AKB48グループ&坂道グループ情報ブログ

10月よりAKB48グループの応援再開。[各グループ推しメン] AKB48→横山由依 SKE48→推し無し NMB48→小嶋花梨 HKT48→推し無し NGT48→荻野由佳 STU48→瀧野由美子 乃木坂46→与田祐希 日向坂46→佐々木美玲 櫻坂46→守屋麗奈

日向坂46 渡邉美穂センター「恋した魚は空を飛ぶ」はグループの原点的な楽曲? 歴代期別曲から振り返る、二期生の歴史

こ~んば~んは~

「僕なんか」(TYPE-A)


 日向坂46が、二期生による新曲「恋した魚は空を飛ぶ」MVを公開した。渡邉美穂が7thシングル『僕なんか』の活動をもって卒業するため、二期生9人での最後の楽曲となる今作だが、ノスタルジーに浸るものではなく、渡邉のラストらしい攻めた楽曲となった。

 2017年4月6日に開催された欅坂46『1st YEAR ANNIVERSARY LIVE』で、改名前のけやき坂46ひらがなけやき)として「ひらがなけやきパワーアップ計画」と題したメンバーの追加募集を発表。8月13日に選出された合格者9名が今の二期生となる。当時は初の全国ツアー中で、初主演ドラマ『Re:Mind』(テレビ東京)の制作が決まっていたほか、長濱ねるの兼任の解除が発表されるなど、二期生の加入は本格的に欅坂46からの独立を見据えた補強を意味していた。


www.youtube.com

 二期生初の楽曲は、2018年3月7日にリリースした欅坂46の6thシングル『ガラスを割れ!』通常盤に収録された「半分の記憶」。当時15歳だった小坂菜緒がセンターを務め、恋人同士のすれ違いを歌った恋愛曲だった。欅坂46のクールな魂を引き継ぎながらも、先輩たちとは異なる大人目線の楽曲で色の違いを見せる。この路線は、日向坂46の3rdシングル曲「こんなに好きになっちゃっていいの?」や最新シングル曲「僕なんか」に通じるものがあり、ハッピーオーラや応援ソングが多いイメージの日向坂46において、クールな恋愛ソング路線は二期生の原点とも言える。それを考えると、小坂の復帰作であり、渡邉が卒業するタイミングで、原点を感じさせる曲を歌うことは感慨深いものがある。

 2018年6月20日発売のけやき坂46初の単独デビューアルバム『走り出す瞬間』に収録されたのが「未熟な怒り」と「最前列へ」。当時のけやき坂46は、生きている意味を問う欅坂46的な路線と、自分たちのアイデンティティを問う楽曲が多かった時期で、いずれの楽曲もその2つの流れを汲んだものを感じる。二期生はお互いが良いライバル関係で切磋琢磨して成長していく印象もあり、ひらがなけやき時代の二期生楽曲はクールだ。

 日向坂46のデビューシングル『キュン』に収録されたのが「沈黙が愛なら」。日向坂46が「キュン」などのアップテンポな曲で新たなイメージになっていく中、美しいメロディラインを残したこの楽曲は、けやき坂46時代を彷彿とさせた。以降は三期生・上村ひなのが加わり、疾走感のある二期生・三期生曲「Dash&Rush」やエモーショナルな「君のため何ができるだろう」など、全体曲とはまた違ったエンターテインメント性に溢れる楽曲を発表。純粋な二期生曲となった5thシングル収録「世界にはThank you!が溢れている」はハッピーで王道な楽曲。二期生は様々なジャンルで一期生に負けずとも劣らない活躍ぶりで、そのポテンシャルの高さから”最強の二期生”と囁かれ、みんなから愛される個性派集団となった。「世界にはThank you!が溢れている」MVは、そんな日向坂46になってからのパブリックイメージを具現化したような映像となっている。


www.youtube.com

 そして「恋した魚は空を飛ぶ」は、渡邉卒業のノスタルジックな気持ちはカップリングの「飛行機雲ができる理由」に預け、かつて、[Alexandros]やKing Gnuなどの邦楽ロック好きを公言していた渡邉の嗜好を汲んだような、これまでになく攻めたロック調の曲。黒い衣装を着て激しいダンスと表情で踊るMVは、渡邉や小坂の舌打ちのシーンがあるなど、いつになく挑発的な楽曲となった。二期生9人での最後のMVになるため、本来なら感傷的な気持ちになってもおかしくない。しかし、ファン思いの渡邉だからこそ、悲しむより叫べ、と逆に背中を叩かれた気持ちになる。また、予定調和を嫌う渡邉なりのエンタメ精神を最後の最後まで貫いている印象だ。

 「恋した魚は空を飛ぶ」を意外だと感じたリスナーも少なくないだろうが、こういったクールテイストの楽曲は彼女たちの原点でもあり、欅坂46の魂と日向坂46のエンターテイメント性を掛け合わせた、ひらがなけやきから続く、二期生9人の完成形と言えるのではないだろうか。

 ただ本当の完成は、9人揃ってライブで披露してから。「世界にはThank you!が溢れている」も小坂が休養していたことで、全員でのライブパフォーマンスがなかったため、渡邉が卒業する前に披露されることに期待したい。ほかにも今回のシングルでは、2021年の『日向坂46 デビュー2周年記念 Special 2days ~春の大ユニット祭り“おひさまベスト・プレイリスト2021”~』で披露された新ユニットの中から、金村美玖、小坂菜緒、濱岸ひよりの2002年組による「もうこんなに好きになれない」が収録。小坂の休業前後では、金村がセンターを経験し、濱岸はファッション誌の専属モデルになるなど、著しく成長した2人がエースを迎え入れる形となり、新生 日向坂46を象徴するユニットとなった。

 今回の7thシングルは、二期生の集大成だけでなく、二期生のこれからも感じることができる、日向坂46にとって大切なシングルとなった。



★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


「人気ランキング」は何位

応援のポチッ!をよろしくお願いします

人気ブログランキング



以上!