AKB48グループ&坂道グループ情報ブログ

10月よりAKB48グループの応援再開。[各グループ推しメン] AKB48→横山由依 SKE48→推し無し NMB48→小嶋花梨 HKT48→推し無し NGT48→荻野由佳 STU48→瀧野由美子 乃木坂46→与田祐希 日向坂46→佐々木美玲 櫻坂46→守屋麗奈

☆AKB48、今求められる“総監督”としての役割とは? 横山由依卒業を前に考える☆

こんばんわ


 AKB48は正規メンバーがそれぞれチームA、チームK、チームB、チーム4、チーム8のいずれかに所属し、それぞれのチームをキャプテンが牽引する構成となっている。さらにその下には、正規メンバーを目指す研究生たちがひしめく。そんな大所帯のグループの全体を取りまとめるのが“総監督”というポジションだ。その業務内容は、コンサート前の円陣時の声出し、メンバーからの意見の吸い上げ、運営陣へ企画提案など多岐にわたるという。

 2021年12月に2代目総監督をつとめた横山由依がグループを卒業するが、今回は3人の歴代総監督とその役割について触れていきたい。

■混迷期の精神的支柱となった高橋みなみ

 初代総監督を担当したのは、1期生の高橋みなみだ。2012年8月24日、東京ドームで開かれた『AKB48 in TOKYO DOME ~1830mの夢~』の初日公演中、AKB48劇場支配人・戸賀崎智信から総監督就任を告げられた。当時の模様はドキュメンタリー映画『DOCUMENTARY of AKB48 NO FLOWER WITHOUT RAIN 少女たちは涙の後に何を見る?』(2013年)でも見ることができるが、発表を受けて高橋は「ちょっと待ってくれ」と戸惑いの苦笑いを浮かべていた。

 同公演では、2011年6月結成のチーム4を解体し、その上で各メンバーの所属チームを入れ替える“組閣”が発表され、さらに海外を含む姉妹グループへの移籍が伝えられたメンバーもいたことから、大きな動揺が広がった。さらに2日後の東京ドーム公演最終日では、絶対的センター・前田敦子が卒業。高橋みなみの総監督就任は、AKB48の第1期終焉と第2期幕開けを象徴する出来事となった。

 また、同じく『DOCUMENTARY of AKB48 NO FLOWER WITHOUT RAIN 少女たちは涙の後に何を見る?』で生々しく映し出されているが、メンバーの恋愛スキャンダルによる脱退なども問題化。色々な物事が一気に押し寄せたグループは、この時、絶頂期にして混迷期でもあった。AKB48は全国的な人気を獲得した一方で、大化しすぎたがゆえにぐらつき始めていたのだ。そんなときに前田敦子というシンボルがいなくなった、そこで精神的な支柱を明確化させる必要があったのではないだろうか。誰からも信頼されていた高橋は、その役割にふさわしかった。

 書籍『AKB48の戦略! 秋元康の仕事術』(2013年/アスコム)の中で、プロデューサーの秋元康は「高橋みなみは本当に政治家になるべきだと思います。あんなにリーダーシップのある子はいませんよ」と絶賛。ただ秋元は、高橋にはもともとリーダー気質はなかったとし、「お姉さんたち(年上メンバー)が卒業していなくなってしまい、もう頼る人もまとめる人も誰もいなくなったとき、彼女が輝き出した。やらざるを得ない状況が、リーダーを生み出した」と、当時のグループの環境によって高橋の強いリーダーシップが出来上がったと話している。

■人間臭さでグループを一丸とさせた横山由依

 高橋から総監督のバトンを受け取ったのが、9期生・横山由依である。2014年12月8日、高橋が約1年後にグループを卒業し、総監督の座を横山へ継承すると宣言。翌年同日、『AKB48劇場10周年記念特別公演』をもって横山が総監督に就任した。

 ただ、高橋の後任であるということは、当然プレッシャーが大きかったはず。継承式でも「ここに立っているだけでもどうしようもないくらい不安です」と涙を浮かべ、声を震わせた。そして「先輩方の歴史に負けない、新しいAKB48を作っていきたい。10年後に『ずっと応援して良かった』と思ってもらえるグループを作っていきます。だから皆さん、私たちのことを支えてください。私たちのレジェンドファンになってください」と頭を下げ、カリスマ性を発揮していた高橋とはまったく違うアプローチを見せた。しかし、そこに横山総監督の面白味があった。

 書籍『涙は句読点 普通の女の子たちが国民的アイドルになるまで AKB48公式10年史』(2016年/日刊スポーツ新聞社)で秋元は、「AKB48に、ポスト前田敦子も、ポスト大島優子も、ポスト高橋みなみもいらないんだよ。というより、なれない。『横山由依』が面白いんだよ。MCも、まとまらなければ、まとまらないほど面白い」とその持ち味を評価した。

 横山は、2012年、2013年に2年連続で開催された東京ドーム公演の再現を在任中の目標に掲げていたが、それは叶わなかった。その間には公式ライバルとして誕生した乃木坂46の活躍や、『AKB48選抜総選挙』では姉妹グループが上位を占めるようになった。このあと数年にも及ぶ世代交代の入り口の時期とあって、AKBとしての活動はなかなか思い通りにいかなかったはず。横山は各インタビューでも、総監督の肩書きの重さを常に感じ、苦悩しながら活動していたことを明かしている。

 高橋のように劇的な言葉を吐き出せるわけではなく、スピーチも決して上手いわけでもなかった。だが、横山はとにかく一生懸命で、ひたすら汗をかいていた。その人間臭さこそが横山が愛された理由だ。『涙は句読点』内の対談で、横山が「自分ができないことをカバーしてくれる人がどんどん出てきてくれていて、助かってます」とメンバーへの感謝を口にすると、秋元も「みんなが横山を応援する感じがいいんだ。横山が高飛車でいやな女だったら、支えないから」と語っていた。“横山時代”は、個性が強かったレジェンドメンバーが抜けた分、全員一丸となってグループを守ったところが特徴だったのではないだろうか。

■ピンチをチャンスに 向井地美音総監督の意思

 15期生・向井地美音が3代目総監督に指名されたのが、2018年12月8日の『AKB48劇場13周年特別記念公演』夜公演。その半年前の2018年6月に開かれた『第10回AKB48世界選抜総選挙』では、「AKB48グループの総監督になりたい」とスピーチしていた。その念願が叶い、翌年4月1日に正式就任。ポジティブな気持ちで重責を引き受けた。

 先述のスピーチ然り、総監督に就任するずっと前から向井地はグループをリードすることに意欲を燃やしていた。雑誌『フレッシュヤンヤン 2016 SPRING』(2016年/星雲社)では「“次世代”とか言われつつ、もう18歳だし。たとえば前田(敦子)さんが18の頃は、一番前で引っ張られていたと思うので、本当に頑張らないと」と飛躍を誓い、雑誌『BUBUKA 2017年7月号』(白夜書房)では「卒業生が次々と出ていることは、AKB48にとってピンチではあると思いますが、逆にチャンスでもあるんです」と新時代に眼差しを向けていた。

 もちろん、過渡期からなかなか抜け出せないグループを取り巻く現実は甘くはない。現状、2019年まで11年連続で出場していた『NHK紅白歌合戦』(NHK総合)には2年連続で落選、名物『選抜総選挙』は2018年を最後に行われておらず、新型コロナの状況もあり握手会開催の見通しも未だ立っていない。2021年現在も、AKB48は多くの課題を抱えているようだ。

 それでも向井地総監督は前を向く。今年の『紅白歌合戦』落選の際も、「今年も紅白歌合戦への出場は叶いませんでした。1年前、ゆきりんさん(柏木由紀)が『来年は心から悔しいと言えるくらい頑張ろう』と言ってくれた言葉をずっと心に留めながら活動してきました。だから言わせてください。悔しい!!!!! 今のAKB48で、あの舞台へ。大きな目標を胸に来年も頑張ります」とツイート。何があっても諦めない姿勢を押し出した。

 AKB48冠番組『乃木坂に、越されました~AKB48、色々あってテレ東からの大逆襲!~』(テレビ東京系)で総合演出・プロデューサーをつとめる高橋弘樹へのインタビューを行った際、「番組を始めるにあたって、はじめにほぼ全メンバーと面談した時に、『もうちょっと闘争心があったら良いな、ギラッとして欲しいな』とは感じました」とのコメントがあった。確かに今のAKB48からはそういった印象を受けてしまう。だからこそ、向井地が総監督としてどのようにメンバーを鼓舞していくのかがポイントになる。

 高橋は、卒業前に開催したプロデュース公演『いちごちゃんず公演』(2016年2月18日)で、向井地ら15期生に対し「メンバーたちから『こんなことやあんなことがやりたい』という提案が上がるのが、今のAKB48にはすごく大事』と積極性を出すように願った。高橋のそういったメッセージを受けて、向井地は「いつか先輩を追い越せるぐらいの存在になりたい」と堂々とコメント。その言葉を実践に移すときが迫ってきている。

秋元康の総監督論「痛みのわかっているリーダーは説得力がある」

 AKB48の総監督の座は、自分のことだけではなく、ほかのメンバーと同じ目線に立てる人間にこそふさわしい。高橋は、怒るときは怒り、誰かが泣いているときは一緒に涙を流せるメンバーだった。喜怒哀楽をはっきり示しながらキャプテンシーを発揮し、信頼を得ていた。

 横山も、総監督就任前の雑誌『FREECELL 特別号21』(2013年/プレビジョン)のインタビューで、後輩育成について「背中を見せることはできないかもしれないですけど、一緒の立場に立ってフォローしながらだったらいけるのかなと思います」と語っており、総監督になってからもその言葉に近いスタンスで活動していた。

 秋元は書籍『AKB48の戦略!秋元康の仕事術』で、高橋のことを「痛みのわかっているリーダーだから、すごく説得力がある」と評していたが、その総監督論は横山にも当てはまっていた。どちらも、仲間たちの悩みに向き合い、その痛みを共有しながらグループを牽引した。

 現総監督の向井地はどうか。YouTubeチャンネル『AKB48 / OUC48 official LIVE』の10月1日配信回「【まるごと映像倉庫】コロナ禍のAKB48~総監督 向井地美音AKB48の現在地とこれから~前編」で、総監督という立ち位置について問われた際「まだ何も成し遂げられていない。総監督という役職になったことで、『つらいことより良い思いをしている方が多いんじゃないか』と言われることもある。自分でも得ばかりしているんじゃないかと思って不安になり、大変のことをやらなければってなっている。ただ、今(新型コロナ)は大変なことさえもできない」と葛藤する胸の内を明かした。

 こういった厳しい現状での経験は、いずれ必ず生かされるはず。今実感しているその“痛み”こそが、向井地を総監督としてより大きくしていく。



★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


「人気ランキング」は何位

応援のポチッ!をよろしくお願いします

人気ブログランキング




以上!