるというのは、感慨深いものがある。

 そんな中、今回センターとしてステージに立つ加藤史帆は注目の1人ではないだろうか。最新シングル曲「君しか勝たん」でセンターに選ばれた彼女が、『W-KEYAKI FES. 2021』のステージで、どんな輝きを放つのか楽しみにしているファンも多くいることだろう。またMCでどんな思いを伝え、どんな表情でステージを去るのかも注目だ。

 というのも2017年に開催された『欅共和国』の最終日で加藤は悔し涙を流した過去がある。その時の欅坂46はライブの終盤に「不協和音」で凄まじいパフォーマンスを見せ、Wアンコールまで起き、ラストに「危なっかしい計画」を初披露。圧巻のステージに客席は興奮のるつぼと化していた。そんな中、けやき坂46のメンバーはバックヤードでイベントが終わっていくのを見守ることしかできなかった。その時、加藤は「うちらも最後の挨拶したかったねぇ」と泣きじゃくり、周りにいた佐々木久美らほかのメンバーも涙してしまったという(※1)。

 そんな経緯もあって行われるのが、今年のコニファーフォレストでの日向坂46のワンマンライブ、そして櫻坂46との合同ライブだ。あれから一回りも、二回りも大きくなった加藤が、当日おひさま(※日向坂46ファンの愛称)とどんな思いを共有し、どんなステージで魅了してくれるのか。今から期待に胸が膨らむ。

 5月25日に入院と休養を発表していた佐々木美玲は、7月3日にブログを更新し、「先日まで入院して活動は徐々に復帰している状態なんですが、まだ治療中ではあるためW KEYAKIフェスでは何曲かだけ参加させて頂きます(※2)」と発表するというグッドトピックもあった。

 治療中のため“何曲かだけ”の参加となったが、当然、パフォーマンス力の高い佐々木美玲が加わることで、グループの表現の幅も広がりを見せる。“みーぱんファミリー”の河田陽菜、濱岸ひより、山口陽世にとっても精神的支柱となる彼女が参加することでリラックスして本番に臨むことができるのではないだろうか。

 2018年に開催された『欅共和国』は、けやき坂46のデビューアルバム『走り出す瞬間』がリリースされた後で、リード曲「期待していない自分」も熱演された。その際、佐々木美玲はセンターとして、広いステージを縦横無尽に駆け抜けていた。あれから時を経て、今や『NHK紅白歌合戦』の舞台でもセンターも務めた彼女は、持ち前の明るさを生かし、ファンに極上のハッピーオーラを届けてくれるはずだ。

 今回のライブには体調不良により活動を休止しているグループの絶対的エースである小坂菜緒が出演しないため、多くの楽曲でほかのメンバーが代理センターを務めると予想される。その点も注目のポイントと言えるだろう。

 過去にも小坂は「水痘(水ぼうそう)」と医師の診断があり、休養を余儀なくされ日向坂46のステージに立つことができないことがあった。映画の撮影スケジュールの都合でほかのメンバーが代理センターを務めたこともあった。今まで多くの楽曲でセンターを務めていた絶対的エースがステージに立たない環境で、“いつも通りのライブをする”というのは簡単ではないということは想像がつく。

 そんな中でも、「ドレミソラシド」では丹生明里が彼女らしさ全開の極上の笑顔を届け、「キツネ」では河田陽菜が真ん中に立ってリードし、「青春の馬」では金村美玖が高い存在感を放つなど、同期が中心となって小坂の穴を埋めた。あの経験は間違いなく、グループ力の底上げに繋がっているはずだ。今回のライブでも、日向坂46は22人で心を1つにして、休んでいるメンバーの分までエネルギッシュにステージを盛り上げてくれることだろう。

 今回の“聖地ライブ”は有観客で行われ、さらに3日間にわたり配信も決定している。3期生の4人にとっては初めてのコニファーフォレストのステージだ。2017年に欅坂46鈴本美愉と差し向かいでパフォーマンスした齊藤京子が、殻を破るように振り切った踊りを見せ、客席を沸かせる瞬間があったが、今回のライブでもそんな出来事が起こるかもしれない。どんな3日間になり、その中でどんなドラマが生まれるのか。記念すべき『W-KEYAKI FES.』の、彼女たちの姿に注目しよう。

※1:書籍『日向坂46ストーリー』
※2:https://www.hinatazaka46.com/s/official/diary/detail/39960?ima=0000



★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


「人気ランキング」は何位

応援のポチッ!をよろしくお願いします

人気ブログランキング



















んじゃ、じゃばね\(≧▽≦)丿