AKB48グループ&坂道グループ情報ブログ

10月よりAKB48グループの応援再開。[各グループ推しメン] AKB48→横山由依 SKE48→推し無し NMB48→小嶋花梨 HKT48→推し無し NGT48→荻野由佳 STU48→瀧野由美子 乃木坂46→与田祐希 日向坂46→佐々木美玲 櫻坂46→守屋麗奈

日向坂46渡邉美穂は“パイオニア”であり“ラスボス” グループを牽引したストイックなアイドル性

こ~んに~ちは〜


 日向坂46 渡邉美穂が、4月3日に自身の公式ブログに「旅」というタイトルで、7枚目シングルをもって日向坂46からの卒業を発表。彼女は、グループの道を切り開いてきたパイオニアでもあり、ユーティリティプレイヤーとして日向坂46を支えてきた存在だ。

 渡邉は17歳の時に、日向坂46の前身グループである『けやき坂46追加 メンバーオーディション』(けやき坂46二期生)の合格者として2017年8月15日にお披露目。間も無く、欅坂46冠番組だった『欅って、書けない?』(テレビ東京)に初登場した際に「埼玉が生んだ怒涛の起爆剤!!」というキャッチコピーと、高校バスケ部キャプテンとして県大会出場の腕前を持つなど、その逸材ぶりが注目を集めた。初めての二期生ロケ企画では渡邊が仕切り、企画趣旨を説明する際の落ち着いたトークに「ベテランの風格」とテロップが入るほど見事なリーダーシップを見せていた。しかし、今回渡邉の卒業発表後に公開された富田鈴花のブログでは、加入当初の渡邉はガツガツしている自分と本当の自分とのギャップに悩んでいた時期があったという。

 そんな運命を変えたのが、2017年10月20日から放送されたけやき坂46初主演ドラマ『Re:Mind』(テレビ東京)。本来出演予定だった長濱ねるの欅坂46への専任が決定し、長濱の空いた枠に急遽二期生が入ることに。オーディションの末に渡邉が物語のキーとなる重要な役を演じ、加入発表から2カ月とは思えない二面性のある見事な演技を見せた。その後も女優としては、日向坂46主演ドラマ『DASADA』でのメインキャストをはじめ、2021年にはドラマ『星になりたかった君と』(以上、日本テレビ系)にヒロイン役で単独出演、2022年4月23日より始まるドラマ『グッドモーニング、眠れる獅子』(ひかりTV)ではヒロインの綿貫玲実役として売れないアイドルを演じる予定。順調に女優としての道を切り開いている。

 また、2019年1月17日にグループ初のソロ写真集となる『陽だまり』を発売。2019年7月1日に『マイナビ未確認フェスティバル2019』の応援ガールに就任し、元乃木坂46橋本奈々未、元欅坂46平手友梨奈に次ぐ、坂道グループからの3人目の選出となった。『クイズ!あなたは小学5年生より賢いの?』(日本テレビ系)では、同番組史上初の1問目敗退という伝説を作り、結果的には三度出演。そして、埼玉県出身である渡邉は、同期の金村美玖、丹生明里の3人で、埼玉をアピールする埼玉3人組(現在はカラーチャートというユニット名)として自発的に活動。埼玉県警の一日交通部長を皮切りに県のイベントに呼ばれるようになり、埼玉に本社を置く食品スーパーマーケットチェーン「ベルク」がスポンサーとなり、『ベルク presents 日向坂46の余計な事までやりましょう』(TOKYO FM)のパーソナリティーを務めるなど、グループのパイオニアとして走り続けてきた。

 1期生 潮紗理菜はブログで「いつも周りを見てるところ、ちょっとおふざけをして笑わせているようにみえて実は周りへの気遣いが人一倍あって、、、みほには数えきれないくらい助けてもらってきました」と先輩に言われる人柄の良さ。バラエティでは、体力ネタが多いグループにおいて“ラスボス”と言われる渡邉は、運動神経が良い加藤史帆東村芽依と対等に渡り合ってきた。また、先輩後輩に関係なくイジリあえる潤滑油的な存在でもあったし、大喜利的な企画では恐れずに変化球を投げ込むなど、何が求められているのかを瞬時に判断する頭の回転の速さを武器にバランサーとして活躍していた印象もある。

 そしてライブでは常に全力で汗を流し、パワフルなダンスを披露。シリアスな時は真剣な眼差しを見せ、楽しい時は思いっきり笑顔に、心の中にある抑えきれない感情が伝わる表情で、見る者の心を揺さぶる。また歌声は透き通るような高音が素晴らしく、「やさしさが邪魔をする」では加藤史帆、上村ひなのという各期のエースと並んでユニットに選ばれている。現状センターに立ったことはないものの、小坂菜緒や金村美玖などのセンターを側で支える存在だった。ただ、先日の東京ドーム公演での「抱きしめてやる」は小坂の代理センターを担当。パワフルでエモーショナルな同曲にて、これまでのベストパフォーマンスと思える魂のこもった姿を見せていたが、苦しさの先にある儚さともとれる恍惚の表情の意味が、今回の卒業発表を聞いて分かったような気がする。オープニング映像では、濱岸ひよりの欠席を聞いた渡邉が泣き崩れるシーンがあったが、他のメンバー以上にこの地に22人で一緒に立ちたかったという思いがあったのだろう。

 渡邉は何事も常にストイックで、全力でリクエストに答えてきた印象だが、あまりにもストイック過ぎて、時には高校球児のように号泣したり、度々メンタルブレイクするなど、アイドルという仕事と限界ギリギリで戦っていたようにも思う。2021年7月30日に放送された『ベルク presents 日向坂46の余計な事までやりましょう!』(TOKYO FM)では、アイドル活動を行う中での悩みを吐露。渡邉は常に現状に悩み、自分で答えを見つけるまで考え過ぎてしまう、器用に見えて自分に嘘をつけない不器用な人という印象を受けた。東スポチャンネルにアップされたインタビューで、「アイドル感のない人になれたらいいな」と告白した渡邉。女優をやる際にアイドルというフィルターが良い方向にも悪い方向にもかかり、出演した俳優たちと同じ土俵に立てていないと思う時もあると語っていた。もし本格的に女優を志すことを決めたのなら、アイドルからの卒業を考えることは不思議ではない。

 渡邉の卒業は日向坂46にとって大きなダメージだが、4月3日深夜放送の『日向坂で会いましょう』の7thシングルフォーメーション発表の映像で「私にとってもグループにとっても本当に大事な節目のシングルになってくる この7枚目を良いものにできたらいいなって思います」と言う渡邉の表情には涙も迷いもなく、アイドルをやりきった真っ直ぐないい目を見て、決心はついていると確信した。富田がブログの締めに、「君のため何ができるだろう」を今聴いて欲しい1曲と綴っていた。その歌詞を改めて噛み締め、残りのアイドル人生をみんなで楽しみ、そして卒業していく渡邉の背中をそっと押していきたい。


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


「人気ランキング」は何位

応援のポチッ!をよろしくお願いします

人数ブログランキング



以上!