AKB48グループ&坂道グループ情報ブログ

10月よりAKB48グループの応援再開。[各グループ推しメン] AKB48→横山由依 SKE48→推し無し NMB48→小嶋花梨 HKT48→推し無し NGT48→荻野由佳 STU48→瀧野由美子 乃木坂46→与田祐希 日向坂46→佐々木美玲 櫻坂46→守屋麗奈

NGT48が乗り越えていくべき大きな存在とは? コロナ禍以降の活動から見えるグループが目指すもの

こ~んに~ちは〜

NGT48の1stアルバム『未完成の未来』(6月29日発売)通常盤Type-A


 6月29日に1stアルバム『未完成の未来』をリリースする、NGT48。2015年8月のお披露目以来、念願のアルバム発売とあって、発表があった5月11日にはキャプテンの藤崎未夢もTwitterで「いつも応援してくださるファンの皆さんや、支えてくださる皆様のおかげです。本当にありがとうございます!メンバー全員で盛り上げていきます!」と気合十分のコメントを投稿。ファンも喜びの声を多数上げるなど、お祝いムードにつつまれた。

 そんな同アルバムのアートワークは、雄大な自然のなかにメンバーが立っているという、インパクトが強いものとなった。グループが拠点とする新潟県佐渡島で撮影が行われ、彼女たちの背景には名所で知られる巨岩・大野亀がそびえたっている。自分たちより何倍も大きなものに、今まさに挑もうかという強い意志をうかがわせるアートワークだ。これが非常に暗示的であり、いろいろと考察がふくらんでいく。

 では、NGT48にとって「乗り越えていくべき大きな存在」とはいったいどんなものなのか。

NGT48は「中井りか」を超えられるのか

 まず着目したいのは、リード曲「しそうでしないキス」で中井りか、小越春花がダブルセンターをつとめるという点だ。

 中井はデビューシングル曲「青春時計」(2017年)でセンターを担当した、言わずと知れたグループの看板メンバー。一方の小越は2018年加入の二期生で、「Awesome」(2021年)、「ポンコツな君が好きだ」(2021年)の2作連続でシングル表題曲のセンターに抜てきされたニュースターである。記念すべき初アルバムとあって、この二人がセンターをつとめることは大いに頷ける。ただ、それだけで話を終わらせてはならないようにも思える。

 グループがたどってきた道のりをあらわすような初アルバムのなかで中井が真ん中に立つということは、大きな意味を持つ。「乗り越えていくべき大きな存在」という観点で考えると、後輩たちにとって乗り越えるべきはずばり「中井りか」である。初代センターという誰も侵すことができない絶対的な標榜。さらに、バラエティ番組など全国的なメディアにおける求心力。グループのなかで一般的によく知られている現役メンバーといえば、やはり中井の名前が挙がるだろう。そんな彼女に続いてヒットを飛ばすようなメンバーは、一体誰になるのか。それが現在のNGT48の課題であり、また楽しみな部分でもある。

 中井は初代センターに選ばれた当時、雑誌『BUBKA』2017年7月号(白夜書房)のインタビューで「いつかはセンターに立ってみたいと思っていたけど、実際にやってみるとまだ未熟だったのかなって。センターに立ってみて、本当はアイドルに向いてないんじゃないかって思ったぐらい」「センターという看板は、いまの私にはやっぱり重すぎて」などその重圧について口にし、さらに「センターの脇になっている感じが理想的なのかな」とまで言っていた。さまざまな葛藤を経験しながら、今回、センターに戻ってきた中井。その姿を後輩たちはどのように見るのか。そして、NGT48のレジェンドに数えられるであろう「中井りか」という大きな山をどのように乗り越えていくのか。その展開が非常に楽しみだ。


www.youtube.com

4年ぶりの新メンバー、三期生への期待

 センター経験者でAKB48表題曲の選抜メンバーも務めたことがある荻野由佳や、2代目キャプテンだった角ゆりあなど、近年卒業したメンバーのことも「乗り越えていくべき存在」として意識させられる。彼女たちも、NGT48というグループ名を聞いて真っ先に名前が浮かぶメンバーだった。グループを発展させるためには、これまでのメンバーが築き上げたNGT48像を良い意味で塗り替えていかなければならない。

 NGT48は、4年ぶりの新メンバーとなる三期生12名が6月にお披露目となったばかり。他の48グループとの比較であったり、7年という活動期間を鑑みたりしても、決して見合った期数とは言えないだろう。ただ、だからこそ誰にでもグループの中心メンバーになるチャンスがあるようにも思える。卒業ラッシュのグループの実情を見るとなおさらだ。三期生が新しい風をこれからどのように吹かせていくのか注目だ。

本間日陽TikTok、ロッチのライブの裏方など多岐にわたる活動

 NGT48は現在、ご当地活動により力を入れている。新潟県のスイーツを紹介するVLOG「NGT48の新潟スイーツ部」は、NGT48のファン以外が見ても新潟観光の参考になるものばかり。新潟の観光地は新型コロナの影響でこの2年で大きなダメージを負った。そういう部分でもNGT48にかかる期待は大きいのではないか。

www.tiktok.com

 また5月30日にはメンバーの本間日陽TikTokアカウント『ホンマヒナタ』を開設して、美容系を中心とした動画を投稿。メンバーそれぞれが自分たちの個性をどのようにアピールすれば良いのか、思案していることが分かる。そのほかバラエティ番組『ロッチ×NGT48のアイドルってなんだ?』(TeNYテレビ新潟)で共演している「NGT48公式親戚おじさん」ことお笑いコンビ・ロッチの新潟初ライブ『カフェ ロッチ』(5月28日)の際には、裏方スタッフとしてメンバーが働いたという。活動は多岐にわたっているが、共通しているのは「新潟を盛り上げる」ということだろう。グループのコンセプトがはっきりと伝わってくる。

 5月11日に行われたSHOWROOMでの特別生配信のなかで、藤崎はキャプテンとして『未完成の未来』に関して「三期生が入ってきて新しくなるNGT48の7年間の集大成、ひとつの区切り」と話した。「未完成」とは、NGT48というグループのことを示しているはず。発展途上の彼女たちが、このアルバムをもって未来に向けて歩み出す。今回のアルバムのタイトルやアートワークは、そうやっていろんな想像を掻き立てる。あとは同作がどのような仕上がりになっているのか、その中身が届くのを楽しみに待ちたい。


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


「人気ランキング」は何位

応援のポチッ!をよろしくお願いします

人数ブログランキング


以上!