AKB48グループ&坂道グループ情報ブログ

10月よりAKB48グループの応援再開。[各グループ推しメン] AKB48→横山由依 SKE48→推し無し NMB48→小嶋花梨 HKT48→推し無し NGT48→荻野由佳 STU48→瀧野由美子 乃木坂46→与田祐希 日向坂46→佐々木美玲 櫻坂46→守屋麗奈

日向坂46、大躍進遂げたメンバーは誰? 加藤史帆、金村美玖、齊藤京子ら個々人が輝いた2021年

こ~んば~んは~

f:id:syuu19832019-asnhjs48:20220103225304j:plain
日向坂46『君しか勝たん』TYPE-A


 3年連続で『NHK紅白歌合戦』への出場が決定するなど、アイドル界のトップランナーとして2021年を駆け抜けた3年目の日向坂46。今やテレビや雑誌などで見ない日がないほど全メンバーが活躍した1年だが、特に飛躍/活躍したメンバーをピックアップして紹介していきたい。

 2021年の日向坂46はシングル表題曲のセンターが代わった変化の年。デビューからセンターを務めてきた小坂菜緒に代わり、満を持して5thシングル曲「君しか勝たん」センターに就任したのが加藤史帆だ。アイドルとしての音楽活動のほか、バラエティへの出演、モデルとしても活躍するなど、日向坂46のアイコンと呼べる人気と実力を兼ね備えている。加藤の明るいキャラクターと艶のある歌声が、日向坂46らしい「君しか勝たん」の曲調にハマっている。また、見せ方のバリエーションという意味では、新センターになったことがグループの進化にも繋がったと言える。


www.youtube.com

 改名前のけやき坂46時代に「ハッピーオーラ」でセンターを務めた時はプレッシャーに押しつぶされ泣いた加藤だが、今は『レコメン!』(文化放送)のレギュラーや「CanCam」の専属モデルなど、背負うものと自信が付いただけに、日向坂46になって初のセンターを堂々と楽しむ姿に成長を感じた。また、バラエティに多数出演した中でも『ラヴィット!』(TBS系)で初めて期間限定レギュラーを務め、その天真爛漫なキャラが「日本でいちばん明るい朝番組」と謳う番組コンセプトを体現。新番組の注目を集めることに貢献した。「かとし」の愛称が全国区となり、加藤が活躍した後も高本彩花や松田好花と日向坂46メンバーのレギュラーが続き、それぞれが全国的な愛されキャラとなっていった。今年最後を締める『紅白』で「君しか勝たん」が選曲されたことは、加藤が日向坂46の2021年の顔だったことを示しているようにも思える。


www.youtube.com

 6thシングル曲「ってか」でセンターに抜擢されたのが金村美玖。小坂が体調不良で今年6月から休業となり、そのポジションを担うという意味でも同い年の金村がセンターに就いたことは、ある意味革命とも呼べる、日向坂46の新時代を感じさせた出来事だった。以前は空回りすることもあったが、今やその責任感と、3列目から努力して1列目になった自信が、加速度的に彼女を成長させた。埼玉出身の丹生明里渡邉美穂との埼玉3人組ことカラーチャートとしても活躍し、今年1月14日放送の『プレバト!』(MBS・TBS系)ではスプレーアートで芸術の才能を開花。8月にはジェニーハイの「夏嵐」MVの主演に抜擢され、透明感と儚さを感じさせる堂々たる表情とダンスを見せる。そんなソロとしても主役級の輝きを持っていることを実証してから、日向坂46のセンターになる流れにも説得力とドラマがあった。今後、小坂が復帰した後、同い年コンビとして切磋琢磨していく未来が楽しみでしかたがない。

 そして今年は、齊藤京子が覚醒した1年でもあった。夢の1つであった1st写真集『とっておきの恋人』が1月に発売され、本人もターニングポイントと語るヒコロヒーとの冠番組『キョコロヒー』(テレビ朝日)がスタート。番組ではありのままの自分を出しており、齊藤京子という唯一無二のキャラクターが世間に広まるきっかけとなった。

 “日向坂46の歌姫”としても『MTV LIVE MATCH』にて緑黄色社会と「想い人」をコラボ。それをきっかけに歌を自分の武器にしたいとブログに決意を綴り、『MTV VMAJ 2021』でも柊キライ「ラブカ?」を歌いこなし視聴者を驚かせた。さらに『日向坂46 冬の大ユニット祭り”X’masスペシャル”』ではBoA「メリクリ」を感動的な歌声でカバーするなど、これまで低音が武器だった齊藤が高音を使いこなすようになり、アーティストとしても新境地に到達した。『キョコロヒー』に関しては、自分の立ち位置が分かったとラジオで語っていたが、それは歌についても同じで、今後は一人のボーカリストとしてより広い世界で活躍することに期待したい。

 今年はグループの冠番組でのソロ活躍が昨年以上に目覚ましく、芸能界でのポジションを築いたメンバーも多かった。キャプテン 佐々木久美は『みえる』(ABEMA・放送は終了)でのMCぶりに注目が集まるなど、バラエティ番組の名バイプレイヤーとして大活躍。またアイドル界きってのお笑い好きとして、今やお笑い賞レースのご意見番ポジションも獲得している。

 影山優佳は、もはやサッカー研究者と言っても過言ではない活躍ぶり。アイドル界ナンバー1のサッカー通として数々のサッカー番組に出演している。さらに全世界で発売中のサッカーゲームFIFA 22』の日本アンバサダーに就任し、ゲーム内にも登場するなど世界中から注目を集める存在に。さらに、弱冠20歳で2021年度の『2021 Jリーグアウォーズ』のステージMCという大役に起用される。サッカーアイドル 影山優佳として国境を越えただけに、今後どこまで突き進むのかは予測不能だ。

 今年20歳を迎えた河田陽菜は2022年3月1日に写真集を発売、次期エースへの期待感も高まる。そのほか2期生の松田好花は『ラヴィット!』で泣き虫キャラを確立し、念願のラジオ番組『ひなこい presents 日向坂46松田好花の日向坂高校放送部』(ニッポン放送)をスタート。宮田愛萌は文学の分野に進出、3期生の山口陽世は“ラミレスの弟子”として、野球ができるアイドルというキャラを築いた。

 様々なジャンルで自分の個性を確立し、アベンジャーズのようなグループになりつつある日向坂46。2022年に飛躍が期待できるメンバーも目白押しだ。グループとしても来年3月には『3周年記念MEMORIAL LIVE ~3回目のひな誕祭~』で遂に約束の彼の地である東京ドーム公演が決定。同公演は日向坂46として一つの大きな区切りとなるはず。そこから新たな目標に向かって4年目は誰がグループを牽引し、どう進んでゆくのか。今年の日向坂46は小坂というエースの不在がグループの士気や団結力を高めていた印象もあるが、2022年はこの1年の経験を爆発させるような、かつてのガムシャラで魂の叫びを感じさせる日向坂46も見てみたい。



★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


「人気ランキング」は何位

応援のポチッ!をよろしくお願いします

人気ブログランキング


以上!