AKB48グループ&坂道グループ情報ブログ

10月よりAKB48グループの応援再開。[各グループ推しメン] AKB48→横山由依 SKE48→推し無し NMB48→小嶋花梨 HKT48→推し無し NGT48→荻野由佳 STU48→瀧野由美子 乃木坂46→与田祐希 日向坂46→佐々木美玲 櫻坂46→守屋麗奈

日向坂46の金村&丹生&渡邉、埼玉150周年でお祝いメッセージ 14日、特別イベントで埼玉に凱旋

こんばんわ

f:id:syuu19832019-asnhjs48:20211114214437j:plain
日向坂46の(左から)金村美玖さん、丹生明里さん、渡邉美穂さん


 「埼玉応援団(コバトン倶楽部)」を務めるアイドルグループ、日向坂46の埼玉出身メンバー、金村美玖さん(19)、丹生明里さん(20)、渡邉美穂さん(21)から埼玉150周年にあたって、お祝いのメッセージが届いた。きょう11月14日の「埼玉県民の日」にさいたま市浦和区埼玉会館で開催されるクイズイベントに3人そろって出演が決定。新ユニット「カラーチャート」が始動するなど、その勢いは増すばかりだ。

■ユニット名に込めた埼玉愛

―リレー形式でパーソナリティーを務めるラジオ番組内で3人のユニット名が「カラーチャート」に決まり、大きな話題を呼びました。

金村 彩の国・埼玉県の「彩=いろどり」にあやかって、「カラーチャート」というユニット名に決まりました。私たちも、そして埼玉県もカラーチャートのように色あふれた存在に、との思いが込められています。公式にユニット名を決めることができて、なおかつおひさま(日向坂46ファンの総称)の皆さまからの応募で決められて本当にうれしかったです。ユニット名に負けないよう彩り豊かな3人の姿をお見せできるよう頑張りますのでどうぞご期待ください。

―昨年に続き、11月14日に出演される特別イベントで埼玉に凱旋(がいせん)されます。

丹生 埼玉150周年、おめでとうございます。昨年に引き続き、今年も埼玉でのイベントにお声がけいただき大変光栄です。150周年という節目に立ち会えることができうれしいです。11月14日は会場で、そして配信で県民の皆さまとみんなでお祝いができたらいいなと思っています。これからもたくさん埼玉にお世話になります。

―埼玉の魅力は何ですか。

渡邉 埼玉の魅力は、栄えている都市もあれば自然豊かな土地もあり、いろいろな面で楽しむことができるところだと思います。山や川に囲まれて埼玉の広い大地を感じるも良し、ショッピングを楽しんだり、イベントに足を運ぶも良し、県内であらゆることが楽しめるのがいいところであり強みだと思っています。県内にはアニメや映画の舞台や聖地となっている場所がたくさんあるので、その要素を絡めたPRをして埼玉を訪れる人が増えたらいいなと思います。私自身、アニメが好きなので聖地巡礼ツアーに参加したいです。

■躍進はつづく

―金村さんは6thシングル「ってか」でセンターポジションに抜擢されました。

金村 自分に務まるのかと最初は不安ばかりでした。センターはグループを象徴する顔でもあり、日々悩みは尽きませんが、全国ツアーを経験したことで、だんだん自信のようなものがついてきました。いまは「もっとこの曲をたくさんの方に届けたい」という思いが強くなってきています。毎回パフォーマンスを振り返って変化をつけることで、常に最高のパフォーマンスをお届けできるよう試行錯誤を繰り返しています。

―ユニット曲「あくびLetter」も発表され、期待は高まるばかりです。

丹生 曲がゆったりとしていてレトロな雰囲気で、映像もレトロな色味になっているのがお気に入りです。ミュージックビデオでは、最初は3人ともそれぞれ異なった場所で歌ったり踊ったりして、最後に3人がボウリング場に集結します。3人の道が合わさって1つになります。まさに現在に至るまでの私たちを体現しているようです。あと、ボウリング場のレーンに入ったのは生まれて初めて。レーンをまたぐのが大変でした。ぜひたくさんの方に観ていただきたいです。

新型コロナウイルスの影響でアリーナツアーの延期・中止を経てグループ初の全国ツアーを走り切りました。制限付きの有観客ライブを終えての感想やファンの皆さまへの思いをお聞かせください。

渡邉 おひさまの皆さまが来てくださること、このことがどんなに有難いことかを改めて実感しました。会場で実際にお客さんが入っているのを見て、こみ上げてくるものがありました。声は出せない状況の中、皆さんがスティックバルーンでたくさん盛り上げてくれました。自分たちのために足を運んでくださったと思うと、たくさんの恩返しを届けたいという一心で頑張ることができました。

―最後に埼玉県民へのメッセージをお願いします。

金村 記念すべき150周年のイベントに出演させていただき本当にありがとうございます。「埼玉応援団」として埼玉の魅力をたくさん伝えていけるよう、また埼玉を盛り上げていけるよう活動を頑張っていきますので、これからも応援していただければうれしいです。

―ありがとうございました。



★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


「人気ランキング」は何位

応援のポチッ!をよろしくお願いします

人気ブログランキング


以上!