AKB48グループ&坂道グループ情報ブログ

10月よりAKB48グループの応援再開。[各グループ推しメン] AKB48→横山由依 SKE48→推し無し NMB48→小嶋花梨 HKT48→推し無し NGT48→荻野由佳 STU48→瀧野由美子 乃木坂46→与田祐希 日向坂46→佐々木美玲 櫻坂46→守屋麗奈

☆松田好花の冠番組が好発進 “素を出せる”ラジオ番組で活躍する日向坂46☆

こんにちは


 日向坂46の松田好花がメインパーソナリティを務めるラジオ番組『日向坂46松田好花の日向坂高校放送部』(ニッポン放送)が10月2日より放送スタート。齊藤京子が出演する『アッパレやってまーす!』(MBSラジオ)も土曜から木曜に放送枠を引越して続投が決定するなど、ラジオ関連のニュースが続いている。

 『日向坂高校放送部』は松田にとって念願のラジオ初冠番組だ。初回放送では松田自身が、冠ラジオ番組を持つことができたうれしさを語りつつ、最後に幸せの涙を流す場面もあったが、『日向坂で会いましょう』(テレビ東京)で長らく共演するオードリーのラジオ番組『オードリーのオールナイトニッポン』(ニッポン放送)のヘビーリスナー“リトルトゥース”でもある彼女の喜びは疑う余地もないだろう。

 同番組では、松田が架空の学校「日向坂高校の放送部」の部長として、身近で親近感のあるエピソードを電波に乗せて届けていくという。そもそもラジオ番組の魅力はリスナーとパーソナリティの距離の近さにあると思うが、クレバーで、放送作家的な目線を持っている松田ならば、放送を積み重ねるたびにコツを掴み、聴く者の熱狂度も高めていけるのではないだろうか。

 一方『アッパレやってまーす!』で齊藤は「おきょん」のニックネームで親しまれている。共演者は、TOKIO城島茂さらば青春の光、尼神インターといった個性的な面々で、深夜ならではのトークが聴けるのもこの番組の魅力だ。時に、暴走するさらば・森田哲矢らの弄りに、齊藤は呆れつつも、言い返すようなやり取りが人気を博している。

 森田の芸人としての職務を全うする姿は実に見事だが、実際、森田が齊藤に対し、遠慮なくぶつかることによって、大きなエンターテインメントを生み出していることは言うまでもないだろう。さらばのYouTubeを見てみれば、彼らの個人事務所「ザ・森東」の目立つ位置に齊藤の写真集『とっておきの恋人』(主婦と生活社)が飾ってあるというのも微笑ましい。木曜に引越した先の共演者は引き続き、城島、さらばの2人、そしてドランクドラゴン鈴木拓、鈴木美羽と発表されている。今後もお笑いに特化したやり取りに注目だ。

 ほかにも加藤史帆が出演する『レコメン!』(文化放送)、メンバーが週替わりで出演する『日向坂46の「ひ」』(文化放送)、丹生明里、金村美玖、渡邉美穂の埼玉トリオが出演する『日向坂46の余計な事までやりましょう』(TOKYO FM)、小坂菜緒がパーソナリティを務める『星のドラゴンクエスト presents 日向坂46 小坂菜緒の「小坂なラジオ」』(TOKYO FM)(※小坂の活動休止期間は佐々木美玲が代役を務めている)などといった番組があり、日向坂46はラジオ業界でも大きな活躍を見せている。

 なぜ、テレビだけでなく、日向坂46のメンバーがラジオ局から求められるのかーー。それはラジオという素を出せる場所で、テレビではない、ブログでもない、彼女たちのありのままの一面がキラリと光る瞬間があるからではないだろうか。例えばテレビであったこと、ライブでの出来事など、ラジオは議論を深める場所に適していて、ある種のフリースタイルな放送だからこそ、ファンは“聴き逃すまい”と1つ1つのオンエアに耳を傾けるのだろう。

 ちなみに松田の冠番組のリスナーの総称は「リトルヤホス」となった。これは前述の通り、松田が“リトルトゥース”であることにちなみ決定されたもの。初回放送からラジオ愛にあふれた松田の、心の温かさが伝わってくる内容だったが、今後、番組を通じてリトルヤホスが全国に広がっていくことを楽しみにしていたい。


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


「人気ランキング」は何位

応援のポチッ!をよろしくお願いします

人数ブログランキング


以上!