AKB48グループ&坂道グループ情報ブログ

10月よりAKB48グループの応援再開。[各グループ推しメン] AKB48→横山由依 SKE48→推し無し NMB48→小嶋花梨 HKT48→推し無し NGT48→荻野由佳 STU48→瀧野由美子 乃木坂46→与田祐希 日向坂46→佐々木美玲 櫻坂46→守屋麗奈

田村保乃、快進撃の理由 センター抜擢、1st写真集大ヒット…“自分らしさ”を武器に掴んだチャンス

こんにちは


 櫻坂46の田村保乃の快進撃が止まらない。田村は10月に発売予定の3rdシングル曲「流れ弾」の新センターに抜擢されると、8月17日に発売した自身初の個人写真集『一歩目』(小学館)がオリコン週間BOOKランキング(8月30日付)において週間売上5万部超えで1位を記録。8月は『林修今でしょ!講座』(テレビ朝日系)へのゲスト出演のほか、『週刊少年サンデー』(小学館)の表紙や女性ファッション誌『CanCam』(小学館)にも初登場。さらに他メンバーとともにロレアルパリのブランドアンバサダーにも就任し、キャンペーンムービーでは美しい髪を靡かせていた。

 元AKB48前田敦子がきっかけでアイドルに興味を持ったという田村保乃。小学4年生の頃からアイドルが好きで、かねてより握手会やライブに足を運んでいたという。初めて受けたオーディションは日向坂46(当時はけやき坂46)で、二次審査に合格もしたが合格通知に気付かず三次審査は受けなかったのだとか。その後、2018年に開催された『坂道合同オーディション』のセミナーに「好きなアイドルに会えるから」という理由で参加すると、シード権を獲得し見事合格。同年に櫻坂46(当時は欅坂46)に2期生として加入した。

 そうした経緯からも分かるように、田村はアイドルへの憧れが人一倍強いタイプであった。それだけに「大好きなグループの中に自分のポジションがあること」に戸惑いを抱くようになる。自分がアイドルでいることが怖くなったり、櫻坂46の世界観に「いまいち自分がハマっていない」と悩んでいた時期もあったとも明かしている。しかし最近彼女はあることに気付いたという。ほかのメンバーのような力強さはなくとも「私は私でいい」と思えるようになったのだ。

 田村が自分自身の魅力を認められるようになったその“気付き”こそ、現在の彼女の快進撃を支えているのではないだろうか。田村の醸し出すふんわりとした柔らかいイメージは、確かに櫻坂46の持つ力強いメッセージ性と距離を感じても無理はない。だが、グループでの立ち位置にしろ、写真集にしろ、ここ最近の田村は自分の魅力を自覚した上で生き生きと活動している姿が印象的。“自分らしさ”を武器に、グループの中でしっかりと個性を確立していくその姿勢は、アイドルとしてのお手本を見ているかのようだ。

 彼女は昔、振付師のTAKAHIROに「(グループの曲のように強くなくても)そういう子がいてもいいんだよ」と言われたことで四字熟語の“十人十色”を好きになったと答えていた。そういう意味でも田村は、グループで“個性の大切さ”を最もよく体現している存在と言えるだろう。

 9月4日からは『あざとくて何が悪いの?』(テレビ朝日)の「あざと連ドラ」に出演が決定している。田村が演じる持田祥子は、田中みな実を崇拝する“あざとさ”を突き詰めたキャラクターで、“あざとさ”を使って結婚したい完璧女子の役だという。これは彼女に適役だ。なぜなら以前、田村の個人PV「恋のラブアタック大作戦」が、まさに“あざとさ”全開の演技で人気を博していたからである。PVは再生回数150万回を超え、圧倒的な支持を得ていた。

 また、7月に同番組の再現ミニドラマに出演していた際には、可愛さの中にも不安げな表情を浮かべる絶妙な演技を披露し、スタジオから絶賛を浴びていた。そんな田村が今回のドラマでどんな演技を見せてくれるかにも注目だ。

 “自分らしさ”を武器に躍進する田村保乃。新シングルがリリースされる頃には“田村の時代”が到来しているに違いない。


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


「人気ランキング」は何位

応援のポチッ!をよろしくお願いします

人数ブログランキング





以上