AKB48グループ&坂道グループ情報ブログ

10月よりAKB48グループの応援再開。[各グループ推しメン] AKB48→横山由依 SKE48→推し無し NMB48→小嶋花梨 HKT48→推し無し NGT48→荻野由佳 STU48→瀧野由美子 乃木坂46→与田祐希 日向坂46→佐々木美玲 櫻坂46→守屋麗奈

渡邉美穂、“ハッピーオーラ”体現した5年間の集大成 メンバー22人勢揃い 愛溢れる卒業セレモニー

こ~んば~んは~


 6月28日に開催された日向坂46『渡邉美穂 卒業セレモニー』は、日向坂46にとって初めて卒業メンバーを送り出すイベントだっただけでなく、グループを離れる渡邉美穂の魅力を最大限にアピールする絶好の機会となった。

 日向坂46のメンバー22人が有観客ライブで勢揃いするのは、実はこれが初めてのこと。2020年2月に新三期生の髙橋未来虹、森本茉莉、山口陽世が加入してすぐにコロナ禍に突入し、久々の有観客公演となった昨年の全国アリーナツアー『全国おひさま化計画 2021』や同年12月の『ひなくり2021』では小坂菜緒が欠席、今年3月末に行われた『3周年記念MEMORIAL LIVE ~3回目のひな誕祭~』も濱岸ひよりが休演。その他の無観客ライブでもメンバーの休養などが重なり、なかなかフルメンバーでのライブが実現せずにいたが、日向坂46イズムの象徴ともいえる“ハッピーオーラ”を地で体現してきた渡邉のラストステージに、メンバーが勢揃いするというのはなんとも感慨深いものがある。公演中、彼女自身も「ラストステージで奇跡のように全員が揃うのが、『私、持ってるなぁ』と思います(笑)」と口にしたが、もしかしたらこの奇跡は彼女だからこそ成し得たものなのかもしれない。

 『渡邉美穂 卒業セレモニー』は渡邉の約5年におよぶアイドル人生を総括するような内容で、フル尺でのライブとは異なり映像パートでの過去の振り返りやバラエティ色の強いメンバー参加企画なども用意。開演前の影アナを渡邉、富田鈴花、松田好花からなる仲良し3人組ユニット“ごりごりドーナッツ”が担当したほか、イベント本編も渡邉をフィーチャーしたユニット曲や全体曲が多数セレクトされるなど、メンバー全員にスポットの当たる普段のライブとは一線を画するものがあった。

 イベントはけやき坂46時代の「ハッピーオーラ」から華々しくスタート。渡邉がフロントに立ち、グループにとっても大きな意味を持つこの曲で自身のラストステージの幕開けを飾るにあたり、大きな意味を感じずにはいられない。その後はMCや映像パートを挟みながら、加藤史帆&上村ひなのとの“リスペクトスリー”による「やさしさが邪魔をする」、金村美玖と丹生明里からなる“カラーチャート”の「あくびLetter」といった渡邉参加ユニット曲が次々に披露されていく。また、金村と富田、松田による活動初期を振り返る映像から詩の朗読を経て、久しぶりに9人勢揃いした二期生が「半分の記憶」「沈黙が愛なら」を披露。「沈黙が愛なら」は意外な選曲に思えたが、その歌詞を追うとこの日にマッチしていることに気づく。それもあってか、パフォーマンス中の9人からは笑顔と涙が入り混じった複雑な心情が感じ取れた。

 その後、一期生の齊藤京子、佐々木久美、高本彩花が演技を通じて渡邉との思い出を振り返るVTRを上映。その流れでメンバー出演ドラマ『DASADA』(日本テレビ系)の主題歌「青春の馬」へと突入し、エモーショナルさが一気に加速する。曲中の小坂が濱岸の手を取って前に出る振り付けも、この日は小坂が渡邉の手を取り一緒に踊る粋な計らいが用意され、イベント前半のクライマックスを迎えた。

 バラエティに強い日向坂46らしく、イベント中盤には渡邉に関したクイズで一期生と三期生が競う企画を実施。勝ったチームは期別曲を渡邉と一緒に披露できるという褒美が用意され、2組は随所に笑いを散りばめながら真剣勝負に挑む。途中まで一期生が有利かと思えたが、最後に三期生が大逆転。結果、三期生4人と渡邉が三期生曲「Right?」を一緒にパフォーマンスするというレアなコラボを楽しむことができた。「ずっと三期生と一緒に踊りたかった」と喜びを隠せない様子の渡邉だったが、ステージ袖には彼女に視線を送り続ける一期生の姿が。影山優佳が「今日だけは先輩の圧力かけるから(笑)」と先輩風を吹かせると、渡邉にとって思い出深いドラマ『Re:Mind』(テレビ東京系)の主題歌「それでも歩いてる」を一期生と一緒に披露。彼女がけやき坂46に加入して間もない頃、心細くもひとりで一期生の中に飛び込んでいった5年前を考えると、この光景は一際胸に迫るものがあった。

 冠番組『日向坂で会いましょう』(テレビ東京系)で長く共演するオードリーからのサプライズメッセージを経て、イベントもいよいよ後半に突入。最新シングル曲「僕なんか」をフルメンバーでパフォーマンスしたのに続き、「NO WAR in the future 2020」「恋した魚は空を飛ぶ」とアゲ曲が連発される。後者は渡邉が参加する最後の二期生曲だが、その圧巻のダンス含め彼女のアイドル人生における集大成のように映った。さらに、けやき坂46時代から今日までライブには欠かせない「誰よりも高く跳べ!2020」でライブは佳境へ。普段ならキャプテンの佐々木久美が煽りを入れる中盤のブレイクパートも、この日は佐々木が渡邉をステージ前まで連れて行き、渡邉に「おひさま(ファンの総称)、跳べーっ!」と煽りを任せる一幕もあった。思わぬ絶叫で一瞬気が緩んだのか、直後に涙で顔を歪める渡邉。しかし、最後は彼女らしい笑顔で曲を締めくくった。その後、“アイドル・渡邉美穂”の軌跡を振り返るVTRを経て、白い新衣装に着替えたメンバーは渡邉をセンターに据えて「飛行機雲ができる理由」を披露。メンバーから渡邉へ、そして渡邉からメンバーへの強い愛や絆が伝わる表情やパフォーマンスからは一瞬たりとも目が離せず、気づけばイベント本編はあっという間に終了していた。

 アンコールでは空色のドレスに身を包んだ渡邉が、ひとりステージに登場。ここで何を話すかを事前に考えられず、ステージに立ったときの感情を伝えようと決めたという渡邉だったが、この5年間の活動で感じたこと、メンバーやスタッフ、家族、そしておひさまへの感謝などを15分近くにわたり吐露した。すべてを文字に残すことはしないが、個人的に特に印象に残ったのが握手会でのファンとのやりとりに関して。

「私に向かって涙ながらに、『美穂ちゃんのおかげで、人生が変わったんだ』と言ってくれて。『すごく苦しいことがあったけど、それを乗り越えることができた』って、涙を流しながら伝えてくれるんです。それを受け取ったとき、『自分は誰かのためになれていたんだ』『自分がかつて憧れていたアイドルの方々から生きる希望を与えられたように、私も誰かの希望になれているんだ』と(気づかされた)。もし私の存在にひとりでも救われた人がいたら、それだけで私はアイドルになってよかったなと思います」

 この言葉を聞いて改めて、彼女はファンによってアイドルになることができたんだなと実感した。きっとこの連鎖が、この先も新たなアイドルを生み出していくのだろう。これまでさまざまなアイドルの卒業ライブで、観る者の記憶に残る名スピーチはいくつも目にしてきたが、この日のスピーチもアイドル史に残る素晴らしいものだったと断言したい。

 その後、同期メンバーが加わりトークを繰り広げると、渡邉へのサプライズとして二期生8人と三期生の上村が「君のため何ができるだろう」をプレゼント。この日のために富田がピアノ伴奏を練習したというこの曲は、その場にいる者すべての涙腺を刺激する感動的な1曲となった。

 そして、ステージ上にメンバーが勢揃いすると、小坂や髙橋が渡邉との思い出を口にする。特に小坂はグループ加入当時、渡邉とともに先輩に混ざって活動することが多かったことから、同じ感情を共有することができて心強かったと話し、「(昨年から今年にかけての休養中も)ずっと美穂が私を離さないでいてくれて。それは私がここに戻ってくるきっかけにもなったし、もしそれがなかったら私は今、ここに立ててないかもしれないな」と涙ながらに本音を吐露した。また、髙橋も一緒に「Right?」を披露できた喜びを口にしつつ、この日の髪型がドラマ『声春っ!』(日本テレビ系)で渡邉演じる尼崎あまねを意識したものだと明かした。

 いよいよ次が、渡邉が日向坂46として最後にパフォーマンスする楽曲だ。佐々木久美は「私たちはずっと美穂の味方だし、おひさまも味方してくれるから、胸を張ってこれから先の人生を頑張ってください」とエールを送るも、「私が『次の曲』って言ったら、終わっちゃうんですよ……」と涙ぐむ一幕もあったが、最後の最後に「JOYFUL LOVE」で会場が虹色に染まり大団円を迎えた。

 最後の挨拶を終えると、客席から「5年間ありがとう」と記された紙が掲げられるサプライズが。この思いもしない光景を前に、渡邉は「私の大好きな日向坂46を、私が5年間いたこのグループを、これからも皆さんで守り続けてください。ありがとうございました!」と笑顔で思いを伝えてステージをあとにした。

 筆者がけやき坂46二期生で最初にインタビューしたのは小坂と渡邉であり、2020年からは『日経エンタテインメント!』で約2年半にわたり渡邉の連載『日向坂46・二期生 渡邉美穂の今日も笑顔で全力疾走』の構成を担当してきた。この卒業セレモニー前日に発売された書籍『私が私であるために』でも新規書き下ろしパートの構成を手掛けており、彼女のグループ愛や同期への並々ならぬ思いは事あるごとに耳にしてきた。その中で、彼女はかなり初期から「先輩と同期の橋渡し的存在」「一期生さんと三期生の潤滑油」と自分の役割を表現してきた。実際、彼女はその役割を見事に全うできていたし、だからこそこの卒業セレモニーでも先輩、同期、後輩から愛あるメッセージや感謝の言葉が伝えられる場面が多かった。そんな稀有な存在がグループを去ることで、日向坂46はここから新たな転換期を迎えることになるのではないだろうか。それは、誰かが渡邉の役割を務めるのではなく、個々の意識の変

くことになるのではないか。特に新メンバー加入を控えたタイミングだけに、そう感じずにはいられない。

 と同時に、誰からも愛されてきた渡邉だからこそ、この先新たな世界へ飛び込んでいっても成功できるはず。そう楽観視している自分がいる。と同時に、この卒業セレモニーを通じて再確認できた彼女のさまざまな個性・魅力は今後さらに増幅して、新たな世界で開花していくことだろうーーラストステージを通してそう強く実感したおひさまは少なくないはずだ。渡邉美穂の今後のさらなる活躍に期待しつつ、このテキストを締めくくりたい。



★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


「人気ランキング」は何位

応援のポチッ!をよろしくお願いします

人気ブログランキング


以上!