AKB48グループ&坂道グループ情報ブログ

10月よりAKB48グループの応援再開。[各グループ推しメン] AKB48→横山由依 SKE48→推し無し NMB48→小嶋花梨 HKT48→推し無し NGT48→荻野由佳 STU48→瀧野由美子 乃木坂46→与田祐希 日向坂46→佐々木美玲 櫻坂46→守屋麗奈

日向坂46、新センター「金村美玖」の実像 ギャグ不発で号泣の彼女を救ったお笑いタレント

こんばんわ


f:id:syuu19832019-asnhjs48:20211204221648j:plain

f:id:syuu19832019-asnhjs48:20211204221646j:plain

f:id:syuu19832019-asnhjs48:20211204221643j:plain

f:id:syuu19832019-asnhjs48:20211204221640j:plain


 2019年3月27日にメジャーデビューした日向坂46は、現在まで6枚のシングル曲をリリースしている。だが、10月27日に発売された最新曲「ってか」に、それまでの5枚中4枚でセンターを務めた小坂菜緒(19)の姿はなかった。体調不良のため活動休止となっていたからだ。

 エース不在の非常事態に、「ってか」のセンターに大抜擢されたのが小坂と同じ2期生の金村美玖(19)だった。大人っぽいルックスが印象的な彼女は現在、女性向けファッション雑誌「bis」(光文社)のレギュラーモデルを務めるほか、ソニー損害保険のCMに起用されるなど、人気メンバーの1人である。

 とはいえ、グループのファン以外にとってはまだまだ知られた存在ではない。そこで今回は新センター・金村美玖の経歴や趣味嗜好を紹介しつつ、その魅力に迫っていきたい。

 02年9月10日、埼玉県生まれの現在19歳。身長163.5センチ、血液型は0型で、キャッチフレーズは「みなさん、美玖をお寿司(推すし)かない」。大好きなお寿司と“推す”をかけたこのフレーズはメンバーやファンからも好評。公式の愛称が“おすし”となっている(ほかには“みく”や“おみく”、“ミクティ”などの愛称がある)。

 乃木坂46のファンであった兄の影響で同グループに興味を抱いた。ライブのDVDを観たことをきっかけに夢中になり、中学3年生だった17年夏に開催された“けやき坂46追加メンバーオーディション”に応募。同年8月13日、最終オーディションに合格し、けやき坂46の2期生として本格的に活動を開始したのであった。

 金村の魅力を語るうえで欠かせないキーワードとしてまずは“芸術的才能に溢れている”ことが挙げられよう。中・高と吹奏楽部に所属しており、グループの冠番組「日向坂で会いましょう」(テレビ東京系・毎週日曜25:05~)ではアルトサックスを吹きながら“吹奏楽部あるある”という特技を披露している。また、コロナ禍のステイホーム期間中にはドラムを購入し、練習していたという。

 小学生時代に絵画コンクールなどで受賞した経験があるため、イラストも得意である。今年1月14日放送の「プレバト!!」(毎日放送)で“スプレーアートの才能ランキング”に初挑戦した際、査定員の専門家から「10代でこのクオリティは凄いです。見事です」と“才能アリ”の評価を受けたほどの腕前なのだ。千原ジュニア光宗薫らこの企画の常連たちを上回り、見事第1位に輝いた。このときに描いた作品は後日、新型コロナウイルスの影響により観光客が激減した伊豆を元気づけるため、伊豆急行線伊豆稲取駅のホームに広告看板として掲出されている。

負けず嫌いだけどお豆腐メンタル

 頭脳明晰なのも魅力の1つだろう。けやき坂46時代の冠番組「ひらがな推し」(テレビ東京系)で行われた学力テスト企画では、筆記で4位。続く成績上位5人で行われた早押しクイズで逆転優勝を飾り、“初代かしこセンター”に輝いているのだ。だが、連覇を狙った第2回大会では「ケアレスミスが多かった」こともあって筆記で9位タイに沈んでしまった。このときの彼女は半ば涙目で番組MCのオードリーから「メンタル大丈夫?」と心配されるほどだったが、それでも早押しの結果、第6位で勝ち抜けたのである。この際「(早押しの瞬間は)世界一気合い入れてました」と勝ち気な面を見せたのであった。

 本人いわく「負けず嫌いだけどお豆腐メンタル」というくらい打たれ弱いところが彼女の性格である。楽曲のフォーメーション発表で最後列の3列目になったときには悔し涙を流したほど。ただ、そこで挫折することなく、与えられたポジションを懸命にまっとうしようとする。前向きな姿勢を貫くことが彼女の良さなのである。

空回り

 明るくて元気なだけにバラエティでもしっかりと活躍している。ただ、以前は積極的に前に出ていっても、上手く喋れずに少し空回りすることも多々あった。番組的にはその“空回り感”をいじって面白くなっていたのだが、本人的にはそのことを気にして悩んでいた時期もあった。それが明らかになったのが冠番組「HINABINGO」(日本テレビ系)でのこんなエピソードだ。

 お題に沿ったオリジナルギャグを番組MCの小藪千豊に披露する企画で、彼女のギャグは本人的には不発だったらしく「ダメでした。すみません」と小藪に謝罪。続けて「いつもファンの人から空回りって言われて悔しいです」と号泣、豆腐メンタルを発揮してしまう。だが、そんな彼女に対して小藪は「空回りをメリットとして、長所としてやっていただけたらと思います。(実際は)空回ってませんしね。大丈夫ですよ」と優しくフォローし、その積極性を長所にしたらいいとアドバイスしたのである。これを機に彼女の言動からは何か吹っ切れた印象を受けることが多くなった。小藪の何気ないひとことが、彼女に大きな影響を与えたと思われる。

 このように彼女はどこか守ってあげたくなる雰囲気を漂わせている。アイドルは普通のアーティストと違い、イチから成長していく姿”を見守りたいというのがファン心理にある。つまり“欠点”があったほうがファンも増えやすいのだが、金村はまさにこのタイプだ。

 かつ、金村はその成長が“分かりやすい”。日向坂46にはキャプテンの佐々木久美や1期生の加藤史帆などを筆頭に個性的なメンバーが多く、以前は彼女たちと比べ「自分には特徴がない」「突出したスキルを持っていない」という悩みがあった。だが、そう感じていたからこそ、バラエティの企画にも真面目に取り組み、ステージでは全力で踊って笑って……と何事にも一生懸命なのだろう。その頑張りや成長がファンにも見えやすいのだ。

ふたつのターニングポイント、そして新曲のパフォーマンス

 ターニングポイントとなった出来事が2つある。1つは20年2月に発売された4thシングル「ソンナコトナイヨ」で1列目に抜擢されたことだ。フロント入りしたことで、メディア露出が急増。当然、バラエティ番組では笑いを取ろうと貪欲だった。

 2つめは“日向坂46×DASADA LIVE&FASHION SHOW”である。「DASADA」は日向坂46が主演した深夜の連ドラだが、そこから派生したファッションブランドとしても展開しており、20年の東京ガールズコレクションにも出展した。

 イベントではメンバーもランウェイに登場しパフォーマンスをおこなったのだが、センターの小坂はスケジュールの都合がつかず欠席、金村が1曲目の「青春の馬」のセンターを担うことになった。同イベントは「DASADA」の世界観が楽しめるファッションショー&コンサートと銘打っており、ドラマの主題歌でもある「青春の馬」のセンターは、この日一番の大役だった。感情に訴えかけてくるタイプの曲なのだが、彼女は風を切るようなダンスで内に秘めた情熱を放出。力強く圧倒的な感情表現をみせた。この重要なポジションを務め上げたことでまさに“グループの顔”として認められたといえる。

 そして満を持しての6thシングルでセンターに抜擢されたわけである。「ってか」は大きなプリーツ(布のひだ)のあるスカートを使った、大胆で激しいダンスが特徴だ。難易度も高いうえ、MVではジャンピングキックに挑戦するなど、肉体的にハードな楽曲だった。体育会系ではない彼女がセンターで大丈夫かとも思ったが、心配は無用だった。キレキレのダンスでそのスキルの高さをみせつけてくれたのである。ラストのサビで見せる力強い笑顔も印象的だ。テーマは“戦い”なのだが、この彼女の笑顔はまさに「どんな困難も一緒に戦えば大丈夫だよ」ということを表現しているのである。

 17年8月の加入からはや4年。常に等身大だった金村は、時には壁にぶち当たってもがきながらもひたむきに努力し、たくましさを増していった。それでも成長は止まることはない。確かなステップアップを続けるニューヒロインはまだまだ発展途上なのである。



★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


「人気ランキング」は何位

応援のポチッ!をよろしくお願いします

人気ブログランキング

以上!