AKB48グループ&坂道グループ情報ブログ

10月よりAKB48グループの応援再開。[各グループ推しメン] AKB48→横山由依 SKE48→推し無し NMB48→小嶋花梨 HKT48→推し無し NGT48→荻野由佳 STU48→瀧野由美子 乃木坂46→与田祐希 日向坂46→佐々木美玲 櫻坂46→守屋麗奈

乃木坂46、現役&OGメンバーがドラマを席巻 山下美月、与田祐希、久保史緒里ら女優としての活躍

こんばんは


 乃木坂46を卒業したメンバーたちが最も活躍しているのがドラマ、映画、舞台での女優としての道だ。ドラマに着目すると今期では、西野七瀬が『言霊荘』(テレビ朝日系)でグループ卒業後初の主演を担い、生駒里奈が『真犯人フラグ』(日本テレビ系)に、若月佑美が『アンラッキーガール!』(日本テレビ系)に出演中。前期では『サレタガワのブルー』(MBS)で主演の一人の堀未央奈、『漂着者』(テレビ朝日系)でヒロインを務めた白石麻衣、『プロミス・シンデレラ』(TBS系)の松村沙友理。ほかにも大河ドラマ『青天を衝け』(NHK総合)、まもなくスタートする『婚姻届に判を捺しただけですが』(TBS系)にも出演する深川麻衣など多くのメンバーが女優業としての道を走り続けている。

 特に西野や白石といったメンバーは現役時代からすでに女優として活躍していた先駆者。それは今に繋がる助走期間だったとも言えるが、現在の乃木坂46にもかつての西野や白石のようにグループの活動と並行して女優としても輝きを見せているメンバーがいる。そして、その多くが3期生メンバーであることが一つの特徴だ。

 3期生にとどまらず、乃木坂46全体としても女優業で成功を見せているのが山下美月。『着飾る恋には理由があって』(TBS系)への出演は、山下の存在が一般層にもリーチした、キャリアのターニングポイントとも言える作品だった。現在、山下は『じゃない方の彼女』(テレビ東京)に出演中。オフィシャルでは謳われていないものの、その配役はヒロイン、または主役と言ってもいいほどに、観るものにインパクトを残す役柄だ。

 それは、女子大生にして妻を持つ教師を惑わす不倫相手役。『神酒クリニックで乾杯を』(BSテレ東)、『電影少女 -VIDEO GIRL MAI 2019-』(テレビ東京)、『あざとくて何が悪いの?』(テレビ朝日系)内の『あざと連ドラ』とこれまで多くの「小悪魔」「あざとい」役を演じてきた山下だが、そのギアは今回でさらに1段階上がっている。観ているこちらが悶絶してしまいそうなシーンは多々あるが、その象徴と言えるのが怜子(山下美月)が去り際にする雅也(濱田岳)へのキスであろう。劇中には「怜子沼」というワードが登場するが、同時に視聴者も「美月沼」に落ちていくという仕掛けだ。『着飾る恋』とのギャップもまたその沼にはまりやすいポイント。個人的には山下の目の演技が印象的な作品でもある。

 与田祐希は『日本沈没―希望のひと―』(TBS系)にレギュラー出演中。演じるのは、明るく前向きな居酒屋の看板娘・山田愛。与田の溌剌としたイメージをそのまま活かしたような役柄だ。劇中では主演の小栗旬松山ケンイチともシーンの中で共演している。さらに与田はドラマのオリジナルストーリー『最愛のひと~The other side of 日本沈没~』(Paravi)で主演の一人を担っている。本編とはかなりテイストも異なるラブストーリーで、過去に『乃木坂工事中』(テレビ東京)で描いたラクダの「西園寺さん」が芸術的な絵画として店のギャラリーに飾られていたり、お釣りが46円だったりとファン向けの要素は多いものの、ラストには『日本沈没』のメインストーリーとリンクしていく。プロデューサーの東仲恵吾がコメントしている与田の「柔らかい雰囲気の中にも強い意志が伝わるまなざし」が見られるシリアスな場面だ。与田は今月23日に放送の『ほんとにあった怖い話 2021特別編』(フジテレビ系)でも『七不思議(仮)』で主演の一人を務める。山下に続き、本格的な女優業進出の兆しを見せるのが今の与田だ。

 久保史緒里は、今月8日に放送されたドラマ『サマータイムマシン・ハズ・ゴーン』(フジテレビ系)に出演。ショートドラマ3本で構成されたオムニバスドラマで、久保はその中の『乙女、凛と。』で主演を務めている。この作品を語る上で必要不可欠なのは、今年6月に上演された舞台『夜は短し歩けよ乙女』である。誤解を恐れずに言えば、『乙女、凛と。』は舞台から地続きの、だけどどこか違うパラレルワールドのような世界観。舞台の千穐楽後、20歳の大人の女性になった久保が京都の先斗町にあるバー「Bar凛ト」で偽電気ブランを飲む姿は、舞台を観劇したファンには感涙もののシーンである。

 『夜は短し歩けよ乙女』を彷彿とさせるセリフや演出が多様されているのはニヤリとしてしまう部分だが、特筆すべきはワンシーンで撮影された長回しと久保の歌うオリジナル曲「乙女、凛と。」だ。総合演出、全体構成、脚本、監督を手がけるヨーロッパ企画上田誠は、Twitterでオフショットや裏話をツイートしているが、未来の自分自身とアカペラで歌う「乙女、凛と。」について、「どうやって音程とってもらおうか悩んでたら、久保さんがおずおずと絶対音感を打ち明けて解決しました」とも明かしている。舞台から変わらず物語の真ん中にあるのは、久保のその歌声。未来に思いを馳せるラストは、また一つ大人になった久保の表情を覗くことができる。久保と上田の関係性から思い浮かべるのは、「福田組」と呼ばれる若月佑美福田雄一のような蜜月の仲。ヨーロッパ企画が引き出す、また新たな久保の一面も見てみたい。

 4期生では、昨年11月に放送の『閻魔堂沙羅の推理奇譚』(NHK総合)で単発ゲストとはいえ主役級の役柄に抜擢された賀喜遥香、『取り立て屋ハニーズ』(ひかりTV)で主演の一人を務めた掛橋沙耶香、共演の弓木奈於などが乃木坂46という枠を飛び出して、女優としての一歩を踏んでいる。現在勢いのある3期生に続く形で、4期生もまた彼女たちだけが見せる女優としての色を見せてほしい。


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


「人気ランキング」は何位

応援のポチッ!をよろしくお願いします

人数ブログランキング


以上!