AKB48グループ&坂道グループ情報ブログ

10月よりAKB48グループの応援再開。[各グループ推しメン] AKB48→横山由依 SKE48→推し無し NMB48→小嶋花梨 HKT48→推し無し NGT48→荻野由佳 STU48→瀧野由美子 乃木坂46→与田祐希 日向坂46→佐々木美玲 櫻坂46→守屋麗奈

☆AKB48、次なる指原莉乃となる逸材は?大盛真歩、山内瑞葵…新バラエティクイーンへの期待☆

こ~んば~んは~


 4月7日深夜より放送がスタートしたバラエティ番組『AKB48 サヨナラ毛利さん』(日本テレビ系)。メンバーの大盛真歩は、4月3日に開催されたライブイベント『AKB48 LIVE SHOW ~AKBINGO! THE FINAL サヨナラ毛利さん~』のなかで他の候補メンバーを打ち破り、見事番組センターの座をつかんだ。

土田晃之の一言で開花した指原莉乃

 AKB48はこれまでバラエティ番組で活躍するメンバーを次々と生み出してきた。筆頭格は指原莉乃で、グループ在籍中からさまざまなバラエティで活躍していた。だがそのきっかけとなったのは、ほかのメンバーよりアイドル的要素がすべて劣ると自覚したこと。自著『逆転力 ~ピンチを待て~』(2014年/講談社)では正統派路線を早々に諦めたと記しており、「こうなったらもう、私は喋るしかないな、と。MC(トーク)を頑張ったほうが、ここで輝く近道だと確信しました」と方向を切り替えたという。

 指原はよく「出演番組で爪痕を残し続けてバラエティクイーンの座に就いた」と思われている。しかし彼女の考え方は真逆だ。確かに爪痕を残すため、歯に衣着せぬ発言などで気張っていた時期もあったとのこと。だが『さしこのくせに~この番組はAKBとは全く関係ありません~』(TBS系)で共演した土田晃之から、「無礼をおもしろいと思っているのは間違いだ」と注意されるなど、たくさんの失敗を重ねながらバラエティでの対応力を磨いたという。そしてレギュラーをつとめた『笑っていいとも!』(フジテレビ系)では、タモリらとの共演を通じて、ぐいぐいと前に出るのではなく、その場を楽しむ姿勢を身につけたと語っている。

 指原のバラエティ力をもっとも感じさせたのが、スキャンダルへの対応だ。指原は共演者にあえてスキャンダルのことをイジってもらい、笑いへと変えていった。自著では、悲しい感じや腫れ物にさわる感じにならないよう、自分のなかでネタ化したと明かしている。それらの経験が、指原をバラエティクイーンへと押し上げていったのだろう。

 大家志津香もバラエティで大活躍した。『くりぃむクイズ ミラクル9』(テレビ朝日系)で珍回答を連発して笑いをあつめ、脚光を浴びるようになった彼女。グループ卒業を控えた2021年12月22日放送回でも、卒業理由について「腰が痛くなってきちゃって」と発言。MCの上田晋也くりぃむしちゅー)から「どんな理由だ」とツッコまれていた。峯岸みなみも自分をネタにして笑わせるのが上手かった。その武器はグループ卒業後も、『トークサバイバー!』(2022年/Netflix)などで生かされている。いずれも、自虐性をまじえながら観るものを引きつけていった。

■大盛真歩の持ち味は“ツッコまれ力”

 今回、番組センターに抜てきされた大盛は、そういった先輩たちとは少し印象が違う。彼女のおもしろさは“ツッコまれ力”であると考える。

 たとえば4月5日放送『AKB48、最近聞いた?~一緒になんかやってみませんか?~』(テレビ東京系)で、地元・茨城のラジオ番組に出演したときのこと。故郷凱旋とあって「今日、私はずっと茨城弁で喋っかんね」と意気揚々と宣言しながら、次の瞬間には標準語に逆戻り。舌の根も乾かぬうちの出来事に、共演の服部有菜久保怜音、そして番組スタッフも思わず「全然喋ってない」と総ツッコミをいれていた。

 大盛はトークをリードするタイプというより、真面目に進行していながらも少しだけズレていて、そのスキを周りに突かれる様子がおもしろい。『AKB48 サヨナラ毛利さん』でも、番組の中心でありながらどんどんツッコミをいれられるのではないだろうか。

茂木忍、山内瑞葵のバラエティ進出にも期待

 これからいろんなトーク番組に出てほしいメンバーとして名前を挙げたいのが茂木忍だ。彼女の武器はアグレッシブな喋り。YouTube『ゆうなぁもぎおんチャンネル』ではそのトーク力を存分に堪能できる。

 特にうまさを感じたのが2月12日配信回。2021年最大の失敗について、岡田奈々が「1日だけ風呂に入らずに仕事をした」と振り返れば、茂木は「じゃあ私の人生、大失敗」と見事な切り返しを披露した。風呂嫌いのような雰囲気も相まって爆笑をあつめた。2020年8月25日配信の茂木へのドッキリ企画では、彼女のノリの良さ、そして「笑える」という意味での口の悪さが露呈。そのあけすけのなさが魅力的だった。2011年お披露目のベテランメンバーではあるが、ことバラエティ力に関しては今もっとも脂が乗っているのではないか。指原路線でブレイクできる可能性を秘めている。

 トークの運びに定評があるのは山内瑞葵だ。バラエティ番組の進行役として、これから重宝される存在になってもおかしくない。

 ラジオ番組『柱NIGHT! with AKB48』(bayfm)では「ラッキーずっきーラジオ3年生」という月イチコーナーを担当しており、毎回エピソードトークなどを分かりやすく伝えてくれるほか、『AKB48、最近聞いた?』の3月18日のライブ配信でも、MC・ひろゆき西村博之)の問いかけに対して的確に答える様子が印象深かった。愛嬌の良さもあることから、山内がいれば番組は明るくなる、とてもバラエティ向きなメンバーである。

■過去のAKB48番組のあり方と決別できるか

 ただ、指原、大家、峯岸、宮崎美穂島田晴香などがバラエティ班を形成していた時代は、グループ自体がまだまだ駆け出しだったこともあって、自虐を含めて“体当たり性”が求められていた節がある。

 そういったなかで指原らは結果を残してタレントとして成功したのだが、現在のAKB48は「根も葉もRumor」(2021年)、「元カレです」(2022年)のシングル曲のテイストから見ても、アーティスト性を重視する流れが感じられ、バラエティ番組へ出演するにしても、かつてと似たような企画内容は今のグループカラーと合わないような気がする。

 つまり、アイドルバラエティの定番である当たり障りのないお題トークやゲーム企画ではなく、楽曲、パフォーマンスに焦点をあてた内容の方が、現在のAKB48の番組としてはふさわしいのではないだろうか。その点では楽曲ありきで進行している『AKB48、最近聞いた?』は、方向性としては良いと思える。

 また『選抜総選挙』が開催されていたころは、そこにランクインするためにどうしても個を強調させる必要があった。しかしシステムが変化した現在は、グループのトータリティの方が重要である。その点でもAKB48の全体像がきっちり伝わる番組や企画の方が、今後のグループにとってもプラスに作用するのではないか。そして、その結果としてメンバーの素顔が魅力的に映ったり、笑えたりするのが理想的だ。

 『AKB48 サヨナラ毛利さん』は、かつてのAKB48の番組の作り方とは決別して新しいものを追求すると銘打っている。その番組内容に期待したい。



★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


「人気ランキング」は何位

応援のポチッ!をよろしくお願いします

人気ブログランキング


以上!