AKB48グループ&坂道グループ情報ブログ

10月よりAKB48グループの応援再開。[各グループ推しメン] AKB48→横山由依 SKE48→推し無し NMB48→小嶋花梨 HKT48→推し無し NGT48→荻野由佳 STU48→瀧野由美子 乃木坂46→与田祐希 日向坂46→佐々木美玲 櫻坂46→守屋麗奈

乃木坂46、10周年ライブに1期生OG続々 白石麻衣、西野七瀬、生駒里奈ら計7人

こ~んば~んは~

乃木坂46「10th YEAR BIRTHDAY LIVE」DAY2にOGの白石麻衣(中央)が登場
乃木坂46「10th YEAR BIRTHDAY LIVE」より
乃木坂46「10th YEAR BIRTHDAY LIVE」(横浜・日産スタジアム)より
乃木坂46「10th YEAR BIRTHDAY LIVE」(横浜・日産スタジアム)より
乃木坂46「10th YEAR BIRTHDAY LIVE」より
乃木坂46「10th YEAR BIRTHDAY LIVE」(横浜・日産スタジアム)より
乃木坂46「10th YEAR BIRTHDAY LIVE」より
乃木坂46「10th YEAR BIRTHDAY LIVE」より
乃木坂46「10th YEAR BIRTHDAY LIVE」より
乃木坂46「10th YEAR BIRTHDAY LIVE」より
乃木坂46「10th YEAR BIRTHDAY LIVE」より
乃木坂46「10th YEAR BIRTHDAY LIVE」より
乃木坂46「10th YEAR BIRTHDAY LIVE」より
乃木坂46「10th YEAR BIRTHDAY LIVE」より
乃木坂46「10th YEAR BIRTHDAY LIVE」より
乃木坂46「10th YEAR BIRTHDAY LIVE」(横浜・日産スタジアム)より
乃木坂46「10th YEAR BIRTHDAY LIVE」(横浜・日産スタジアム)より
乃木坂46「10th YEAR BIRTHDAY LIVE」(横浜・日産スタジアム)より
乃木坂46「10th YEAR BIRTHDAY LIVE」(横浜・日産スタジアム)より
真夏の全国ツアーも発表=乃木坂46「10th YEAR BIRTHDAY LIVE」より


 アイドルグループ・乃木坂46が15日、自身最大規模の会場となる横浜・日産スタジアムでデビュー10周年を記念したライブ『10th YEAR BIRTHDAY LIVE』DAY2を開催し、前日のDAY1とあわせて14万人を動員した。10周年の節目のライブとあり、2日間で計7人の1期生OGが祝福に駆けつけた。

 初日に生駒里奈(4年ぶり)と伊藤万理華(4年半ぶり)がサプライズ出演したのに続き、2日目のサプライズで先陣を切ったのは、2018年ブロックに登場した西野七瀬。最初のMCが終わると会場にファンファーレが響き渡り、大型ビジョンが上昇すると西野が登場し、思わず歓声が漏れるほど歓喜に沸いた。

 西野が乃木坂46のステージに立つのは2019年2月に京セラドーム大阪で開催された卒業コンサート以来、3年3ヶ月ぶり。卒業シングル「帰り道は遠回りしたくなる」のイントロが流れ、当時の衣装を着用した西野のもとに現役1期生の秋元真夏齋藤飛鳥樋口日奈和田まあやの4人が駆け寄って笑顔を弾けさせると、西野は「日産のみんな、楽しんでますか? 盛り上がっていこうねー!」と声を張り上げた。

 過去の映像を背に、メンバーに囲まれながらソロダンスや秋元とのペアダンスを披露。3期生の山下美月佐藤楓ら後輩メンバーは感極まって涙をこぼした。西野は「広くてびっくりした」と目を丸くしつつ、「なんで私のタオルを持ってるんですか?」と、自身の名前が書かれた“推しタオル”を掲げている多数のファンに笑顔。サプライズ登場にもかかわらず用意周到なファンに笑みを浮かべ「懐かしい気持ちになりました」としみじみした。

 また、当時の衣装で登場した西野は「衣装を(当時と)同じのを着るとは思ってなくて。丈が(短くて)…みんなと同じくらいにしてほしかった。すっごい恥ずかしい。ひざが出てる」と照れ笑い。それでも緊張より楽しさのほうが勝ったといい、「10周年あっと言う間だったけど、私も皆さんと同じく10周年をお祝いする気持ちでこのあとのライブも楽しみたいと思います」とあいさつし、現役の1期生4人とともにステージをあとにした。

 そして、2020年ブロックの18曲目には、白石麻衣の卒業シングル「しあわせの保護色」の歌唱中にセットの扉が開き、白石が登場。2020年10月28日の卒業以来、1年半ぶりのステージとなった。1期生とハイタッチしながら歌う白石の目には涙が光り、間髪入れずに「シンクロニシティ」へ。白石卒業後、同曲のセンターを引き継いでいる3期生の梅澤美波は感極まって涙ぐんだ。

 拍手喝采の中、白石を中心に1期生がぎゅっと集まって肩を抱き合った。白石は当初、2020年5月の東京ドーム公演をもって卒業予定だったが、コロナ禍で延期となり、同年10月に代々木第一体育館で開催された無観客配信コンサートで卒業した。

 「有観客のコンサートが久しぶりだから、皆さんと久しぶりに会えた感じがしてすごくうれしいです」と語り、拍手を浴びた白石は「鳥肌立った。ドキドキした。今までにないくらい、ライブで緊張した」と打ち明け、「皆さんに会えたのもそうですし、みんなとパフォーマンスしたのもうれしくて」と声を弾ませた。

 2021・2022年ブロックでは、昨年いっぱいをもってグループを卒業した生田絵梨花が5ヶ月ぶりに登場。秋元が抱きつき、生田が満面の笑みを浮かべると、会場が生田カラーの黄色に染まるなか、自身最後のセンター曲「最後のTight Hug」を披露。間奏では生田と秋元がタイトハグを交わして感動を誘うと、「皆さんありがとうございました。このあとも盛り上がってくださーい」と笑顔でステージをあとにした。

 アンコールでは西野、白石、生田も参加し、さらに松村沙友理高山一実の1期生OGが加わり、ファンは大興奮。10周年のお祭りを楽しんだ。


www.youtube.com



★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


「人気ランキング」は何位

応援のポチッ!をよろしくお願いします

人気ブログランキング


以上!