AKB48グループ&坂道グループ情報ブログ

10月よりAKB48グループの応援再開。[各グループ推しメン] AKB48→横山由依 SKE48→推し無し NMB48→小嶋花梨 HKT48→推し無し NGT48→荻野由佳 STU48→瀧野由美子 乃木坂46→与田祐希 日向坂46→佐々木美玲 櫻坂46→守屋麗奈

乃木坂46、世代交代進む過渡期アイドルの近未来

こ~んば~んは~

5期生11人が加入した乃木坂46


 乃木坂46ファンは、さぞ興奮・驚嘆・狂喜・感涙したことでしょう。

 5月14、15日に、横浜・日産スタジアムでCDデビューから10周年を記念する「10th Year Birthday Live」を開催した彼女たち。

 その初日には、生駒里奈伊藤万理華、2日目には、西野七瀬白石麻衣生田絵梨花高山一実松村沙友理というグループ史上屈指の人気を誇った卒業メンバーがサプライズ出演を飾ったのですから。特に2日目のアンコールで上記の5人がステージ上で並んだのは3年3カ月ぶり、ファンにとっては正に“エモい”光景だったのでは?

 しかし一方で、その圧倒的な存在感ゆえに、抜けた穴の大きさも改めて感じさせた面も否めないところです。そこで今回は、乃木坂46の選抜メンバー制度をひもとくと共に、その“穴埋め”という部分に着目してみたいと思います。

■“選抜”という名の悲喜こもごも

 乃木坂46は、デビュー以来これまでに29作のシングルをリリースしてきました。そのシングルの標題曲をレコーディング、及びテレビの歌番組などでパフォーマンスするメンバーは、“選抜”という名でその都度選出。 “選抜”から漏れたメンバーは、“アンダー”と呼ばれるポジションで実質、別行動をとるシステムとなっています。

 乃木坂46の先輩格であるAKB48グループでもこの“選抜”システムを導入。但し、AKBの場合は公式ファンクラブ入会者及び、CDに封入された投票券による“選抜総選挙”を開催。フジテレビ系列で生放送されていたので、ご記憶されている方も多いでしょう。この“総選挙”で見事1位となったメンバーが、その後発売されるシングル標題曲の“センター”となり、上位20位ほどまでがレコーディング&パフォーマンスに参加するという形。大所帯グループ故に取られた方式ですね。

 2009年から2018年まで10度開催されましたが、この“総選挙”は年に1回のイベントに過ぎず、この間にリリースされたAKB48のシングル40作の内、10作でのみ実施。その他の30作、及び2018年冬以降のシングルは運営側が決定する“選抜”となっています。さらにAKBグループの場合は、常設の専用劇場を有しており、選抜されなかった多くのメンバーはそちらへ出演するというスタイルが今も取られています。

対して、“総選挙”は実施されず、毎度運営が“選抜発表”している乃木坂46は、専用劇場を持っていないため、選抜漏れしたメンバーは“アンダーライブ”と呼ばれるイベントに主な活躍の場を求めるというスタイルになっているのです。

 テレビの歌番組などでの露出という点では明暗が分かれる“選抜”システム。かつてのAKBグループのように年1回でもファンによる人気投票という分かりやすさがないため、冠番組『乃木坂工事中』(テレビ東京系)で年に数回放送される“選抜発表”での、当落メンバー双方の悲喜こもごもな表情は、少々大げさに言うと、甲子園やオリンピックのメンバー入りをかけたアスリートのそれを思わせる部分もあるのです。

■これまでの全メンバーの“選抜率”は? 

 さて、乃木坂46ではこれまでにどんなメンバーが“選抜”されてきたのでしょうか? 

 これまで乃木坂46に在籍していた正式メンバーは、1期生が34人、2期生が14人、3期生が12人、4期生が16人、5期生が11人に、SKE48からの交換留学生として加入した松井玲奈も加えて、合計88人です。その中で既に卒業したメンバーを含み、過去29作のシングル標題曲での“選抜率”が高かったメンバーを見ていくことにしましょう。

 体調不良や学業優先などの理由で、活動を辞退していた時期を除いた被選抜機会を分母、選抜された回数を分子として選抜率を算出してみると、100%というメンバーが実に12人いました! 

高山一実 28/28 ○松村沙友理生田絵梨花 27/27 ○秋元真夏 26/26 ○白石麻衣 25/25 ○桜井玲香 24/24 ○西野七瀬 22/22 ○生駒里奈 20/20 ○橋本奈々未 16/16 ○遠藤さくら、賀喜遥香 6/6 ○松井玲奈 3/3

 以上が選抜常連さん、いわばエリートメンバーですが、秋元(1期生)、遠藤、賀喜(共に4期生)の3人以外、残念ながら全て卒業済。また2期生と3期生は1人もいません。ちなみに29作目で大抜擢された5期生の中西アルノ(1/1)は例外としました。

 この他1回以上選抜経験があるメンバーを加えると全部で59人、これが文字通り“選ばれし者たち”ということになります。

 一方、選抜率0%は加入したばかりの5期生を除き、これまで19人もいて、内5人は未選抜のまま卒業しています。

この“選抜”に関しては、ファンクラブやファンサイトなどでの人気ランキングや、握手会、ミート&グリート(リモートでのメンバーとの交流イベント)での個別チケット売上などが考慮されていると言われていますが、こうして統計を取ってみると、思っていた以上に厳しく冷徹な“選抜”となっていると感じました。

 さらに、この“選抜メンバー”の中から、1人(時に2人)が、各楽曲の顔となる“センター”に任命。この“センター”を最も多く務めたのは、西野七瀬で7回。次いで生駒里奈が6回、白石麻衣が5回、齋藤飛鳥が4回、遠藤さくらが2回、そして堀未央奈生田絵梨花深川麻衣橋本奈々未大園桃子与田祐希山下美月、賀喜遥香、中西アルノの9人が各1回ずつ。これまでのセンター経験者は、以上の14人だけとなっていますが、この内、既に半数以上の8人が卒業済です。この点からも、グループが過渡期を迎えていることを示唆しています。

■卒業後の楽曲選抜に注目してみた! 

 これだけ厳しく冷徹に“選抜”されてきたわけですが、主要なメンバーが卒業した後、過去のヒット曲をテレビなどで披露する機会は数多くあります。その際のメンバーは、どう“選抜”しているのだろうか? と思い、今年に入ってから代表曲を披露した時のメンバー構成を調べてみました。

 まずは、2017年の日本レコード大賞にも輝いた17作目のシングル「インフルエンサー」の場合を検証してみましょう。オリジナルの“選抜メンバー”(21人)は以下の通り。

○ダブルセンター:白石麻衣西野七瀬
○選抜:秋元真夏堀未央奈齋藤飛鳥衛藤美彩若月佑美高山一実生駒里奈生田絵梨花松村沙友理桜井玲香新内眞衣井上小百合寺田蘭世北野日奈子伊藤万理華星野みなみ斉藤優里樋口日奈中田花奈
 この中で、今も在籍しているのは秋元真夏齋藤飛鳥樋口日奈の3人のみです。

 そして、今年3月30日放送の日本テレビ系の番組『Premium Music 2022』で「インフルエンサー」を披露した時のメンバーは

○ダブルセンター:齋藤飛鳥山下美月
○選抜:秋元真夏、遠藤さくら、賀喜遥香与田祐希、筒井あやめ、鈴木絢音、久保史緒里、阪口珠美、田村真佑、梅澤美波、早川聖来、樋口日奈、掛橋沙耶香
 以上、オリジナルにも入っていた3人は残っていますが、当初の21人から6人減らした15人編成になっていました。

 続いて、もう一つのレコード大賞受賞曲「シンクロニシティ」(2018年/20作目)の場合。オリジナルの21人は以下の通り。

○センター:白石麻衣
○選抜:山下美月堀未央奈生田絵梨花西野七瀬齋藤飛鳥与田祐希桜井玲香松村沙友理、久保史緒里、生駒里奈大園桃子衛藤美彩秋元真夏井上小百合新内眞衣高山一実星野みなみ若月佑美樋口日奈寺田蘭世
 この中で現在も在籍しているのは、齋藤、秋元、樋口、山下、与田、久保の6人です。

 こちらの曲を今年2月22日放送の配信番組『乃木坂46時間TV』で披露した際のメンバーは、

○センター:梅澤美波
○選抜:山下美月齋藤飛鳥与田祐希、久保史緒里、秋元真夏、遠藤さくら、賀喜遥香、田村真佑、阪口珠美樋口日奈、筒井あやめ、早川聖来、掛橋沙耶香、佐藤楓和田まあや、柴田柚菜
 以上、オリジナルの6人は全員入っていますが、こちらは4人少ない17人編成。センターにオリジナル時には選抜されなかった梅澤美波を起用している点も注目です。

 当初の“選抜メンバー”の大半が去った後に、補充として任されるメンバーは、ある意味、オリジナル以上に期待され、送り出されていると言って良いかもしれませんよね。

 さて、それを踏まえて、今年3月にリリースされた29作目の最新シングル『Actually...』の“選抜メンバー18人”を見てみることにしましょう。

○センター:中西アルノ
○選抜: 梅澤美波山下美月齋藤飛鳥秋元真夏、久保史緒里、賀喜遥香与田祐希、遠藤さくら、筒井あやめ、 田村真佑、掛橋沙耶香、清宮レイ、鈴木絢音樋口日奈岩本蓮加、柴田柚菜、早川聖来
 という布陣。当然ながら全員在籍中です。

 以上、今年になってテレビなどでパフォーマンスされた上記3曲のメンバーを見ていくと、齋藤飛鳥秋元真夏樋口日奈梅澤美波山下美月、久保史緒里、与田祐希、遠藤さくら、賀喜遥香、筒井あやめ、田村真佑、早川聖来、掛橋沙耶香の13人が全てに“選抜入り”。この13人が中軸メンバーとして現在、少なくとも運営側からは認定されているようです。

乃木坂46の近未来は? 

 「アサヒスーパードライ生ジョッキ缶」のテレビCMでの、かつての乃木坂46の2トップ=白石麻衣西野七瀬の共演をはじめ、元乃木坂46メンバーは映画・ドラマ・バラエティ・舞台などで大活躍しています。

 対して、負けじと“現役組”も今秋スタートのNHK朝ドラ『舞いあがれ!』へ山下美月が出演決定したり、与田祐希が6月スタートの『量産型のリコ』(テレビ東京系)で地上波連続ドラマ初主演、岩本蓮加は主演映画『世の中にたえて桜のなかりせば』を大ヒットさせたのに続き、連続ドラマ『吉祥寺ルーザーズ』(テレビ東京系)に出演、遠藤さくらも連続ドラマ『もしも、イケメンだけの高校があったら』(テレビ朝日系)にヒロイン役で出演するなど、いわゆる“外仕事”が激増。

 もちろん、各局のバラエティ番組などでは、今日もどこかにメンバーの誰かが出演している状態。過渡期にあるグループを盛り上げようと、躍起になっています。

 先輩格のモーニング娘。AKB48グループは、人気メンバーの卒業による世代交代の過渡期をうまく乗り越えることが出来ず、迷走している感は拭えません。次回のシングルは乃木坂46にとって記念すべき30作目。近年は半年サイクルで新曲がリリースされていますから、恐らく9月下旬か10月上旬になるでしょう。

 冠番組『新・乃木坂スター誕生』(日本テレビ系)で、高い歌唱力を見せる5期生を加え、過渡期を巧みに脱し、30作目を機に新たな時代を築くことは出来るでしょうか? 「10th Year Birthday Live」で魅せた卒業メンバーたちを超える輝きは?  注目していきたいと思います。



★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


「人気ランキング」は何位

応援のポチッ!をよろしくお願いします

人気ブログランキング

以上!